中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

第21回NHKマイルC予想~本命メジャーエンブレム対抗シャドウアプローチで中穴狙い

第21回NHKマイルCの予想です。

本命は、メジャーエンブレム
過去にNHKマイルCで活躍したカレンブラックヒルや、
フラムドグロワールと同じダイワメジャー産駒。
内枠ばかりだが、今回も2枠と絶好の枠。
外に因縁の戸崎騎手がいるが、さすがに今回は
戸崎騎手が有力馬の一頭イモータルに騎乗するため、
潰しに来ることはなく、楽逃げが予想される。
ルメール騎手の東京マイル戦の成績も◎。

対抗は、シャドウアプローチ
前走、朝日杯FS3着。
レース間隔は空いたが、須貝厩舎は調整方法を
熟知しているので、さほど問題ないだろう。
ただ、血統や実績的にダービーを見据えている
ローテーションかもしれず、その点はかなり不安。
父ジャングルポケットは東京1,600mは得意でないものの、
母父フレンチデピュティは東京1,600mは脅威の一言。


単穴は、ブレイブスマッシュ
トーセンファントム産駒(父ネオユニヴァース×母父トニービン)で、
東京マイル戦は得意な方。
横山典騎手もこのレース得意で、不気味。
いつも通り広報待機で追い込みに賭ける戦法ばかりとは限らないだろう。
ファルコンS2着だが、距離が少し短かった。
また、中山で京成杯とホープフルSに出走し、それぞれ12着と7着だったが、
これはコース適性と距離適性がなかっただけだろう。
サウジアラビアRCで1着となっているように、
本質は東京マイルと2,400mが一番適しているのだろう。


連下はティソーナ
M.デムーロ騎手が騎乗する。
騎手だけでなく血統も後押しする。
というのも、
また、母父シンボリクリスエスという点もこのコースでは〇。
実績や臨戦過程は評価しづらい。
前走はマーガレットS1着で、目立った成績はこの程度。
また、このレースから大成した馬はほとんどいない点は不安。

第38回新潟大賞典予想~本命マイネルミラノで中穴狙い

第38回新潟大賞典の予想です。

本命マイネルミラノ
中穴狙いです。
新潟の長い直線は、差しや追い込み馬が有利と思われがちですが、
力はあるので馬券内には逃げ粘れるはず。
実績も、第51回新潟記念でも(稍重でしたが)2着があり、
コース適性もあるところを見せています。
また、同じ左回りで直線の長い中京コースで行われた第51回中日新聞杯でも、
3着の実績があることから、やはり今回も期待度は落とせません。
父はステイゴールドですが、母方にRoberto系の血統があり、
この血統が、コース適性をアップさせているのかもしれません。
騎手は丹内騎手。
逃げられなくても、位置取りを気にせず、控えられれば。


対抗は、サトノラーゼン
第82回東京優駿2着馬。
その後は、第76回菊花賞5着はあるものの、
セントライト記念7着、AJCC10着と中山コースでは成績が残せていない。
今回は、コース替わりで左回りで直線の長い新潟競馬場。
芝も軽く、ここでは一発あるだろう。
石川騎手なので評価を大きく下げたが、出遅れず、
マイネルミラノを目標にしたレース運びができれば、
大きく崩れることはないのではないか。


単穴はパッションダンス。
8歳になり、何故かダート路線に進めていたが、芝路線で戦線復帰した。
直近の芝の成績では、
第51回新潟記念1着⇒第51回金鯱賞7着(タイム差0.4秒差)
という実績を残しているので、ココだけ見るとやはり怖い1頭。
新潟は得意で、第35回新潟大賞典1着の実績もある点は◎。


第64回京都新聞杯予想~本命ブラックスピネル対抗ロイカバード

第64回京都新聞杯の予想です。

本命はブラックスピネル
武豊騎手から、ルメール騎手に乗り替わり。
前走はすみれSで2着。
タニノギムレット産駒で阪神内回りコースは得意ではないので健闘したほうか。
血統的にも、実績的にも、京都コースのほうが合っているので、ここは勝負。
その実績だが、若駒Sで3着や、萩Sでスマートオーディンを破り、1着があったり、


対抗ロイカバード
ディープインパクト産駒。
4戦とも京都コースで、[2-1-1-0]。
きさらぎ賞3着や、福寿草特別1着が主な実績。
武豊から好調の池添騎手に乗り替わる。


単穴はスマートオーディン
唯一の重賞2勝馬。
毎日杯と東スポ杯2歳Sを勝っており、おそらく1番人気。
実績はあるが、毎日杯のレベルはさほど高くない点が不安な点。
母父Alzaoなので適距離ともいえるが、ダノンシャンティ産駒として捉えれば、距離不安は完全に払しょくできない。


連下は、スワーヴアーサー。
中穴狙い。
ヴィクトワールピサ産駒。
目立った実績はないが、ネオユニヴァースの血を引くだけあって、
京都芝2,200mでの相性は良く、脚質も嵌ると怖い一頭。
四位騎手も〇。


ユウチェンジにも期待したいが、海外遠征帰りでは力も十分に発揮できないだろう。


 

緑風S予想~本命は中穴狙いでラブラドライト

緑風Sの予想です。

本命は中穴狙いでラブラドライト
なかなか体調面で順調に走れてはいませんが、
オープンクラスでも2,400m以上なら、
力はあるところを見せられると思っています。
前走は、大阪―ハンブルクカップでハンデ52kgと軽かったのですが、結果は12着。
今回は、1600万下のクラスということもあり、ハンデは55kg。
2014年度には札幌日経OP2着もあり、復活すれば、ここでは上位のはずですよね。
騎手も大野騎手に乗り替わりで〇。

プリンシパルS予想~本命は中穴狙いでマイネルラフレシア

プリンシパルSの予想です。

本命はマイネルラフレシア
中穴狙い。
2歳時の実績は高く、東スポ杯2歳Sで3着、アイビーS1着がある。
アイビーSでは朝日杯FS4着やUAEダービー3着となったユウチェンジに勝利している。
ここ2走は若葉S6着、京成杯10着といいところなしだが、
東京へのコース変わりと、馬体重が安定し、状態が整えば一発あってもおかしくない。
ジャングルポケット産駒で、母父はダンスインザダーク。


対抗はプランスシャルマン
マイネルラフレシア同様にジャングルポケット産駒。
前走スプリングS4着や、百日草特別1着を評価。
引き続き内田騎手が騎乗する点は心強い。
また、新馬戦でメジャーエンブレム、
芙蓉Sでプロディガルサンなどの強敵と戦ってきた実績も評価。

単穴はヒルノマゼラン。
一貫して古川騎手が騎乗しており、応援したくなる。
目立った成績はないが、安定感は高く、掲示板を外したアーリントンC(6着)でもタイム差は0.1秒差でまとめている。
マンハッタンカフェ産駒にこのコースはあまり期待できないが、
母父ブライアンズタイムの血でカバーする。

連下はショパン。
エアグルーヴ産駒の良血馬。
と同時にコース成績が良く、血統面だけであれば期待度は高。
基本的にエアグルーヴの仔は遅咲きだが、そろそろ弾けてもいいはず。
まだ3戦目で実績は浅いが、外枠の分、不安なく走れるかもしれない。
デムーロ騎手が騎乗する分、期待度は上昇。


 

第153回天皇賞春予想〜本命キタサンブラック中穴狙いトゥインクル

天皇賞春の予想です。

本命は1枠をゲットしたキタサンブラック
1枠は過去データからも相性の良い枠。
騎手も長距離の上手い武豊。
産経大阪杯で騎乗経験がここで生きれば。
馬は先行が得意で出遅れの少ないので、操縦しやすいだろう。

2点不安な点がある。

1つは脚質。
先行は得意だが、特に内枠ともなると逃げる形となり、
強豪ゴールドアクターなどの的になりやすい点。
武豊の刻む正確なラップは、GⅠではリスクが高い。

もう1つは血統。
菊花賞をクリアしたからとはいえ、
春天はスタミナの消耗度が違うはず。
消耗度の激しい戦いになった時に必要な血は、
キタサンブラックのそれではない、という点だ。


中穴狙いはトゥインクル。
血統面が飛び抜けて良いということは確実。
実績と騎手はいまいち。

谷川岳S予想〜中穴狙いで本命はインパルスヒーロー

谷川岳Sの予想です。

中穴狙いで本命はインパルスヒーロー

2年連続谷川岳Sに出走します。
昨年の着順は4着。
枠も同じ1枠。
メンバーもほぼ同じメンバー。
上位に来た馬がアルバタックスしかいないので、
チャンスはあるかもしれませんね。


広いコースとはいえ、1枠は厳しいかもしれませんが、
早い時計で走れますし、直線が長くても大丈夫なので、
新潟コースは適応できるかと思います。

騎手は最もよく合っている田中勝春。


スイートピーS予想〜中穴狙いで本命ギモーヴ

スイートピーSの予想です。
中穴狙いで本命はギモーヴ

フラワーC4着馬。
ハービンジャー産駒で、東京芝1800mには十分対応可能。
母はヒカルアマランサスで、その父はアグネスタキオン。
底力と、スピードがあり、中山コースよりもパフォーマンスを上げられるだろう。
また2000mよりは1800mのほうが良いだろう。


騎手が乗り代わりで石川騎手となるが、不安。

端午S予想〜中穴狙いで本命スリラーインマニラ

端午Sの予想です。

ここは、中穴狙いで、本命端午S予想〜中穴狙いで本命スリラーインマニラとします。

ダートも上手い蛯名騎手が騎乗。
440kg前後の小柄な馬。
昇竜S2着がある。

キンシャサノキセキ産で、母父End Sweep。
どちらもスピードがあり芝もこなせるが、
ダートでも問題ない血統。

フローラS予想〜公開馬券

image


Robert系の血統や、
メイショウサムソン産駒が
相性が良いらしいですね。

オアシスS予想〜公開馬券

image

読売マイラーズC予想〜公開馬券

Screenshot_2016-04-24-11-49-50_1

福島牝馬S公開馬券

Screenshot_2016-04-23-11-10-15_1

彦根S予想~中穴狙いヴィクタープライム

彦根Sの予想。

中穴狙いはヴィクタープライム
同じ京都芝1200mで行われる山城Sで2着がある。
その山城Sの3着はプレイズエターナルだったところを見ると、
さほどレースレベルが低くがないこともわかる。
出遅れもほとんどなく、先行力はあるため、4枠は絶好の枠だろう。
少々時計がかかるほうがいいのかもしれないが、
今回はさほどペースは速くならないかと思うので
3着はあるだろう。 

橘S予想~本命レーヴムーン対抗キアロスクーロ

橘S予想。

本命はレーヴムーン
乗り替わりで池添騎手になる点がプラス。
前走は、中京1400mで未勝利を完勝。
未勝利を脱出したばかりだがオープンでも通用するだろう。
速い時計に対応できる点が強み。
アドマイヤムーン産駒。

対抗はキアロスクーロ。
マーガレットSで2着。
阪神で1着2回、2着1回と強かったが、
京都でも問題ないだろう。
騎手は引き続き武豊騎手が騎乗する。

 

福島牝馬S予想~本命ハピネスダンサー中穴狙いはカレンケカリーナ。

福島牝馬Sの予想です。

本命はハピネスダンサー
第34回中山牝馬S5着馬。
Sadler's Wellsの血を引くメイショウサムソン産駒であり、
福島では血統面で優位か。
騎手も、吉田隼人騎手で〇。
ただ、前走はゆったりしたペースの中から
切れる脚がなく掲示板まで。
ある程度流れて押し切っていくくらいのペースでいかなければ
勝ちきるのは厳しいか。

対抗は、カレンケカリーナ
中穴狙い。
第63回府中牝馬Sで、勝ち馬と0.4秒差の8着と、
オープンクラスでも実力があるところを見せた。
次走のターコイズSでは10着となるも、勝ち馬とは0.5秒差。
ターコイズは社台の運動会だった上に、
マイルは短い気がするので、今回は要注意。
姉に福島牝馬Sのアカンサスがいる点や、
父系が福島得意のグレイソヴリンの血を引くなど血統面でプラス。


単穴は、 フレイムコード
中山牝馬Sでは9着も、先頭に出てから粘ることができなかった。
しかし、福島へのコース替わりはプラス。
第51回福島記念で8着、過去にも1着が1回あり、
人気順以上の着順では走れるだろう。
 

比良山特別プレ予想~中穴狙いジャズファンク

比良山特別のプレ予想です。

中穴狙いはジャズファンク。
ハービンジャー産駒。
安定感があり、最近は2000mを中心に使われており、
阪神芝2000mや中山芝2000mで行われた寒竹賞でも
好走していることからパワーとスタミナはあり、京都の2200mは持つだろう。
スピードをようするレースでも問題ないはず。
主な成績は、若駒S3着。 

 

オアシスSプレ予想〜中穴狙いプロトコル

オアシスSのプレ予想です。

本命は、ニシケンモノノフ。
武蔵野S4着を評価。
これまで1400m中心に走っていたが、
1600mにも対応できた。
師走S1800mは距離の面やコースの面で合わなかったので度外視でよいが、
すばるSで1着、黒船賞で2着と得意の1400mで活躍した。


対抗はプロトコル。
中穴狙い。
オープンでの実績は薄いが、
1600万下では、東京ダート1600mで行われた秋嶺Sでモーニンの2着や、
錦秋Sで1着がある点を評価。
スクリーンヒーロー産駒なのでモーニンと同じ点も評価できる。

新緑賞プレ予想~本命プレイヤーサムソン

新緑賞のプレ予想です。

本命はプレイヤーサムソンです。
第65回スプリングS6着や第32回ホープフルS8着と
GⅡでそこそこの成績を残してます。
名前を見てわかるとおり父はメイショウサムソン。
なので、中山コースより、東京芝2000mあたりのほうが向いているはずです。
未勝利戦も東京芝2000mで1着となっています。

他は、
ファイアクリスタル、カフジプリンスあたりでしょうか。
ファイアクリスタルはディーマジェスティの勝った共同通信杯で
5着となった馬なので人気するかもしれません。



中穴狙いなら、ステイブラビッシモ。
前走は山吹賞5着。
父ステイゴールドで隠れ東京巧者だと思います。


 

フローラSプレ予想~本命クロコスミアで中穴狙い

フローラSのプレ予想。

本命はクロコスミア
東京芝2000mで好走するステイゴールド産駒。 
第50回札幌2歳Sで3着や、
第4回アルテミスSで3着がある。
中穴狙い。

対抗はフロンテアクイーン。
第51回クイーンCでメジャーエンブレムに5馬身差離された2着だったが、
他には菜の花賞2着などもある。
今回は、距離が2000mに伸びたが、その分プラス要素は大きい。

クィーンズベストも有力か。


【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ