中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

読売マイラーズCプレ予想~本命エキストラエンド中穴狙いサンライズメジャー

読売マイラーズCのプレ予想です。

本命はエキストラエンド。
中々勝ちきれず2着が多いが、騎手や展開に左右されにくく、
安定した成績を誇る点が強み。
過去成績では、
第45回マイラーズC3着、第46回マイラーズC4着、
第52回京都金杯1着、第53回京都金杯2着と
京都マイラー巧者ぶりを発揮している。
近年成績は落としているものの、
リピーターが多いこのレースではまだ期待値は高い、

また、フィエロは海外遠征帰りで勝負気配とはいかず、
昨年活躍したレッドアリオンも、関屋記念以降スランプに入っている。

ダノンリバティ、ケントオー、アルバートドックあたりも
京都芝1600mの実績が乏しく、スピード勝負に耐えられるかが不安要素。

であれば、
昨年2着のサンライズメジャーを中穴狙いの1頭として推す。
 

第13回福島牝馬Sプレ予想~本命アースライズ中穴狙い

第13回福島牝馬Sのプレ予想です。

本命はアースライズ
第20回秋華賞5着、第53回愛知杯3着、第29回フラワーC2着と
重賞でも好走している実力馬。
中山や阪神内回り芝2000mでも好走していることから
小回りの福島競馬場でも問題ないはずです。
血統背景的にはあまり推せないでしょうか。


中穴狙いなら、ハピネスダンサー
第19回秋華賞では全く勝負にならず14着だったが、
軽量ハンデを生かし、第50回小倉大賞典5着、
第34回中山牝馬Sで5着と好走。
福島競馬場ではSadler's Wellsの血統は有利。

 

第76回皐月賞回顧~ディーマジェスティ優勝

皐月賞はディーマジェスティが優勝しましたね。
大外をものともせず完勝。
3強と言われたマカヒキ、リオンディーズ、サトノクラウンを完封。
リオンディーズで何と5着。


今日は、情報処理技術者試験でした。
なので、お昼休みの休憩に、
奥の細道特別でウインインスパイア、
京葉Sでキタサンミカヅキ、
皐月賞の3レースの馬券を購入。

ただ、午後Ⅱ試験前にディーマジェスティを疑うも、
購入できずあえなく撃沈。


ウインインスパイアもおめでとう。


やはりクラシックは苦手です。



奥の細道特別的中馬券

奥の細道特別20160417

第76回皐月賞予想〜馬券公開

image

第76回皐月賞予想〜本命リオンディーズ中穴狙いはマウントロブソン

本命はリオンディーズ
弥生賞こそ2着だったが、休み明けの前哨戦という位置づけであれば、仕方ないようのない掛かり具合であったが、悲観する内容ではない。
展開が嵌ったマカヒキに救われただけ、という見方もできる。
8枠は痛い。
ただ、中山開催が進み、雨も心配されることを考慮したり、
トゥザワールドやウインフルブルームなどを見ると気にする程でもなかったりするのかもしれない。
注意が必要なのは、隣のエアスピネルの仕掛けに合わせると、長い脚を使わされることで、消耗度がましてしまうことか?
ただ、枠を考慮すれば信頼度はさほと高くない。


対抗は、マウントロブソン
金子オーナーのマカヒキとも迷ったが、全てを見せてしまったマカヒキよりは、未知数のマウントロブソンのほうが面白い。
騎手もベリー騎手を起用し、豪快に押し切りを狙う。
ディープインパクト産駒だが、芦毛なので母方の血が濃く出てそうなのも良さそう。距離はやや長いか…。
ちなみに祖母のブルーアヴェニューはクロフネの母。
仮にもスプリングS優勝馬で、枠も良いので3着は狙える。


他は共同通信杯勝ちのディーマジェスティや、アドマイヤダイオウ、プロフェットを狙いたい。

アンタレスS予想〜本命ロワジャルダン中穴狙い

本命は、ロワジャルダン
フェブラリーS5着だったが、マイルは距離が少し短った。
1800mのほうがよい。
中京実績もあり阪神コースも適正は高いはず。


image



対抗はアウォーディー
こちらは逆に1800mだと距離が短い感じを受ける。まぁオークランドレーシングクラブトロフィーを勝っているので、3着は固いか。


単穴は中穴狙いで、サンマルデューク。
人気薄で、師走S、ポルックスSを勝ち、驚かせたが、マーチSでは11着だった。
但し、蛯名騎手への乗り代わりや、イッシンドウタイと同ハンデだったことが響いた結果だが、タイム差は0.9秒差と、内容はさほど悪くない印象。
今回は手のあった武士沢騎手に戻るし、直線が長くなるぶん、期待値はアップする!

はなみずき賞予想〜本命ノガロ中穴狙いアグネスフォルテ

本命はノガロ。
デムーロ騎手騎乗。
きさらぎ賞4着、若葉賞4着。
勝ち馬とは、1秒程離されているので、信頼度は高くない。

対抗は、中穴狙いでアグネスフォルテ。
大寒桜賞を先行して2着した点を評価。
2枠を引いた点も○。
あすなろ賞ではスプリングSを勝ったマウントロブソンと0.4秒差だった。

単穴はロードヴァンドール。
福寿草特別からやや間隔が空いたのと、
京都の逃げはあまり評価できないので、
3番手評価。

蓬莱峡特別予想〜本命サイモンラムセス中穴狙いサウンドバーニング

本命はデムーロ騎手騎乗のサイモンラムセス。
須磨特別2着。
ブラックタイド産駒で阪神外回りコースは好相性。

対抗はスズカルパン。
須磨特別3着馬。
ここ2走は芝で好走しているが、良馬場となると少し不安です。

単穴は、中穴狙いで、サウンドバーニング。
ハーツクライ産駒。福永騎手なので2着はあるか。

京葉Sプレ予想

皐月賞と同日に行われる京葉S。

予報は雨のようなので
先程の皐月賞プレ予想は大きく変更する予定です。


現時点での本命はキタサンミカヅキ
中山ダート1200mが合っており、
初春Sを、勝って準オープンを突破した後は、
オープンの千葉Sでいきなり2着。
安定感がある。

対抗はニットウスバル
前走アクアラインSでは優位な外枠にも恵まれたが、キタサンミカヅキに先着。
騎手は柴田善臣騎手に代わるが、問題なし。

逆に、柴田善臣騎手から武豊騎手に代わるがカジキは評価を下げたい。

単穴はマキャヴィティ。
ジャニュアリーSで優勝した実力馬。

対抗はナンチンノン。

斤量が軽くなるトキノゲンジも要注意。
8歳馬だか、ハンデは54kgが魅力。
第8回カペラSでも2着に好走している。


迷いますね。

アンタレスSプレ予想

アンタレスSのプレ予想です。

ここは、阪神実績のある馬からが定石。
次に中京実績がある馬、
という優先度で攻めればいいかと思います。


なので、
本命はアウォーディー

対抗は、アスカノロマン

単穴は、ロワジャルダン。
連下は、トップディーヴォ。

当日は人気を見てですが、アウォーディーよりロワジャルダンを推すかもしれません。

距離も騎手も今回がベストだと思います。

斤量増も問題ないレベル。


イッシンドウタイやクリソライトも気になりますね。

第76回皐月賞プレ予想


第76回皐月賞の枠順が発表されましたね!

プレ予想したいと思います。


本命はマウントロブソン

対抗はマカヒキ

金子真人のワンツーなんて見てみたいですよね。

単穴は、リオンディーズ。

連下は、ロードクエスト。


まぁ本命は変更すると思います。
ディープインパクト産駒のワンツーなんてのも、あまりなさそうですし。

3連単数点で仕留めたいレースですね。

ジャパンカップ好走馬まとめ











東京芝2400m血統傾向

ディープインパクト×(RobertoやNijinsky)
ディープインパクト×(エルコンドルパサーやNasrullah
ディープインパクト×(Nureyev)
ディープインパクト×(Nasrullah
ディープインパクト×(Nasrullah
ディープインパクト×(RobertoやDanzig)
ディープインパクト×(Mr. ProspectorやLyphardSadler'sWells
ディープインパクト×(Mr. ProspectorやNureyev)
ディープインパクト×(DanzigやLyphard
スクリーンヒーロー(グラスワンダー×SS)×NativedDancer系
メイショウサムソン(Sadler'sWellsLyphard)×エルコンドルパサー(父Kingmambo×母父Sadler'sWells
メイショウサムソン(Sadler'sWellsLyphard)×エルコンドルパサー(父Kingmambo×母父Sadler'sWells
ステイゴールド×ノーザンテースト
ステイゴールド×Be My Guest
キングカメハメハ×(SS×トニービン)
キングカメハメハ×(Grey Sovereign)
マンハッタンカフェ×(Deputy Minister)
ゼンノロブロイ×(Mr. ProspectorやCaeleonやSadler'sWells
ゼンノロブロイ×(Seattle Slew)
ハーツクライ(SS×トニービンやLyphard)×(DamascusやRoberto
ハーツクライ(SS×トニービンやLyphard)×(Nearco)
マヤノトップガン(RobertoやNasrullah)×(SS×HighTop)
ネオユニヴァース×ノーザンテースト
シンボリクリスエス(RobertoやSeattle Slew)×スペシャルウィーク(SSやNijinskyやSadler'sWells
ダイワメジャー(SS×ノーザンテースト)×(Sadler'sWells
ジャングルポケット(トニービン×Nureyev)×(ノーザンテーストやMr. Prospector)


ディープインパクトも母父父がLyphardですね。


外国馬のイトウの3代父がSadler'sWells

血統的にはショウナンパンドラやナイトフラワー、ラブリーデイ、ラストインパクト、カレンミロティックあたりが狙い目か。

京都芝1600m大穴血統傾向(2015年1月~10月)

ダイワメジャー×(Sharpen UpやNijinsky
ダイワメジャー×(アフリートSadler's Wells)
ダイワメジャー×(Deputy Minister)
ディープインパクト×Caerleon(Nijinsky
ディープインパクト×MillReaf(Nasrullah)
チーフベアハート(Danzig)×NorthernDancer系
チーフベアハート(Danzig)×スペシャルウィーク(SSやNijinsky
ダンスインザダーク(Nijinsky)×(DanzigやSadler's Wells)
ゼンノロブロイ×ノーザンテースト
キングカメハメハ×SeattleSlew
スズカマンボ×(Nasrullah)
ハービンジャー(Danzig)×SS
スウェプトオーヴァーボード ×(トニービンやNijinsky
アグネスタキオン×ダンシングブレーヴ
ジャングルポケット(Grey Sovereign)×SS
マンハッタンカフェ×(NureyevやGrey Sovereign)
スペシャルウィーク(SSやNijinsky)×(Nasrullah×ノーザンテースト)

ダイワメジャーが3頭ランクインしており、ノーザンテーストが優位な血統であることがわかる。
その他は、DanzigNijinskyを持つ血統が穴を開けている。

ダノンシャークなんかもNijinskyがあり、京都芝1600mに滅法強い理由がわかる。


クラリティスカイが母父スペシャルウィーク。
カレンブラックヒル、サンライズメジャー、ダイワマッジョーレが父ダイワメジャー
ミッキーオリビエやサトノアラジンがNijinskyを持っている。
フィエロやアルマワイオリはDanzig

宝塚記念予想~少額投資馬券

image


image

宝塚記念予想~本命ゴールドシップ対抗はデニムアンドルビーで中穴狙い。

本命はゴールドシップ
馬券的魅力はもはやないが、宝塚記念3連覇がかかっており、是非これを達成してほしい。
ステイゴールド産駒は阪神芝2200mでの成績に優れており、それに代表されるレースである宝塚記念で2年連続でゴールドシップが優勝している。
阪神芝コース全体では、このコースだけで6勝しており、2着は1回。3着以下はナシという驚異的な成績を残している。
枠は3年連続8枠。
騎手は第151回天皇賞春を制した時と同じ横山典騎手というのも心強い。
素直に本命でいいだろう。
馬券外にぶっ飛んでもキャラで許せる。

対抗はデニムアンドルビー
中穴狙い。
牝馬ながら第63回阪神大賞典で2着や、第33回ジャパンカップ2着がある実績馬。
第55回宝塚記念では5着だったものの、2枠で内枠過ぎたことが敗因の一つ。
もう一つの敗因が、ドバイシーマクラシック後に馬体重が戻らなかったこと。
440kg台半ばまで場体重が戻れば、勝機はある。
また、ディープインパクト産駒としてのコース適性が高いのも強みだが、母方の血統的にも阪神コースなどの消耗するレースは得意そう。
自身も上記の阪神大賞典に加え、ローズSを勝っていたり、トゥザビクトリーや、その産駒のトゥザグローリーやトゥザワールドなどを見ても阪神コースは強いことがわかる。


単穴はカレンミロティック
7歳馬。
過去10年間で7歳馬の勝利はないが、せん馬らしくピークは長い。
(そう考えるとゴールドシップは、やはりすごい)
おそらく、逃げる格好となるだろうが、3枠なので思いっきり行ってほしい。
第55回宝塚記念2着や、第151回天皇賞春3着の実績はあるものの、いずれもゴールドシップの前に屈している。
ハーツクライ産駒はこのコースの勝率こそ良くないが、複勝率は高く、大崩れはないだろう。
カレンミロティック自身の阪神芝コースでは[3-2-2-3]と優秀。
実は内回りコースより、外回りコースのほうが若干成績がよさそうな。


連下はラキシス
第59回産経大阪杯で不良馬場の中、キズナを2馬身負かした牝馬。
阪神コースではすみれSこそ敗れたものの、3勝を挙げていて、得意中の得意のコース。
中山での有馬記念や中京での中日新聞杯で上位に来るなど力のいる馬場も強い。
騎手は引き続きC.ルメールが騎乗する。
懸念点は、久しぶりに外枠(7枠)という点のみで、このあたりがどう出るかが盲点で、評価を落としている。



人気ブログランキング 競馬・データ理論へ


人気ブログランキング 競馬・血統理論へ


人気ブログランキング 投資競馬へ


大沼S予想~少額投資馬券

image

グリーンS予想~少額投資馬券

image

グリーンS~本命エーティータラント。中穴狙いはマイネルアイザック

本命はエーティータラント
芝2000m以上のレースでは[3-4-2-4]となかなかの安定感を誇る。
阪神芝2000m以上のレースでは[0-2-0-3]。
一方、京都芝2000m以上のレースでは[2-2-2-2]と、阪神以上の成績を残している。
父はデュランダルで、母父がメジロマックイーン。
この組み合わせからも中~長距離で、阪神コースのほうが向いていそうだが、成績は逆転している。
ただ、前走は第68回鳴尾記念(初めての重賞)で8着だったが、優勝したラブリーデイから0.8秒差と、阪神コースで奮闘した。
ハンデは55kgで妥当か、やや重いところだが、まぁ許容範囲内だろう。
騎手は主戦の藤岡佑介騎手なので、安心感は高い。
しかも、エーシンハクリューも主戦騎手は藤岡佑介騎手だったが、こちらに騎乗するようだ。
8枠はやや外過ぎた感じがするが、後方から行く馬なのでこれも大きな問題にはなりそうにない。
木曜、金曜と雨が降り続き、水分を含んだ馬場ならいつも以上にやれるはず。


中穴狙いならマイネルアイザック

マイネルアイザック
準オープンの常連の6歳馬。
ステイゴールド産駒。
ステイゴールド産駒らしく(?)中山コースでは[0-1-1-2]という安定感。
3着を外した2走とも迎春Sで着順も両方4着だった。
阪神コースでこそここ直近2走は不振で、オリオンS10着、ムーンライトHC10着だった。
阪神コースでのトータルは、[2-1-1-4]。
もちろん渋った馬場も苦にしない。
ハンデは55kg。
騎手は、C.ルメールで大幅な鞍上強化となる。
中穴狙い。




人気ブログランキング 投資競馬へ


人気ブログランキング 競馬・血統理論へ


人気ブログランキング 競馬・データ理論へ
【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ