中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

大沼S予想~本命ソロルで中穴狙い。カーティスバローズで中穴狙い。

本命はソロル
Roberto系のタニノギムレット産駒やブライアンズタイムらの仔がよく好走するレース。
同じくRoberto系に分類されるシンボリクリスエス産駒のソロルを軸にしたい。
実績面でも、第21回マーチS1着や第21回平安S2着などがあり、メンバー中、上位の実力を持っている。
近走も、GⅡの第32回東海S5着や、第22回マーチS8着がある。
東海Sでは、コパノリッキーが2着に4馬身差をつける快勝だったが、2着のグランドシチーから5着のソロルまでは、わずか0.2秒差だった。
マーチSでは、トップハンデ57.5kgを背負い、血統的にも向かないコースだったにも関わらず、0.2秒差と善戦した。
コース変わりはプラスとなるはず。
懸念面は騎手で、初騎乗の藤岡康太騎手に乗り替わることとなる。


対抗は、エアウルフ

単穴はカーティスバローズ
中穴狙い。
ここ5走はダート1400mを走っていた。
2走前には1600万下鎌倉Sで優勝し、晴れてオープン馬になった。
今回は約1年ぶりのダート1700mだが、2014年に札幌ダート1700mで2連勝しており、問題ない。
全体の成績としては、ダート1400mが[1-1-0-3]に対して、ダート1700mは[2-1-2-0]と、適性は明白。
ダート1800mでも[2-2-3-5]と、マイル以上の距離でも走れている。
騎手は三浦騎手に乗り替わり、初騎乗となるが、問題ないだろう。
父はマンハッタンカフェ産駒。
同じマンハッタンカフェ産駒にエーシンモアオバーがいるが、札幌と函館のダート1700mで6勝(全12勝の半分)を挙げているほど、相性がいい舞台。
適性の高さはきっとカーティスバローズにも言えることだろう。
金曜日の段階では7番人気だったが、土曜になると人気するかな?



人気ブログランキング 競馬・データ理論へ


人気ブログランキング 投資競馬へ


人気ブログランキング 競馬・血統理論へ

函館SS結果~中穴狙いレンイングランド

image

米子S予想~本命サトノルパン

本命サトノルパン
ディープインパクト産駒で、母はエリモピクシー。
第60回京王杯SCでは6着も0.2秒差と力を見せた。
阪神I芝1600mは得意で、六甲S2着を含む[1-2-1-1]と安定している。
六甲Sではヒストリカルやマウントシャスタに先着している。
騎手は川島騎手。
斤量は56kg。
サンライズメジャー59kgや、牝馬のスマートレイアーが56kgであることを考えると有利。

函館スプリントS予想~本命レンイングランドで中穴狙い

本命はレンイングランド
中穴狙い。
近走は2秒くらい離されたレースもあり、見せ場なし。
ただ、4走前に遡ると、第49回シンザン記念5着がある。
また、1200mのレースでは、2勝しているため、スプリント能力は意外と侮れない。
札幌芝1200mでは[1-0-1-0]であり、洋芝も問題ない。
中山でのクリスマスローズSやダートの寒椿賞でも勝っており、パワーや小回りなども問題ない。
菱田騎手に乗り替わり心機一転できるか。
3歳牡馬なので斤量52kgで、軽いのが魅力。

他は、アンバルブライベンコパノリチャードタガノアザガルの3頭。



ユニコーンS予想~本命アルタイルで中穴狙い

本命アルタイル
カネヒキリ産駒。
フジキセキ産駒やVice Regent系の馬がよく走る東京ダート1600m。
カネヒキリはどちらもそれらの血統を含み、自身も同コースでフェブラリーSやユニコーンSで優勝している。
アルタイルは、前走青竜Sで2着。
アキトクレッセントを捉えたところで、ノンコノユメに差された。
昇竜Sではアキトクレッセントに敗れたが、東京ダート1600mならこちらのほうが強いか。
青竜Sは蛯名騎手だったが、、松岡騎手に戻る。

対抗は、ゴールデンバローズ
前走は海外のUAEダービー3着。
立派だ。
帰国初戦は一流の馬でも力を出し切るのは厳しいため、評価を下げる。
騎手は戸崎騎手に戻る。
2走前のヒヤシンスSではイーデンホールに0.6秒勝ち。
タイム差以上に、力の差は大きいように見えた。
東京ダート1600mは3戦全勝中。

単穴はダイワインパルス
1枠で内枠過ぎたのは残念。
ヴァーミリアン産駒。
前走500万下で強い勝ち方をしたが、マイルは短そうにも見えた。


他はアキトクレッセントとノンコノユメ。



2015年上半期の競馬予想を振り返る[3月編]

2015年2月の競馬予想を振り返ります。
下記の印で、予想と馬券購入結果を表しています。

◎・・・ブログ予想当たり+購入馬券当たり
〇・・・ブログ予想当たり購入馬券外れOR未購入
▲・・・ブログ予想外れ(予想無)+購入馬券当たり
×・・・ブログ予想外れ+購入馬券外れOR未購入


【GⅠ】
×高松宮記念・・・本命コパノリチャード5着、対抗ダイワマッジョーレ6着、単穴ハクサンムーン2着、連下ミッキーアイル3着


【GⅡ】
×中山記念・・・本命ロゴタイプ2着、対抗マイネルフロスト4着
×弥生賞・・・本命トーセンバジル5着、対抗ブライトエンブレム2着、単穴シャイニングレイ5着
×報知杯フィリーズレビュー・・・本命ムーンエクスプレス3着、対抗レオパルディナ7着
阪神大賞典・・・本命ゴールドシップ1着、対抗カレンミロティック4着、単穴ラストインパクト3着
×スプリングS・・・本命ブラックバゴ6着、対抗ミュゼスルタン7着、単穴ベルーフ4着
×日経賞・・・本命サウンズオブアース4着、対抗ホッコーブレーヴ3着、単穴ウインバリアシオン2着


【GⅢ】
×阪急杯・・・本命コパノリチャード6着、対抗ダイワマッジョーレ1着、単穴ダノンシャーク5着
×チューリップ賞・・・本命コンテッサトゥーレ6着、対抗レッツゴードンキ3着、単穴ココロノアイ1着
×オーシャンS・・・本命アフォード7着、対抗ワキノブレイヴ5着
×中日新聞杯・・・本命デウスウルト2着、対抗ディサイファ1着、単穴ユールシンギング18着
中山牝馬S・・・本命バウンスシャッセ1着、対抗マイネグレヴィル9着
×フラワーC・・・本命ローデット5着、対抗ディアマイダーリン3着、単穴アフェクシオン14着
×ファルコンS・・・本命レンイングランド14着、対抗ヤマカツエース3着、単穴ブリクスト8着
×毎日杯・・・本命ロードフェリーチェ9着、対抗ナヴィオン12着
×マーチS・・・本命マスクトヒーロー3着、対抗キクノソル4着、単穴ソロル8着


【オープンクラス】
×大阪城S・・・本命アクションスター8着
×ポラリスS・・・本命ポアゾンブラック8着
×アネモネS・・・本命メジャーフォルム5着
仁川S・・・本命マルカプレジオ1着
×東風S・・・本命シャイニープリンス2着
×昇竜S・・・本命アジアンテースト4着
×若葉S・・・本命アダムスブリッジ3着
×千葉S・・・本命メイショウノーベル5着

【1600万下】
×関門橋特別・・・本命コウエイワンマン2着
×上総S・・・本命リッカルド2着
×幕張S・・・本命オツウ5着
×但馬S・・・本命ダノンシンフォニー13着
×名古屋城S・・・本命スズカヴァンガード7着
×常総S・・・本命ミヤジタイガ6着


【1000万下】
×小牧特別・・・本命コルサーレ2着

【500万下】
×アルメリア賞・・・・本命ムーンクレスト3着


総評としては、3歳クラシック路線が全然ダメだったのが大きい。
毎年のことですが。
基本的に馬券を買っていなかったが、購入しても大負けだったろう。
複勝を勝っていても人気サイドが馬券内に入っており、回収率は厳しくなるのは容易に想像がつく。

中日新聞杯のようなハンデ戦ながら堅い決着を勝てなかったのは、痛手。
中日新聞杯と、日経賞、阪神大賞典のような古馬重賞は、3連複2頭軸であれば、当たっていただろうし、少額で且つ、小数点で済ませられただろう。


2015年上半期の競馬予想を振り返る[2月編]

2015年2月の競馬予想を振り返ります。
下記の印で、予想と馬券購入結果を表しています。

◎・・・ブログ予想当たり+購入馬券当たり
〇・・・ブログ予想当たり購入馬券外れOR未購入
▲・・・ブログ予想外れ(予想無)+購入馬券当たり
×・・・ブログ予想外れ+購入馬券外れOR未購入


【GⅠ】
×フェブラリーS・・・・本命コパノリッキー1着、対抗カゼノコ8着
【GⅡ】
京都記念・・・本命ハープスター5着、(ラブリーデイ1着、トウシンモンステラ6着)
【GⅢ】
×きさらぎ賞・・・本命ポルトドートウィユ2着、対抗ネオスターダム6着、単穴ルージュバック1着
×東京新聞杯・・・本命シャイニープリンス4着、対抗エキストラエンド6着、単穴タガノグランパ10着
×クイーンC・・・本命ロッカフラベイビー7着、対抗アンドリエッテ4着、単穴ロカ3着
×共同通信杯・・・本命アヴニールマルシェ5着、対抗ソールインパクト6着、単穴ドゥラメンテ2着
×ダイヤモンドS・・・本命ニューダイナスティ6着、対抗タニノエポレット8着
×小倉大賞典・・・本命コスモソーンパーク2着
×アーリントンC・・・・本命ナヴィオン4着、対抗エイムハイ11着、単穴マテンロウハピネス3着


【オープンクラス】
×すばるS・・・本命ナガラオリオン5着
アルデバランS・・・本命アスカノロマン1着、マルカプレジオ2着
×総武S・・・本命イッシンドウタイ5着


【1600万下】
白峯S・・・本命サウンドトゥルー1着
×早春S・・・本命ジャングルクルーズ9着
×銀蹄S・・・本命バーディイーグル11着
御堂筋S・・・本命ヴォルシェーブ1着


【1000万下】
×壇ノ浦特別・・・・本命ポセイドンバローズ5着
皿倉山特別・・・本命カンタベリーナイト1着



総評。
全体的に予想の精度が低迷していた。
そんな中、京都記念は本命ハープスターで外すところだったが、当日前残りの馬場を考慮して、先行できるラブリーデイとトウシンモンステラの単勝2点に変更したのが、功を奏した。
中穴狙いとして、人気サイドを避けて本命馬を予想しているが、堅く決着したレースも多く、全体的に不振にあえいだ。
アルデバランSが2月のイチオシの予想で、こういったレースでこそ3連単を取っておきたいもの。

2015年上半期の競馬予想を振り返る[1月編]

2015年1月の競馬予想を振り返ります。
下記の印で、予想と馬券購入結果を表しています。

◎・・・ブログ予想当たり+購入馬券当たり
〇・・・ブログ予想当たり購入馬券外れOR未購入
▲・・・ブログ予想外れ(予想無)+購入馬券当たり
×・・・ブログ予想外れ+購入馬券外れOR未購入


【GⅠ】
なし


【GⅡ】
×日経新春杯・・・本命ハギノハイブリッド6着
×東海S・・・本命ナムラビクター11着、対抗グランドシチー2着、単穴インカンテーション3着
×AJCC・・・本命フラガラッハ6着、対抗クリールカイザー1着、単穴オーシャンブルー16着


【GⅢ】
×中山金杯・・・本命ユールシンギング17着、対抗クランモンタナ11着、単穴マイネルミラノ15着
×京都金杯・・・本命エキストラエンド2着、対抗シェルビー8着、単穴グランデッツァ5着
シンザン記念・・・本命ロードフェリーチェ2着
×フェアリーS・・・本命カービングパス8着
×京成杯・・・本命ソールインパクト4着
×京都牝馬S・・・本命ダンスアミーガ7着、対抗ウリウリ5着、単穴キャトルフィーユ6着
×根岸S・・・本命エアハリファ1着、対抗サトノタイガー13着、単穴グレープブランデー10着
×シルクロードS・・・本命サドンストーム2着、対抗アンバルブライベン1着、単穴ルナフォンターナ10着


【オープンクラス】
ジュニアC・・・本命馬ナイトフォックス1着
初夢S・・・本命ワンダーアシャード2着
×万葉S・・・本命ショウナンラグーン4着
×ジャニュアリーS・・・本命ダッシャーワン7着
×招福S・・・本命タナトス5着
×ポルックスS・・・本命ランウェイワルツ2着
×淀短距離S・・・本命ラインスピリット15着
×ニューイヤーS・・・本命ペイシャフェリス2着
×大和S・・・本命ローブデソワ2着
×白富士S・・・本命スーパームーン3着


【1600万下】
×寿S・・・・本命アドマイヤスピカ6着
×長篠S・・・本命ダンスディレクター2着
×初富士S・・・本命サムソンズプライド7着
×アレキサンドライトS・・・本命マイネルバウンス11着
×石清水S・・・本命アイウォントユー12着
×北山S・・・本命ワンダーアシャード3着


【1000万下】


【500万下】
福寿草特別


総評として、まずは馬券を買っておけばよかったかな、という点を強く思う。
2014年に的中させた得意の東海Sを、対抗、単穴はドンピシャだっただけに、外したのは非常に痛かった。
シルクロードも買い方次第だろう。
2着が多いイメージだが、人気サイドの馬も多く、誉められたものではない。

エプソムC結果

エプソムCはエイシンヒカリが初重賞制覇。
馬券も初めて当たった気がする。

ほぼ拮抗する実力なら、血統がものをいう。

今回は、1着エイシンヒカリ、2着サトノアラジンともに、
ディープインパクト産駒に、母父Storm Cat。
それだけではないが、東京芝1800mに向いた血統を含んでいた。

ディサイファも東京芝1800mは向いていたし、ヒラボクディープも同様。
あとは、実力の差で着順が決まった。


1着エイシンヒカリ、2着サトノアラジンは、秋に向けて、いい締めくくりができたのでは。

image



マーメイドS予想~中穴狙い購入馬券

image

エプソムC予想~中穴狙い購入馬券

image

マーメイドS予想~本命リラヴァティ

本命はリラヴァティ
4歳。
阪神芝2000mに適性のあるゼンノロブロイ産駒。
リラヴァティ自身も四国新聞杯で勝利している。
また、前走福島牝馬S(ハンデ53kg)でも2着と好調を維持している点が、好評価。
ハンデは前走と同じ53kgで据え置き。
騎手は、四国新聞杯で騎乗した松山弘平騎手に戻る点はプラス。

対抗はパワースポット
第50回京都牝馬S3着、第33回中山牝馬S3着と、7歳ながら力のあるところを見せた。
ここ2走は凡走しているが、能力は上位。
その割にハンデは53kgと魅力。
騎手は、手が合っている大野騎手に戻るのは大幅にプラス評価。
スズカマンボ産駒。
Kingmamboの子のキングカメハメハ産駒同様、スズカマンボ産駒もこのコースに強い。
また、Nijinskyの血統が入っているのもプラスの加点。

単穴はウインプリメーラ
阪神コースでは期待してしまうステイゴールド産駒。
以外にも2000mのレースは初。
大外8枠だが、阪神芝2000mならさほど気にするほどでもなさそう。
前走パールSは松山騎手が騎乗し、イリュミナンスに快勝した。
今回は和田騎手。
ハンデは54kgとやや見込まれたが、第20回チューリップ賞2着という実績もあり、仕方ないか。

後は、フィロパトールとメイショウスザンナ。

エプソムC予想~本命サトノアラジン中穴狙いはユールシンギング

本命はサトノアラジン
前走、モンゴル大統領賞でハンデ55kgだったとはいえ、大外18番から追い込んで優勝。
力の違いを見せつけた。
これでC.ルメール騎手に乗り替わって2連勝。
今回も引き続きC.ルメール騎手なので期待できる。
血統は、ディープインパクト産駒×母父Storm Cat。
エプソムCが行われる東京芝1800mでもこの血統は強い。
さらに母系にNijinskyを含み、余計にこのコース適性を際立たせているのではないか。
コース実績としては、東スポ2歳S5着、第48回共同通信杯3着などがある。
今回の位置取りは、2枠だけに最後方ということはないが、エイシンヒカリがおり、速くなる展開を考えれば優位だろう。

対抗はディサイファ
第31回エプソムC優勝馬。
また、第51回中日新聞杯でも1着となっている。
その他、東京コースでは、第150回天皇賞秋で12着(0.6秒差)。
第65回毎日王冠で4着。(0.1秒差)。
内枠スタートで、直線の長い左回りコースに実績がある。
今回は8枠ということでやや評価を下げている。
騎手は引き続き四位騎手。

単穴は、ユールシンギング
母父スペシャルウィークはNijinskyの血統を含み、このコースでの相性はよい。
実際にこの馬も東京芝1800mの成績は、[1-2-1-0]。
一時期、絶不調だったが、吉田隼人騎手に乗り替わった前走、第37回新潟大賞典9着と、変わり身を見せた。
今回も吉田隼人騎手で期待はできる。
勝てるだけの実力と血統。

連下はヒラボクディープ
第20回青葉賞優勝馬。
エイシンヒカリやサトノアラジントと同じで、ディープインパクト産駒の母父Storm Cat。
さらにGrey Sovereignの血統も持っており、このコースでの適性は高いはず。
長い距離を走らされていて調子を落としていたが、白富士S以降復調気配を見せつつも、コース適性が合わなかった。
また、騎手も固定できなかったのが響いていたが、柴山騎手で2走続けて出走というのは、手が合ったのだろう。


後は、アーデントエイシンヒカリ


第65回安田記念購入馬券

image

image

image

第65回安田記念予想~本命リアルインパクトで中穴狙い

本命はリアルインパクト
第61回安田記念優勝馬。
第62回安田記念は6着だったが、2枠->2枠->4枠->1枠->1枠という着順の中、7枠ながら奮闘した。
第64回安田記念は不良馬場が合わず、13着惨敗。
今回は5枠9番だけにチャンスは十分。
リピーターが多いレースだけに期待できる。
ローテーションは、第9回阪神C1着の後、オーストラリアへの遠征で、GⅠに出走。
ジョージライダーSで優勝した後、ドンカスターマイルで2着となる、ここへ駒を進める。
内田騎手というのも安田記念では心強いだろう。

対抗はダノンシャーク
岩田騎手で第31回マイルチャンピオンシップを制した。
ダノンシャークは、第63回安田記念3着、第64回安田記念4着とコース適性は高い。
1枠ということでやや内過ぎるという印象はあるものの、外枠よりはマシか。
前走は阪急杯で5着。
これは2014年のローテーションと同じだ。

単穴はミッキーアイル
第59回阪急杯2着⇒第45回高松宮記念3着と好調。
特に高松宮記念では、8枠だったにも関わらず、先行して粘った3着。
パワーのいる中京コースの稍重の馬場で残ったことは評価できる。
また、今では逃げずとも勝負できるようになったことが強み。
コース実績としては、第64回安田記念16着がある。
3歳馬としてチャレンジしたが、不良馬場の影響もあったのだろう。
但し、第19回NHKマイルC優勝という実績もあるため、侮る勿れ。

連下はサクラゴスペル
第63回安田記念で5着という隠れた健闘実績が光る。
2013年秋から低迷していたが、2015年に入り第10回オーシャンSを勝利し、復活。
高松宮記念8着をはさみ、前走の京王杯SCでは良血馬ヴァンセンヌを破り、優勝した。
好調。
騎手は横山典騎手。
4枠もまあまあ良い。

鳴尾記念予想~本命グランデッツァで中穴狙い

本命はグランデッツァ
前走都大路Sでは稍重の馬場の中、エイシンヒカリの2着。
金曜、雨が降ったが、パンパンの良馬場でなくても大丈夫そう。
京都ではその他、第31回マイルチャンピオンシップ3着などもあり、コースの相性もよかったか。
阪神での実績はというと、第28回ラジオNIKKEI2歳Sで3着がある。
この時の2着がゴールドシップということを考えれば、コース適性はなくもない。
第72回皐月賞では5着があるが、距離は2,000mあたりが限界か。
枠は1枠で、先行できれば、開幕週の馬場を生かせることができる。
川田騎手との相性もよさそう。
鬼門は坂か。

対抗はエアソミュール
GⅡ3戦連続3着。
第50回金鯱賞3着⇒第56回AJCC3着⇒第59回産経大阪杯3着。
内枠となることが多く、今回も3枠でチャンスは大きい。
M.デムーロ騎手とも3度目のコンビで勝機はある。
ジャングルポケット産駒のこのコースでの勝率は、アグネスタキオン産駒と並び優秀。

目黒記念予想~本命ステラウインドで中穴狙い

本命はステラウインド
万葉Sでは武豊騎手とのコンビでオープンクラスで初勝利を飾った。
その後は重賞に挑戦し、蛯名騎手とのコンビで第65回ダイヤモンドS4着、第63回日経賞6着。
ファタモルガーナが人気しているが、ダイヤモンドSでは0.5秒差だったので、今回は逆転は可能。
今回は武豊騎手に戻る。
東京コースはゼンノロブロイ産駒らしく、相性が良く、第19回青葉賞3着や、その他3勝している相性のいい舞台。
母父にNureyevがいるのも強み。

安土城S予想~本命ランリョウオーで中穴狙い

本命はランリョウオー
中穴狙い。
8歳馬と高齢だが、まだ衰えていない。
前走谷川岳S7着だが、0.3秒差。
8枠16番が響いた形で、内枠なら結果はもっとよかったはず。
また、洛陽Sでも5着(0.5秒差)、ニューイヤーSでも7着0.4秒差とこのクラスなら安定感はあるほう。
京都は得意で[2-4-0-3]。
ハンデも54kgと魅力。
京都芝1400mは8枠も成績は良く、外枠はプラスと見る。


後は、リヴェレンテ、メイショウヤタロウ、ウリウリ、ニンジャ。

安土城S

東京優駿(日本ダービー)購入馬券

東京優駿(日本ダービー)

東京優駿(日本ダービー)予想~本命ミュゼエイリアンで中穴狙い

本命はミュゼエイリアン
思い切って中穴狙い
第62回毎日杯勝ち。
毎日杯勝ちからはダービー馬がたまに輩出されており、キングカメハメハ、キズナ、ディープスカイなどがおり、実は人気の盲点となりやすいローテーション。
第49回共同通信杯では、皐月賞馬ドゥラメンテと0.4秒差の4着がある。
第75回皐月賞では7着。
5枠は過去10年でディープブリランテの勝利がある。
ジャパンカップを制したスクリーンヒーロー産駒で、おそらく東京コースのほうが得意だろう。
騎手は昨年のダービージョッキーの横山典騎手に乗り替わりで、大きく評価を上げられる。

対抗は、サトノラーゼン
第63回京都新聞杯1着馬。
過去10年で6勝している1枠という枠が何よりの強み。
ディープインパクト産駒でコース適性も高い。
騎手は岩田騎手への乗り替わりで鞍上強化。
2月の500万下のレースでキタサンブラックに0.5秒差で敗れている。

単穴はリアルスティール
第49回共同通信杯1着⇒第64回スプリングS2着馬⇒第75回皐月賞2着。
安定感はある。
ダービーはまだ未勝利の福永騎手が騎乗。
キズナと同じディープインパクトと母父Storm Catの配合というのも心強い。
共同通信杯勝ちの馬でダービーを制した馬は最近ではほとんどいないはずなので、評価をやや下げた。
また内枠有利のダービーでは、厳しい7枠
過去10年で1着もなく、[0-1-4-25]とよろしくはない

【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ