本命は、ハギノハイブリッド。

混戦模様なので強くは推せないが、下記3項目を満たす馬ということで、ハギノハイブリッドが本命。
①2勝以上
②京都芝1800m以上のレースで、3着以内となった経験がある
③前走2000m以上のレースに出走


2勝以上の馬は何頭もいるが、直近で勝っている馬のほうが調子がいいと見る。
 
■ロングリバイバル
 前走勝っているが、2走前の大寒桜賞でハギノハイブリッドに先着を許している。 
■ミヤビジャスパー
 2勝馬だが、前走1800mのレース(アルメリア賞)ということで、評価は下げた。
 但し、2走前に若駒Sでトゥザワールドの2着がある点や、ラジオNIKKEI2歳S4着がある点は高評価。
■ダンディーズムーン、サウンズオブアース
 前走2000m以上のレースを勝ち、2勝している点は評価。
 但し、京都1800m以上でのレース実績がない点が若干マイナス評価。

ハギノハイブリッドは、タニノギムレット産駒だが、4月・5月開催の同産駒は、好走する可能性はある。
(あくまで10月・11月開催に比べてだが)


◎ハギノハイブリッド
○ミヤビジャスパー
▲サウンズオブアース
△アズマシャトル
×シャドウダンサー

参考:
http://blackemblem.ldblog.jp/archives/2014050637956984.html

http://blackemblem.ldblog.jp/archives/2014050637960880.html



中央競馬 ブログランキングへ
image