ハープスターが前日単勝1.3倍で断然一番人気。

■オッズ
過去10年で1倍台のオッズだったのは、ダンスインザムード(1.4倍)、シーザリオ(1.5倍)、ブエナビスタ(1.4倍)の3頭のみ。
単勝1倍台のオッズ勝てなかったのは、ダンスインザムードのただ1頭のみ。

オークスでは1番人気が優勝したのは過去10年でわずか3頭。
その中の2頭が、シーザリオ、ブエナビスタの単勝1倍台の2頭と、アパパネ(3.8倍)のみ。

つまり、何らからの不安を抱えながら1番人気になったような馬や、押し出された形での1番人気は、オッズも3倍台や2倍台のように数字として表れ信用できないものと置き換えてほぼ問題ない。
例えば、
・アドマイヤキス。
 桜花賞2着のアドマイヤキスが桜花賞馬キストゥヘヴンを押さえ1番人気(3.0倍)で結果、4着。
・ベッラレイア
 ウオッカとダイワスカーレット世代だが、この2頭が出走しないことから押し出された1番人気(2.2倍)となったが、結果は2着。
・リトルアマポーラ
 クイーンC1着、桜花賞5着の実績しかなかったが、なぜか1番人気(3.9倍)となり、結果7着。
・ミッドサマーフェア
 桜花賞や阪神JF、桜花賞のトライアルなど実績がない中で1番人気となる。
 もちろん不安視する声も多く、それが3.3倍というオッズに現れ、結果も13着に終わった。
・デニムアンドルビー
 ミッドサマーフェア同様に、桜花賞や阪神JF、桜花賞のトライアルなど実績がない中で1番人気(3.3倍)となり、3着に終わった。

マルセリーナは桜花賞馬として1番人気だったが、ホエールキャプチャと人気を分け合い、単勝2.2倍だったが、4着に終わることもある、というケースもある。

上記の点を考慮すると、阪神JFこそレッドリヴェールの2着に終わったが、王道のチューリップ賞⇒桜花賞1着でオークスに駒を進めたハープスターは、実績をもとにしたオッズが表しているように、不安は少ない。

■枠
1枠[1-2-1-16] ・・・ベッラレジーナ、ディルガ
2枠[3-1-1-15] ・・・マイネオーラム、ペイシャフェリス
3枠[0-2-2-16] ・・・バウンスシャッセ、パシフィックギャル
4枠[1-1-0-18] ・・・シャイニーガール、サングレアル
5枠[1-1-3-15] ・・・ヌーヴォレコルト、ハープスター、
6枠[0-0-2-18] ・・・マーブルカテドラル、マイネグレヴィル
7枠[3-1-1-25] ・・・ニシノアカツキ、ブランネージュ、マジックタイム
8枠[1-2-0-27] ・・・クリスマス、フォーエバーモア、エリーザベスト

枠での減点組は、6枠のマーブルカテドラル、マイネグレヴィル、4枠のシャイニーガール、サングレアル、3枠のバウンスシャッセ、パシフィックギャル、8枠のクリスマス、フォーエバーモア、エリーザベストと考える。
ベストは、7枠の⑬ニシノアカツキ、⑭ブランネージュ、⑮マジックタイムと、2枠の③マイネオーラム、④ペイシャフェリス。


■騎手
・福永騎手[3-1-1-4]

■ローテーション:
過去10年さかのぼり、時代順にオークス1着~3着馬のローテーションを調べた。

・ダイワエルシーロ
 クイーンC1着⇒桜花賞7着⇒オークス1着
・スイープトウショウ
 チューリップ賞1着⇒桜花賞5着⇒オークス2着
・ヤマニナラバスタ
 フラワーC2着⇒桜花賞9着⇒オークス3着
・ディアドラノビア
 チューリップ賞7着⇒フィリーズレビュー4着⇒フローラS1着オークス3着
・エアメサイア
 フィリーズレビュー3着⇒桜花賞4着⇒オークス2着
・シーザリオ
 フラワーC1着⇒桜花賞2着⇒オークス1着
・カワカミプリンセス
 君子蘭賞1着⇒スイートピーS1着オークス1着
・フサイチパンドラ
 フラワーC2着⇒桜花賞14着⇒オークス2着
・アサヒライジング
 クイーンC2着⇒アネモネS1着⇒桜花賞4着⇒オークス3着
・ローブデコルテ
 紅梅S1着⇒チューリップ賞5着⇒桜花賞4着⇒オークス1着
・ベッラレイア
 フローラS1着オークス2着
・ラブカーナ
 忘れな草賞2着⇒スイートピーS2着オークス3着
・トールポピー
 阪神JF1着⇒チューリップ賞2着⇒桜花賞8着⇒オークス1着
・エフティマイア
 桜花賞2着⇒オークス2着
・レジネッタ
 エルフィンS2着⇒フィリーズレビュー2着⇒桜花賞1着オークス3着
・ブエナビスタ
 阪神JF1着⇒チューリップ賞1着⇒桜花賞1着オークス1着
・レッドデザイア
 エルフィンS1着⇒桜花賞2着オークス2着
・ジェルミナル
 フェアリーS1着⇒チューリップ賞5着⇒桜花賞3着オークス3着
・アパパネ
 阪神JF1着⇒チューリップ賞2着⇒桜花賞1着オークス1着
・サンテミリオン
 フラワーC3着⇒フローラS1着オークス1着
・アグネスワルツ
 フローラS2着オークス3着
・エリンコート
 忘れな草賞1着オークス1着
・ピュアプリーゼ
 フローラS3オークス2着
・ホエールキャプチャ
 阪神JF2着⇒クイーンC1着⇒桜花賞2着オークス3着
・ジェンティルドンナ
 シンザン記念1着⇒チューリップ賞4着⇒桜花賞1着オークス1着
・ヴィルシーナ
 フラワーC2着⇒桜花賞2着オークス2着
・アイスフォーリス
 フローラS2着オークス3着
・メイショウマンボ
 紅梅賞2着⇒こぶし賞1着⇒フィリーズレビュー1着⇒桜花賞10着オークス1着
・エバーブロッサム
 フラワーC2着⇒フローラS2着オークス2着
・デニムアンドルビー
 フローラS1着オークス3着

過去10年通して言えることは、トライアルの実績があればオークスでは巻き返しが可能となる。
逆に言うと、トライアルで成績を残していない馬はやはり苦しい。
近年のトレンドは、フローラSやフラワーC組が好成績を収めている点に注目したい。
逆に、クイーンCは同じ東京コースでも直結はしていない。
また、それもトールポピーの時代までは桜花賞惨敗組でも、巻き返しの傾向が頻繁に見られたが、それ以降で桜花賞から巻き返したのはメイショウマンボだけとなる。

今回の出走馬でいうと、減点組は、①ベッラレジーナ、②ディルガ、③マイネオーラム、④ペイシャフェリス、⑦シャイニーガール、⑪マーブルカテドラル、⑬ニシノアカツキ、⑮マジックタイム、⑯クリスマス、⑱エリーザベスト、と考える。


■血統
サンデーサイレンス直仔の産駒が多く活躍している。
特にディープインパクト産駒、ゼンノロブロイ産駒、マンハッタンカフェ、スズカマンボ、デュランダル、スペシャルウィークなど。
その他はDeputyMinisterやCaroも好走歴が多い。
・Nijinsky
 メイショウマンボ:9.38% 4 x 5
 ブエナビスタ:18.75% 4 x 3、母父の父
 レッドデザイア:母父の父
 ベッラレイア:母父の父
 ラブカーナ:母父の父
 アサヒライジング
 シーザリオ
・Nureyev
 デニムアンドルビー:15.63% 5 x 3
 ヴィルシーナ:母の母父
 ピュアプリーゼ:母父の父
 フサイチパンドラ:母父
 トールポピー:父の母父

大幅な減点は、⑦シャイニーガール、⑪マーブルカテドラル、⑫マイネレグウィル、⑭ブランネージュ、⑮マジックタイム、⑰フォーエバーモアの5頭。
また、①ベッラレジーナ、②ディルガ、③マイネオーラム、⑬ニシノアカツキ、⑯クリスマスも減点したいがNijinskyやDeputyMinisterの血統を持っている5頭は完全否定できない面がある。


■珍データ:
・馬体重
 432kg=[0-2-2-1]
 456kg=[2-0-1-3]
 460kg=[2-2-0-5]


■予想
◎ ⑩ハープスター
〇 ⑧サングレアル
▲ ⑤バウンスシャッセ
△ ⑥パシフィックギャル
× ⑭ブランネージュ、⑰フォーエバーモア




中央競馬 ブログランキングへ