混戦富士S。

本命は、1枠で先行力もあるキングズオブザサン
皐月賞(15着)までは、中山芝2000mに拘っていた。また、位置取りも後ろからというスタンスだった。
しかし、NHKマイルCで先行し、3着と結果を出し、路線を切り替えた。
休み明けの前走は京成杯AHでも4着と結果を出した。
蛯名騎手+内枠+マイル+先行+54kgと勝つ材料は揃った。


対抗は、ミトラ
東京マイル戦が得意のシンボリクリスエス産駒。
前走京成杯AHでは56kgのハンデで、3着と結果を出した。
位置取りも、先行できるだけに今の東京には合っている。


単穴は、ダノンシャーク
昨年のマイルCS3着馬。
安田記念でも4着。
前走関屋記念では58kgを背負ながらクラレントの2着(0.2秒差)。
今回は57kg。
7枠なので割引。

他に気になる馬としては、ブレイズアトレイルとステファノス。

ブレイズアトレイルはGⅢレベルであれば大崩れせず、勝ち馬との差も0.2秒以内が多い。
さすがに高速馬場だと厳しいかもしれないが、安定感はある。

ステファノスは、母父クロフネが◎評価。
東京マイルも期待できそう。
また、斤量54kgも魅力。
当日本命にする可能性あり。

ロサギガンティアは後ろから行く癖が治らないと厳しいか。
また、56kgも3歳馬なので、マイナス。
インパルスヒーローは骨折後、能力が発揮できてない。