本命アルタイル
カネヒキリ産駒。
フジキセキ産駒やVice Regent系の馬がよく走る東京ダート1600m。
カネヒキリはどちらもそれらの血統を含み、自身も同コースでフェブラリーSやユニコーンSで優勝している。
アルタイルは、前走青竜Sで2着。
アキトクレッセントを捉えたところで、ノンコノユメに差された。
昇竜Sではアキトクレッセントに敗れたが、東京ダート1600mならこちらのほうが強いか。
青竜Sは蛯名騎手だったが、、松岡騎手に戻る。

対抗は、ゴールデンバローズ
前走は海外のUAEダービー3着。
立派だ。
帰国初戦は一流の馬でも力を出し切るのは厳しいため、評価を下げる。
騎手は戸崎騎手に戻る。
2走前のヒヤシンスSではイーデンホールに0.6秒勝ち。
タイム差以上に、力の差は大きいように見えた。
東京ダート1600mは3戦全勝中。

単穴はダイワインパルス
1枠で内枠過ぎたのは残念。
ヴァーミリアン産駒。
前走500万下で強い勝ち方をしたが、マイルは短そうにも見えた。


他はアキトクレッセントとノンコノユメ。