第11回ヴィクトリアマイルの予想です。

本命はショウナンパンドラ
第35回ジャパンカップ優勝馬。
今回はその時と同じ7枠⑮番
第60回産経大阪杯3着を経て、ここへ挑む。
2015年の第10回ヴィクトリアマイルでは、
見せ場なく8着だったが、大外8枠17番で
極端な先行有利の馬場でもあったことから、度外視でいい。
血統的にフレンチデピュティを含むため、
東京マイルの適性はかなり高いはず。

対抗は、ストレイトガール
第10回ヴィクトリアマイル優勝馬。
7歳牝馬だが、衰えはあるかどうかは不明。
第59回阪神牝馬S9着からのローテだが、
昨年も第45回高松宮記念13着から
ヴィクトリアM1着となったように
前走実績はあてにならない。


単穴は、中穴狙いでトーセンビクトリー。
東京マイルが得意な内田騎手。
第8回ヴィクトリアマイル、
第9回ヴィクトリアマイルと
2回連続でヴィルシーナを優勝に導いた。
シングウィズジョイの除外で繰り上がり出走権を手にした。
第33回ローズSや第20回秋華賞のタイム差を見ると
差ほど上位との差はないはず。
幸運を生かして。
母はトゥザビクトリーという良血。
4歳という点はプラス。

連下は、シュンドルボン。
第34回中山牝馬Sではルージュバックを破り、1着。
第40回エリザベス女王杯では0.2秒差の7着があり、
実力は遜色ないはず。


ミッキークイーンやレッツゴードンキも4歳牝馬で、
GⅠ勝ち組なので侮れないのは確か。
 
東京新聞杯と阪神牝馬Sを連勝したスマートレイアーも驚異。



予想が揺らいでいますが、
絞れたら馬券公開予定です。