中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

東京芝1600m

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

第11回ヴィクトリアマイル予想~本命ショウナンパンドラ中穴狙いでシュンドルボン、トーセンビクトリー

第11回ヴィクトリアマイルの予想です。

本命はショウナンパンドラ
第35回ジャパンカップ優勝馬。
今回はその時と同じ7枠⑮番
第60回産経大阪杯3着を経て、ここへ挑む。
2015年の第10回ヴィクトリアマイルでは、
見せ場なく8着だったが、大外8枠17番で
極端な先行有利の馬場でもあったことから、度外視でいい。
血統的にフレンチデピュティを含むため、
東京マイルの適性はかなり高いはず。

対抗は、ストレイトガール
第10回ヴィクトリアマイル優勝馬。
7歳牝馬だが、衰えはあるかどうかは不明。
第59回阪神牝馬S9着からのローテだが、
昨年も第45回高松宮記念13着から
ヴィクトリアM1着となったように
前走実績はあてにならない。


単穴は、中穴狙いでトーセンビクトリー。
東京マイルが得意な内田騎手。
第8回ヴィクトリアマイル、
第9回ヴィクトリアマイルと
2回連続でヴィルシーナを優勝に導いた。
シングウィズジョイの除外で繰り上がり出走権を手にした。
第33回ローズSや第20回秋華賞のタイム差を見ると
差ほど上位との差はないはず。
幸運を生かして。
母はトゥザビクトリーという良血。
4歳という点はプラス。

連下は、シュンドルボン。
第34回中山牝馬Sではルージュバックを破り、1着。
第40回エリザベス女王杯では0.2秒差の7着があり、
実力は遜色ないはず。


ミッキークイーンやレッツゴードンキも4歳牝馬で、
GⅠ勝ち組なので侮れないのは確か。
 
東京新聞杯と阪神牝馬Sを連勝したスマートレイアーも驚異。



予想が揺らいでいますが、
絞れたら馬券公開予定です。

 

第11回ヴィクトリアマイル予想〜購入馬券公開

7枠15番ショウナンパンドラ軸で
変則フォーメーション
VictoriaMile



画像誤ってアップしたのて、差し替えています。

第21回NHKマイルC予想〜馬券公開三連複8点

image

第21回NHKマイルC予想~本命メジャーエンブレム対抗シャドウアプローチで中穴狙い

第21回NHKマイルCの予想です。

本命は、メジャーエンブレム
過去にNHKマイルCで活躍したカレンブラックヒルや、
フラムドグロワールと同じダイワメジャー産駒。
内枠ばかりだが、今回も2枠と絶好の枠。
外に因縁の戸崎騎手がいるが、さすがに今回は
戸崎騎手が有力馬の一頭イモータルに騎乗するため、
潰しに来ることはなく、楽逃げが予想される。
ルメール騎手の東京マイル戦の成績も◎。

対抗は、シャドウアプローチ
前走、朝日杯FS3着。
レース間隔は空いたが、須貝厩舎は調整方法を
熟知しているので、さほど問題ないだろう。
ただ、血統や実績的にダービーを見据えている
ローテーションかもしれず、その点はかなり不安。
父ジャングルポケットは東京1,600mは得意でないものの、
母父フレンチデピュティは東京1,600mは脅威の一言。


単穴は、ブレイブスマッシュ
トーセンファントム産駒(父ネオユニヴァース×母父トニービン)で、
東京マイル戦は得意な方。
横山典騎手もこのレース得意で、不気味。
いつも通り広報待機で追い込みに賭ける戦法ばかりとは限らないだろう。
ファルコンS2着だが、距離が少し短かった。
また、中山で京成杯とホープフルSに出走し、それぞれ12着と7着だったが、
これはコース適性と距離適性がなかっただけだろう。
サウジアラビアRCで1着となっているように、
本質は東京マイルと2,400mが一番適しているのだろう。


連下はティソーナ
M.デムーロ騎手が騎乗する。
騎手だけでなく血統も後押しする。
というのも、
また、母父シンボリクリスエスという点もこのコースでは〇。
実績や臨戦過程は評価しづらい。
前走はマーガレットS1着で、目立った成績はこの程度。
また、このレースから大成した馬はほとんどいない点は不安。

第65回安田記念購入馬券

image

image

image

第65回安田記念予想~本命リアルインパクトで中穴狙い

本命はリアルインパクト
第61回安田記念優勝馬。
第62回安田記念は6着だったが、2枠->2枠->4枠->1枠->1枠という着順の中、7枠ながら奮闘した。
第64回安田記念は不良馬場が合わず、13着惨敗。
今回は5枠9番だけにチャンスは十分。
リピーターが多いレースだけに期待できる。
ローテーションは、第9回阪神C1着の後、オーストラリアへの遠征で、GⅠに出走。
ジョージライダーSで優勝した後、ドンカスターマイルで2着となる、ここへ駒を進める。
内田騎手というのも安田記念では心強いだろう。

対抗はダノンシャーク
岩田騎手で第31回マイルチャンピオンシップを制した。
ダノンシャークは、第63回安田記念3着、第64回安田記念4着とコース適性は高い。
1枠ということでやや内過ぎるという印象はあるものの、外枠よりはマシか。
前走は阪急杯で5着。
これは2014年のローテーションと同じだ。

単穴はミッキーアイル
第59回阪急杯2着⇒第45回高松宮記念3着と好調。
特に高松宮記念では、8枠だったにも関わらず、先行して粘った3着。
パワーのいる中京コースの稍重の馬場で残ったことは評価できる。
また、今では逃げずとも勝負できるようになったことが強み。
コース実績としては、第64回安田記念16着がある。
3歳馬としてチャレンジしたが、不良馬場の影響もあったのだろう。
但し、第19回NHKマイルC優勝という実績もあるため、侮る勿れ。

連下はサクラゴスペル
第63回安田記念で5着という隠れた健闘実績が光る。
2013年秋から低迷していたが、2015年に入り第10回オーシャンSを勝利し、復活。
高松宮記念8着をはさみ、前走の京王杯SCでは良血馬ヴァンセンヌを破り、優勝した。
好調。
騎手は横山典騎手。
4枠もまあまあ良い。

第10回ヴィクトリアマイル予想~本命ヌーヴォレコルト。中穴狙いはスイートサルサ、ヴィルシーナ

本命はヌーヴォレコルト
第89回中山記念で1着。
皐月賞馬ロゴタイプ・イスラボニータを下した。
昨年秋は第32回ローズS1着後、
秋華賞2着⇒エリザベス女王杯2着と
優勝にわずかに手が届かなかったが、
牝馬の中ではトップクラスの実力を持つ。
東京コースでは、優駿牝馬1着以外に、未勝利戦で勝っている。
ハーツクライ産駒なので、東京マイルはやや距離が短いか。

対抗は、スイートサルサ
中穴狙い。
東京芝1600mでの適性はかなり高いデュランダル産駒。
母父もDanzigなのでこのコースであればGⅠでも期待できる。
前走も決して得意でない福島コースでの福島牝馬Sで1着。
得意の東京コースでは、府中牝馬Sで3着と6着、
クイーンCでも2着という実績があり、血統に見合った成績を残している。
その他、第52回愛知杯でもディアドレマドレから0.3秒差の3着。
現役の牝馬の中でもトップクラスにいるといえるだろう。

単穴は、カフェブリリアント
過去8回馬券に絡んでいる1枠
ブライアンズタイム産駒だけに東京実績はさほど良くないが、
それでもRoberto系としては、タニノギムレット産駒のウオッカや
ニシノブルームーンがこのレースで活躍している。
前走は阪神牝馬Sで1着で3連勝を果たした。
その調子を持続していたいところだが、
マイナス体重で出走していたことから、
余力があるかどうかは気になるところ。

連下はショウナンパンドラ
第19回秋華賞1着馬。
第39回エリザベス女王杯は6着。
母父がフレンチデピュティでコース適性はある。
後方一気というタイプでもないので、
早い段階で中断に取り付きたい。
今年初戦となった前走はGⅡ産経大阪杯を選択し、9着。
不良馬場やプラス体重から見て度外視でいいだろう。
8枠でも3着以内なら十分可能性あり。

メイショウマンボ。
第74回優駿牝馬1着、第9回ヴィクトリアマイル2着馬。
リピーターの多いヴィクトリアマイルだけに、今年もデータ的は可能性あり。
ただ、近走は不振。
着順以上にタイム差も開いており、
牝馬限定レースでも、
第39回エリザベス女王杯12着(1.0秒差)、
第58回阪神牝馬S13着(1.0秒差)、
と巻き返しは厳しいように思われる。


となると、
他は実力が1枚抜けているディアデラマドレ、
1枠で秋華賞3着、ローズS2着のタガノエトワール、
復活しつつあるGⅠ馬レッドリヴェール。
ここまで。

第20回NHKマイルC予想~本命クラリティスカイ

本命はクラリティスカイ
4枠。
父クロフネ×母父スペシャルウィーク。
フレンチデピュティの血統を持つ馬は、
本レースで活躍したインパルスヒーロー、
マイネルホウオウなど、東京マイルが大得意。
また、第75回皐月賞で5着というクラシックの成績も光る。
その皐月賞では、内枠の馬で上位を占める中、
8枠から逃げて5着だったというだけに、力はある。
皐月賞や弥生賞より上の着順は狙える。
また、他にも、第66回朝日杯FSでも3着だった。
但し、皐月賞からのローテーションだと過去10年で1着はなし。
騎手は引き続き横山騎手というのは心強い。

対抗はアルマワイオリ
5枠は〇。
第66回朝日杯FSでは14番人気ながら2着。
その後も、
第24回アーリントンC2着⇒第33回NZT3着と安定感はある。
マツリダゴッホ産駒で大舞台に強そうなのは〇。
ただ、東京芝1600mのコース適性は高くない。
騎手は引き続き勝浦騎手なのは〇。

単穴はアヴニールマルシェ
1枠。
内枠すぎるせいか、過去10年で1着がない枠だが、
第19回NHKマイルCではタガノブルグと、
キングズオブザサンの2頭が2着、3着だった。
その他、リアルインパクト、ダイワバーバリアンなどが
馬券になっているため、プラス評価とする。
第49回共同通信杯では5着に敗れたものの、
第19回東スポ杯2歳S2着や、第34回新潟2歳S2着がある。
北村騎手もまぁ信用してもいいかと思う。
ディープインパクト産駒も評価は高いが、
母父のフレンチデピュティがやはり個人的に高評価。

連下はヤマカツエース。
第33回NZT1着馬。
第29回ファルコンSは3着だが、タガノアガザルとタイム差はなし。
第24回アーリントンCでは6着と掲示板を外したものの、
1着のヤングマンパワーからは0.2秒差だった。
池添騎手。
キングカメハメハ産駒。


実績では、
ファルコンS1着のタガノアザガル、
シンザン記念1着のグァンチャーレ、
アーリントンC1着のヤングマンパワーにも注目。

他は、血統的に8枠のマテンロウハピネス、ニシノラッシュにも注意。

クイーンC予想~本命ロッカフラベイビー

本命はロッカフラベイビー
ひいらぎ賞3着馬だが、稍重の馬場の中、よく伸びてきた。
キャットコインには敗れはしたが、向こうはステイゴールド産駒。
東京コースになり、良馬場に戻れば、優位。
父キングカメハメハで、母父はジャングルポケット産駒。
クイーンCでは、母父はジャングルポケット産駒が強い。
2枠はやや内枠過ぎるが、スマートプラネットの逃げを追走することができる。

対抗は
続きを読む

東京新聞杯予想~本命シャイニープリンスで中穴狙い。

本命は、シャイニープリンス
東京芝1600mでは[1-1-1-3]。
富士Sでは2年連続馬券に絡んでおり、
第16回富士Sで3着、第17回富士Sで2着。
オープンのキャピタルSでこそ4着だったものの、
8枠が響いたのと、富士Sより、キャピタルSのほうが
メンバーが揃いすぎていたため。
 キャピタルSでは、
 シェルビー、ロサギガンティア、リアルインパクト、マイネルメリエンダ、
 エールブリーズ、アーデント、コスモソーンパークなどが出走していた。
 リアルインパクトはこの後、重賞勝ちし、
 マイネルメリエンダは京都金杯で3着。
 コスモソーンパークもニューイヤーSで1着。
 アーデントはリゲルS1着。

後藤騎手に乗り替わるが問題ないだろう。


対抗はエキストラエンド
前走、第53回京都金杯では絶好の内枠を生かせず2着に終わった。
第65回東京新聞杯2着。
第16回富士S5着でシャイニープリンスに負けていることからも
東京のマイル戦が得意というわけではない。
ただ、リピーターが好走するレースというだけに抑えておきたい。
福永騎手からの乗り替わりは◎。


単穴はタガノグランパ
最近やたら活躍中のキングカメハメハ産駒。
マイルCS以来のレースだが、休み明けも問題ない。
直線の長いコースは得意で、第81回東京優駿4着をはじめ、
アーリントンC2着、ファルコンS1着と結果を残していることから、
東京芝1600mも問題ない。
騎手もそのまま菱田騎手で期待できる。


フルーキーとヴァンセンヌ、マイネルメリエンダも外せないが、点数を絞るためには切りたい。
3連単、3連複の場合は、サトノギャラントも。


【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ