中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

東京芝2000m

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

天皇賞秋予想~本命アンビシャス

本命アンビシャス
騎手は横山典騎手。
乗り代わりになるのはマイナスだし、ある程度ポツンの覚悟も必要。
だがGⅠともなるとやはり信頼度は高い。
アンビシャスは、第67回毎日王冠でルージュバックの2着馬。
ルージュバックは斤量54kgだったが、アンビシャスは57kg。
今回は、ルージュバックは+2kgで56kgだったが、
アンビシャスは+1kgで57kgと、斤量差が縮まる。
確かにルージュバックは強いが、中山牝馬S、ヴィクトリアMの戦績と、
エプソムCのメンバーレベルを考えると、少々疑問符。
「4歳馬の成長力」は怖いが、それならアンビシャスのほうが上。
第90回中山記念でドゥラメンテとタイム差なしの2着、
第60回産経大阪杯ではキタサンブラックに勝利している。

対抗はモーリス
マイルでは圧巻のGⅠ4連勝。
その実績をひっさげ臨んだ第52回札幌記念で2着。 
1着がネオリアリズムだったが、小回り+洋芝+稍重で、
ブエナビスタもヤマニンンキングリーに負けたコースなので、
それを考えれば悲観しなくてよい。
東京コースのほうがパフォーマンスを上げてくることは間違いない。
また、スクリーンヒーロー自身も天皇賞2着、JC1着、アルゼンチン共和国杯1着があり、
東京 コースを得意としていることから、モーリスも期待がかかる。


単穴はラブリーデイ
リピーターが多い天皇賞秋。
今年はこのラブリーデイがリピーターの第一候補。
今年は臨戦過程と戦績で目立ったものは残せていなかったが、
前走の第51回京都大賞典では1着は1枠のキタサンブラックに対し、
ラブリーデイは8枠で、0.1秒差の3着だった。 
この差を考慮すれば 能力的にはまだ一発あると考える。
今回、枠も大外と運もないが、15頭立てと、コース適性を考えると馬券内は十分ある。

プリンシパルS予想~本命は中穴狙いでマイネルラフレシア

プリンシパルSの予想です。

本命はマイネルラフレシア
中穴狙い。
2歳時の実績は高く、東スポ杯2歳Sで3着、アイビーS1着がある。
アイビーSでは朝日杯FS4着やUAEダービー3着となったユウチェンジに勝利している。
ここ2走は若葉S6着、京成杯10着といいところなしだが、
東京へのコース変わりと、馬体重が安定し、状態が整えば一発あってもおかしくない。
ジャングルポケット産駒で、母父はダンスインザダーク。


対抗はプランスシャルマン
マイネルラフレシア同様にジャングルポケット産駒。
前走スプリングS4着や、百日草特別1着を評価。
引き続き内田騎手が騎乗する点は心強い。
また、新馬戦でメジャーエンブレム、
芙蓉Sでプロディガルサンなどの強敵と戦ってきた実績も評価。

単穴はヒルノマゼラン。
一貫して古川騎手が騎乗しており、応援したくなる。
目立った成績はないが、安定感は高く、掲示板を外したアーリントンC(6着)でもタイム差は0.1秒差でまとめている。
マンハッタンカフェ産駒にこのコースはあまり期待できないが、
母父ブライアンズタイムの血でカバーする。

連下はショパン。
エアグルーヴ産駒の良血馬。
と同時にコース成績が良く、血統面だけであれば期待度は高。
基本的にエアグルーヴの仔は遅咲きだが、そろそろ弾けてもいいはず。
まだ3戦目で実績は浅いが、外枠の分、不安なく走れるかもしれない。
デムーロ騎手が騎乗する分、期待度は上昇。


 

フローラS予想〜公開馬券

image


Robert系の血統や、
メイショウサムソン産駒が
相性が良いらしいですね。

フローラSプレ予想~本命クロコスミアで中穴狙い

フローラSのプレ予想。

本命はクロコスミア
東京芝2000mで好走するステイゴールド産駒。 
第50回札幌2歳Sで3着や、
第4回アルテミスSで3着がある。
中穴狙い。

対抗はフロンテアクイーン。
第51回クイーンCでメジャーエンブレムに5馬身差離された2着だったが、
他には菜の花賞2着などもある。
今回は、距離が2000mに伸びたが、その分プラス要素は大きい。

クィーンズベストも有力か。


プリンシパルS予想~本命オメガゴールドレイ

本命はオメガゴールドレイ
2014年、2013年と2連勝中の6枠。
2走前のすみれSでは見せ場なく5着。
前走はなみずき賞では、サトノラーゼンに
2馬身差で負けたが2着。
そのサトノラーゼンは、皐月賞3着のキタサンブラックや
青葉賞勝ちのレーヴミストラル、その他には、
アルバートドックなどといい勝負をしており、
はなみずき賞のレベルは決して低くはなかったと思う。
騎手は、M.デムーロ騎手から横山典騎手に乗り替わる。

対抗は、アンビシャス
本レースでは過去10年ほど馬券になっていない8枠。
ただ、実力は本レースNo.1で、
第49回共同通信杯3着、第62回毎日杯3着、
という実績が光る。
ディープインパクト産駒で、コースとの相性も割と良い。
騎手は、C.ルメール。
外枠と距離延長がどう影響するか。

他は、オールマリンバーと、フォワードカフェ、ダッシングブレイズらを絡めて馬券を組み立てる。

白富士S予想~本命スーパームーン

本命はスーパームーン
東京は金曜、雪、雨が降り、馬場が湿り具合。
少々力がいる馬場になっている可能性はある。
そこはブライアンズタイム産駒。
広く直線の長いコースで、力がいる馬場ならこの馬に利があるだろう。
東京芝2000mではアイルランドSでエイシンヒカリの3着で敗れたレースがある。
ただ前走はGⅡアルゼンチン共和国杯で3着と好走。


対抗は、エックスマーク。
アイルランドTではスーパームーンに先着し2着。
アンドロメダSでも2着があり、芝2000mでは安定感が光る。
ディープインパクト産駒で少々重い馬場も気にしない。
新潟記念や鳴尾記念でも堅実に走り、安定感は高い。

単穴はクランモンタナ。
母エアトゥーレの子供で長い直線はお手のもの。
父もディープインパクト産駒でコース適性は非常に高い。
同じ左回り芝2000mで行われる新潟記念で2着がある。
突き抜ける可能性も。

天皇賞秋予想~本命フェノーメノ

本命はフェノーメノ
春天から秋天直行はあまりよくないが、休み明けを苦にしないタイプだけに問題ない。
ちなみに休み明けでいうと、第66回セントライト記念1着、第61回日経賞1着、第62回日経賞5着と悪くはない。
秋天は、第146回天皇賞秋で2着がある。
その他、東京コースの成績は、第19回青葉賞1着、第79回東京優駿2着、第32回ジャパンカップ5着がある。

対抗は、イスラボニータ
7枠だが、実はそこまで縁起の悪い枠ではない。
第68回セントライト記念1着馬。
また、第81回東京優駿2着馬。
 【東京優駿2着⇒セントライト記念1着⇒天皇賞秋】
のローテーションはフェノーメノの3歳時と同じ。
そのフェノーメノが3歳時に出走した第146回天皇賞秋の成績は2着。
なので、イスラボニータも2着狙い。

単穴は、迷うがジェンティルドンナ
雨はやや不安だが、内枠を行かせられれば、勝機はある。
ただ、目標は次のジャパンカップという噂もありどこまで仕上がっているか。

ちなみに、
先ほどイスラボニータのところで引き合いに出した、第146回天皇賞秋では3着がルーラーシップだった。
ルーラーシップは、秋天前のローテーションは、
 【海外のクイーンエリザベス2世カップ優勝⇒宝塚記念2着⇒第146回天皇賞秋3着】
だった。
今回のジェンティルドンナも、
 【海外のドバイシーマクラシック優勝⇒宝塚記念9着⇒第146回天皇賞秋〇着】
というローテーション。
酷似しているわけではないが気にはなる。

なので、
フェノーメノイスラボニータジェンティルドンナ
という線は押さえておきたい。



あれ、第146回天皇賞秋では、今回のフェノーメノ同様に、春天から秋天に直行した馬がいる。
その馬は第146回秋天で13着に敗れている・・・・。
   フェノーメノにも黄色信号か??あれ・・・・・

第146回秋天で優勝したのはエイシンフラッシュ。
毎日王冠9着からの優勝だった。
今回のメンバーでいえば、毎日王冠9着はペルーサ。

確かにペルーサも東京コースは強い。
第142回天皇賞秋2着、第144回天皇賞秋3着と衰えはあるものの怖い。
過度な期待はもちろんしないが、プロ野球で優勝したソフトバンクのカラー[黄色白色]の黄色の枠に入ったのも、少し気になる。



アイルランドT予想~本命エイシンヒカリ

本命は4連勝中のエイシンヒカリ。
騎手は横山典騎手に乗り替わり。
3歳馬なので54kgという斤量差も大きい。
準OPでも危なげなく2馬身差を付けて完勝したため、今回も期待。
さすがに、今回は重賞でも善戦している馬もいるため、甘くはないだろうが、少数頭のレースで内枠ゲットと来たなら勝っておきたい。

対抗はアロマカフェ。
第50回新潟記念では5着。
東京芝2000mは得意で、[1-2-1-3]。
特に、2014年の白富士Sではエアソミュールの0.3秒差の2着もある。


単穴は、中穴狙いでエックスマーク。
前走の第50回新潟記念ではマーティンボロの0.5秒差の8着。
2走前の第67回鳴尾記念では第65回毎日王冠を制したエアソミュールの0.3秒差の6着。
蛯名騎手への乗り替わりで一変を期待したい。

プリンシパルS予想~本命キネオペガサス穴メイクアップ

image
本命は、キネオペガサスとする。

前走、山藤賞で2着に0.4秒差をつけて勝利。
過去、山藤賞からのローテーションでは、サムソンズプライド、ミエノワンダー、ゴールデンダリアなどがいる、相性のいいローテーション。
特に、未勝利⇒山藤賞⇒プリンシパルSのローテーションは、サムソンズプライドと同じ。
但し、7枠は、やや外目なので、その点は評価を下げたい。


対抗は、ベルキャニオンか。
圧倒的な人気を誇り、ローテーションも皐月賞からと申し分ない。
過去には、カフナ、ベンチャーナイン、アントニオバローズが挑んだローテーション。
戸崎騎手に乗り替わり、勝負気配がうかがえる。
頭まで十分にある。
また、6枠も過去10年で2勝を挙げている枠となる。


他は、3枠ファーガソン、4枠メイクアップ、同4枠アンヴェイルドには要注意。
3枠と4枠も過去10年で各2勝を挙げている枠。
特に4枠は2勝で3着以内も3頭来ている。

ファーガソンは、ヒルノダムールの全弟。
青葉賞では10着と散々だったが、タイム差は0.4秒であることと、騎手が武士沢騎手であったことを考えるとある意味仕方ない。
上がりのタイムは33.8秒と、いい脚を持っているだけに位置取りさえ後ろになり過ぎないことと、3枠を生かせられれば。
また、ヒルノダムールの成績から、若駒S、若葉S、皐月賞、札幌記念、大阪杯などを見る限り、ベストパフォーマンスは2000mで出していたことから、ファーガソンにとっても、2000mに戻ることはプラスであるに違いない。


参考:
http://blackemblem.ldblog.jp/archives/cat_1194273.html



中央競馬 ブログランキングへ

近年の3着内馬から見るプリンシパルSの傾向

1着馬のみ東京優駿への優先出走権が与えられるプリンシパルS。
このレースをステップとして、東京優駿を制した馬はまだおらず、ダンスインザダークの2着が最高。

今年も、ここを勝って、本番の東京優駿で暴れそうな馬は特におらず、登録馬を見る限り、このレースの勝敗も混沌としている状態か。


■ローテーション
近年の3着内馬から傾向を見てみると、
関東馬は、山藤賞からのローテーションが良さそう。
⇒キネオペガサス、アンヴェイルド

関西馬は、毎日杯からのローテーションが良さそう。
⇒リーゼントロック

また、GⅠ皐月賞や、その他の3月以降に行われた重賞で負けた馬の巻き返しもあるが、前走は1800m以上のレースに出走していることが望ましい。
⇒ファーガソン、ベルキャニオン

アルマエルナトやウインフェニックスは実績としては高いものの、NZT組は、過去7年ほど遡っても、上位3着に来ておらず、ローテーション的には強くは推せない。

■血統
血統的には、ディープインパクト産駒もいいが、よりパワー寄りの血統のほうが適性は高そう。

■枠
過去10年で、
・5枠が3勝
・3枠、4枠、6枠は2勝
・8枠は3着がわずか2回で、優勝は0回
・1枠の優勝は0回。
・2枠は5頭連対あり
・4枠は2勝で3着以内も3頭来ている。

■ペース配分
過去10年で、2008年ベンチャーナインが優勝した時くらいしか、前傾ラップになっておらず、基本的には後継ラップとなり、前残り傾向が強いレースともいえる。


================
サムソンズプライド
・逃げ
・前走:山藤賞(500万下)
・前走:中山芝2000m
・メイショウサムソン産駒

ミエノワンダー
・前走:山藤賞(500万下)
・前走:中山芝2000m
・グラスワンダー産駒

マジェスティハーツ
・前走:はなみずき賞(500万下)
・前走:阪神芝1800m
・ハーツクライ産駒

スピルバーグ
・前走:毎日杯(GⅢ)
・前走:阪神芝1800m
・ディープインパクト産駒

ローレルブレット
・前走:ファルコンS(GⅢ)
・前走:中京芝1400m
・サムライハート産駒

アルキメデス
・前走:3歳500万下
・前走:京都芝1600m
・アドマイヤムーン産駒

トーセンレーヴ
・前走:青葉賞(GⅡ)
・前走:東京芝2400m
・ディープインパクト産駒

ムーンリットレイク
・前走:3歳未勝利
・前走:阪神芝1600m
・ディープインパクト産駒

カフナ
・前走:皐月賞(GⅠ)
・前走:中山芝2000m
・キングカメハメハ産駒

ルーラーシップ
・前走:毎日杯(GⅢ)
・前走:阪神芝1800m
・キングカメハメハ産駒

クオークスター
・前走:3歳500万下
・前走:中山芝1800m
・アグネスタキオン産駒

バシレウス
・スプリングS(GⅡ)
・前走:中山芝1800m
・キングヘイロー産駒

ケイアイライジン
・前走:弥生賞(GⅠ)
・前走:中山芝2000m
・ケイムホーム産駒

アントニオバローズ
・前走:皐月賞(GⅠ)
・前走:中山芝2000m
・マンハッタンカフェ産駒

ヒカルマイステージ
・前走:新緑賞
・前走:東京芝2300m
・アグネスタキオン産駒

ベンチャーナイン
・前走:皐月賞(GⅠ)
・前走:中山芝2000m
・エイシンサンディ産駒

ヤマニンキングリー
・前走:毎日杯(GⅢ)
・前走:阪神芝1800m
・アグネスデジタル産駒

ゴールデンダリア
・前走:山藤賞(500万下)
・前走:中山芝2000m
・フジキセキ産駒

プラテアード
・前走:3歳500万下
・前走:東京芝1800m
・Silver Deputy産駒



中央競馬 ブログランキングへ
【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ