中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

東京芝1800m

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

メイS予想〜本命テイエムイナズマ中穴狙いはメドウラーク

メイS予想です。

本命はテイエムイナズマ。
第47回デイリー杯2歳Sを勝つなど、
若駒の時から実力があった。
一時期スランプがあったが、
ここに来て大阪城S1着、六甲S2着と、
ようやくオープンでも勝ち負けができるようになった。
騎手は古川騎手のまま。


対抗は
中穴狙いでメドウラーク。
第52回中日新聞杯7着。
父はタニ丿ギムレットで、母父は、クロフネ。
母の母はトゥザビクトリー。
なので、東京コースでも力を発揮できるだろう。


単穴はカムフィー。
中穴狙い。
距離短縮をして来た点は評価できる。
スピードに戸惑うかもしれないが、
東京芝1800mでのダンスインザダーク産駒は怖い。


ゼロスも注意したい。


スイートピーS予想〜中穴狙いで本命ギモーヴ

スイートピーSの予想です。
中穴狙いで本命はギモーヴ

フラワーC4着馬。
ハービンジャー産駒で、東京芝1800mには十分対応可能。
母はヒカルアマランサスで、その父はアグネスタキオン。
底力と、スピードがあり、中山コースよりもパフォーマンスを上げられるだろう。
また2000mよりは1800mのほうが良いだろう。


騎手が乗り代わりで石川騎手となるが、不安。

エプソムC結果

エプソムCはエイシンヒカリが初重賞制覇。
馬券も初めて当たった気がする。

ほぼ拮抗する実力なら、血統がものをいう。

今回は、1着エイシンヒカリ、2着サトノアラジンともに、
ディープインパクト産駒に、母父Storm Cat。
それだけではないが、東京芝1800mに向いた血統を含んでいた。

ディサイファも東京芝1800mは向いていたし、ヒラボクディープも同様。
あとは、実力の差で着順が決まった。


1着エイシンヒカリ、2着サトノアラジンは、秋に向けて、いい締めくくりができたのでは。

image



エプソムC予想~中穴狙い購入馬券

image

エプソムC予想~本命サトノアラジン中穴狙いはユールシンギング

本命はサトノアラジン
前走、モンゴル大統領賞でハンデ55kgだったとはいえ、大外18番から追い込んで優勝。
力の違いを見せつけた。
これでC.ルメール騎手に乗り替わって2連勝。
今回も引き続きC.ルメール騎手なので期待できる。
血統は、ディープインパクト産駒×母父Storm Cat。
エプソムCが行われる東京芝1800mでもこの血統は強い。
さらに母系にNijinskyを含み、余計にこのコース適性を際立たせているのではないか。
コース実績としては、東スポ2歳S5着、第48回共同通信杯3着などがある。
今回の位置取りは、2枠だけに最後方ということはないが、エイシンヒカリがおり、速くなる展開を考えれば優位だろう。

対抗はディサイファ
第31回エプソムC優勝馬。
また、第51回中日新聞杯でも1着となっている。
その他、東京コースでは、第150回天皇賞秋で12着(0.6秒差)。
第65回毎日王冠で4着。(0.1秒差)。
内枠スタートで、直線の長い左回りコースに実績がある。
今回は8枠ということでやや評価を下げている。
騎手は引き続き四位騎手。

単穴は、ユールシンギング
母父スペシャルウィークはNijinskyの血統を含み、このコースでの相性はよい。
実際にこの馬も東京芝1800mの成績は、[1-2-1-0]。
一時期、絶不調だったが、吉田隼人騎手に乗り替わった前走、第37回新潟大賞典9着と、変わり身を見せた。
今回も吉田隼人騎手で期待はできる。
勝てるだけの実力と血統。

連下はヒラボクディープ
第20回青葉賞優勝馬。
エイシンヒカリやサトノアラジントと同じで、ディープインパクト産駒の母父Storm Cat。
さらにGrey Sovereignの血統も持っており、このコースでの適性は高いはず。
長い距離を走らされていて調子を落としていたが、白富士S以降復調気配を見せつつも、コース適性が合わなかった。
また、騎手も固定できなかったのが響いていたが、柴山騎手で2走続けて出走というのは、手が合ったのだろう。


後は、アーデントエイシンヒカリ


モンゴル大統領賞予想~本命エックスマーク中穴狙い

本命はエックスマーク。
蛯名騎手に乗り替わりでチャンスあり。
他の実力馬は外に行き、内枠で労せず先行できそう。
オープンクラスでは実力は高く、また、東京コースも強い。
白富士S2着、アンドロメダS3着などがある。
今回ハンデは56kgと妥当なところ。


他に中穴狙いであれば、ヒラボクディープやファントムライト、ヒュウマあたりか。




共同通信杯予想~本命アヴニールマルシェ

本命はアヴニールマルシェ
今回のメンバーでは、ディープインパクト産駒が
勝率、複勝率など高く、信頼できる。
母父フレンチデピュティもプラス評価。
過去の傾向から3枠が優位である点もプラス評価。
休み明け、という点と、
第34回新潟2歳S2着⇒第19回東スポ杯2歳S2着と
取りこぼしが多い点は気になるのと、
上記の重賞で走った馬が、その後あまり目立っていないことから
レースレベルは若干疑ってかかる必要性がありそう。

対抗は、ソールインパクト
第31回ホープフルS4着。
第55回京成杯4着。
ディープインパクト産駒なので、中山芝2000mではこれが精一杯か。
なので、東京コースに変わることは大きなプラス。
第19回東スポ杯2歳Sでも3着になっている。

単穴は、ドゥラメンテ
アドマイヤグルーヴの仔という良血馬。
セントポーリア賞では2着馬を5馬身突き放す内容。
脅威。

共同通信杯プレ予想~本命アヴニールマルシェ

本命はアヴニールマルシェ
新馬戦勝利後、新潟2歳S2着⇒東スポ杯2歳S2着と、
あと一歩の競馬は続いているが、
実力的にはここでも上位。
東スポ杯2歳Sでは、京成杯4着のソールインパクトに先着しており、
成長していればより楽しみ。

対抗はソールインパクト。
ディープインパクト産駒ながら馬格もよく、
中山コースでも苦にしないタイプ。
ホープフルS⇒京成杯と連続4着と、
やはり中山コースではこれが限界かも。
とはいえ、ここで東京コースへ変わることは、
大きなプラスだろう。

単穴はドゥラメンテ。
母はアドマイヤグルーヴ。
セントポーリア賞で圧勝したものの、
レースがレースだけに全幅の信頼はできない。
そもそもエアグルーヴの血筋は基本的には夏場から伸びる血統。
キングカメハメハ産駒はこのレースとの相性がよくないため、気がかり。
もちろん素質は一級品。

府中牝馬S予想~本命キャトルフィーユ

凱旋門賞に行き、ハープスターに騎乗した川田騎手が京都大賞典を勝ち、ゴールドシップに騎乗した横山騎手がいちょうSを勝った。
後は、ジャスタウェイに騎乗した福永騎手が勝つ順番。
よって、本命は、キャトルフィーユ
枠も絶好の2枠。
芝1800mであれば牝馬の中でも上級クラス。
前走では、第62回クイーンSも1800mのレースで重賞初制覇を果たした。
その他にも、第11回福島牝馬S2着、第32回中山牝馬S2着、第30回ローズS4着、アルメリア賞2着、かもめ島特別1着などがある。


対抗は、スマートレイアー
第18回秋華賞2着馬。第57回阪神牝馬S1着などの実績がある。
ヴィクトリアマイルとクイーンSを見る限り、力関係は、キャトルフィーユのほうが一歩上。


単穴はホエールキャプチャ
第50回札幌記念3着。
1、2着がハープスター→ゴールドシップなので、これは大健闘。
札幌記念から府中牝馬Sというローテーションは昨年と同じ。
その昨年の第61回府中牝馬Sでは優勝しており、今年も衰えもなく、侮れない。
斤量も55kgという点は有利。


連下はスイートサルサ。
第61回府中牝馬Sで3着。


ウリウリは、過去2回の東京と中山の遠征を見る限り、関東遠征は厳しいか。

毎日王冠予想~本命グランデッツァ中穴ダークシャドウ

本命は、グランデッツァ
5月の京都で行われた都大路Sで、1800mのレコードタイム1分43秒9というタイムをたたき出した。
このレースでは、ディサイファを0.9秒差をつけて勝っており、東京コースでも同じ走りができれば、勝ち負けだ。
不良馬場の安田記念や、洋芝で57.5kgを背負った函館記念は度外視でOK。
毎日王冠当日も今のところ雨の気配がなく、期待できる。

対抗するは、ダークシャドウ
7歳馬だが、第31回エプソムCで3着、第50回函館記念を2着と調子が戻ってきた。
エプソムCでは、ディサイファ56kg、マイネルラクリマ57kgに対し、59kgを背負っての3着。
エプソムCでのタイムも1分46秒4を記録しており、自身が第28回エプソムCで記録した1分47秒3を上回るタイムだった。
また、第62回毎日王冠で計時した1分46秒7や第64回毎日王冠で計時した1分47秒1をも上回るタイムで調子は上向きと捉えてよい。

3番手評価はディサイファ
堅実な走りが売りで、前走、第31回エプソムCでようやく重賞初制覇を果たした。
重賞をポンポン勝つようなタイプではなさそうだが、四位騎手が、乗りこなし方をマスターしているようで、開幕週+1枠という条件が優位であることは間違いない。
第31回エプソムCでは、第60回オールカマーを制したマイネルラクリマや、函館記念を2着だったダークシャドウを退けており、ある程度のレースレベルは保っていた重賞だと思われる。

4番手は、スピルバーグ
スピルバーグは、3連勝中。
トーセンラーの弟。
メイSは、ハンデ戦での勝利だったために評価をやや下げているが、東京コースに強みを持っていて、本格はした今なら。

後は、エアソミュール
エアソミュールも、第67回鳴尾記念を制したものの、GⅡとなるとやや不安があるが、今なら通用する。
ジャングルポケット産駒で、東京芝1800mであれば、鳴尾記念よりもコース適性は合うはず。
かなり怖い一頭。

ワールドエース
第45回マイラーズCでは、1分31秒4のレコードタイムで優勝。
続く第64回安田記念でも、5着と評価できる内容だったが、課題はコロコロ変わる騎手と外枠。

ロゴタイプは三浦騎手への乗り替わりはプラスで、スピードのある馬場もあっているが、外枠の分不安。

ダイワマッジョーレ。復活のきっかけさえつかめれば、というところか。

ロサギガンティアは、後方からいくスタイルであれば厳しいと踏んだ。3歳馬ということで斤量の恩恵はあるが、開幕週ではきついか。


【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ