中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

【GⅠ】ヴィクトリアM

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

第11回ヴィクトリアマイル予想~本命ショウナンパンドラ中穴狙いでシュンドルボン、トーセンビクトリー

第11回ヴィクトリアマイルの予想です。

本命はショウナンパンドラ
第35回ジャパンカップ優勝馬。
今回はその時と同じ7枠⑮番
第60回産経大阪杯3着を経て、ここへ挑む。
2015年の第10回ヴィクトリアマイルでは、
見せ場なく8着だったが、大外8枠17番で
極端な先行有利の馬場でもあったことから、度外視でいい。
血統的にフレンチデピュティを含むため、
東京マイルの適性はかなり高いはず。

対抗は、ストレイトガール
第10回ヴィクトリアマイル優勝馬。
7歳牝馬だが、衰えはあるかどうかは不明。
第59回阪神牝馬S9着からのローテだが、
昨年も第45回高松宮記念13着から
ヴィクトリアM1着となったように
前走実績はあてにならない。


単穴は、中穴狙いでトーセンビクトリー。
東京マイルが得意な内田騎手。
第8回ヴィクトリアマイル、
第9回ヴィクトリアマイルと
2回連続でヴィルシーナを優勝に導いた。
シングウィズジョイの除外で繰り上がり出走権を手にした。
第33回ローズSや第20回秋華賞のタイム差を見ると
差ほど上位との差はないはず。
幸運を生かして。
母はトゥザビクトリーという良血。
4歳という点はプラス。

連下は、シュンドルボン。
第34回中山牝馬Sではルージュバックを破り、1着。
第40回エリザベス女王杯では0.2秒差の7着があり、
実力は遜色ないはず。


ミッキークイーンやレッツゴードンキも4歳牝馬で、
GⅠ勝ち組なので侮れないのは確か。
 
東京新聞杯と阪神牝馬Sを連勝したスマートレイアーも驚異。



予想が揺らいでいますが、
絞れたら馬券公開予定です。

 

第11回ヴィクトリアマイル予想〜購入馬券公開

7枠15番ショウナンパンドラ軸で
変則フォーメーション
VictoriaMile



画像誤ってアップしたのて、差し替えています。

第10回ヴィクトリアマイル予想~本命ヌーヴォレコルト。中穴狙いはスイートサルサ、ヴィルシーナ

本命はヌーヴォレコルト
第89回中山記念で1着。
皐月賞馬ロゴタイプ・イスラボニータを下した。
昨年秋は第32回ローズS1着後、
秋華賞2着⇒エリザベス女王杯2着と
優勝にわずかに手が届かなかったが、
牝馬の中ではトップクラスの実力を持つ。
東京コースでは、優駿牝馬1着以外に、未勝利戦で勝っている。
ハーツクライ産駒なので、東京マイルはやや距離が短いか。

対抗は、スイートサルサ
中穴狙い。
東京芝1600mでの適性はかなり高いデュランダル産駒。
母父もDanzigなのでこのコースであればGⅠでも期待できる。
前走も決して得意でない福島コースでの福島牝馬Sで1着。
得意の東京コースでは、府中牝馬Sで3着と6着、
クイーンCでも2着という実績があり、血統に見合った成績を残している。
その他、第52回愛知杯でもディアドレマドレから0.3秒差の3着。
現役の牝馬の中でもトップクラスにいるといえるだろう。

単穴は、カフェブリリアント
過去8回馬券に絡んでいる1枠
ブライアンズタイム産駒だけに東京実績はさほど良くないが、
それでもRoberto系としては、タニノギムレット産駒のウオッカや
ニシノブルームーンがこのレースで活躍している。
前走は阪神牝馬Sで1着で3連勝を果たした。
その調子を持続していたいところだが、
マイナス体重で出走していたことから、
余力があるかどうかは気になるところ。

連下はショウナンパンドラ
第19回秋華賞1着馬。
第39回エリザベス女王杯は6着。
母父がフレンチデピュティでコース適性はある。
後方一気というタイプでもないので、
早い段階で中断に取り付きたい。
今年初戦となった前走はGⅡ産経大阪杯を選択し、9着。
不良馬場やプラス体重から見て度外視でいいだろう。
8枠でも3着以内なら十分可能性あり。

メイショウマンボ。
第74回優駿牝馬1着、第9回ヴィクトリアマイル2着馬。
リピーターの多いヴィクトリアマイルだけに、今年もデータ的は可能性あり。
ただ、近走は不振。
着順以上にタイム差も開いており、
牝馬限定レースでも、
第39回エリザベス女王杯12着(1.0秒差)、
第58回阪神牝馬S13着(1.0秒差)、
と巻き返しは厳しいように思われる。


となると、
他は実力が1枚抜けているディアデラマドレ、
1枠で秋華賞3着、ローズS2着のタガノエトワール、
復活しつつあるGⅠ馬レッドリヴェール。
ここまで。

第9回ヴィクトリアマイル予想

ホエールキャプチャの取捨選択。
第7回VM優勝馬。
第8回VM2着馬。

今年6歳。
6歳馬は馬券に絡むことがほとんどなく、過去ショウナンラノビアとニシノブルームーンのみ。
ショウナンラノビアは、
第4回VMで3着だったが、1枠+逃げ+フレンチデピュティ産駒、と好走条件が揃っていた。
ニシノブルームーンは、
第5回VMで3着だったが、中山牝馬S1着からのローテーションで調子がよかったことと、東京芝1600mでめっぽう強かったウオッカと同じタニノギムレット産駒であることが、好走の要因であると考えられる。

今回、ホエールキャプチャが6歳で2番人気となっている。
ホエールキャプチャは前走東京新聞杯を57kgで制し、また、クロフネ産駒という好走の条件が揃っている。
上記2頭よりは実績を残していることから、2着まではあるのではないか。
対抗。

ヴィルシーナ
第8回VMの優勝馬。

その後は、安田記念8着⇒京都大賞典8着⇒エリザベス女王杯10着⇒JC7着⇒東京新聞杯11着⇒阪神牝馬S11着と不調。
但し、第8回VM2着のホエールキャプチャが、下記のような低調な成績を覆し、好走したこともあり、見限れない。
ホエールキャプチャの第8回VM前までの成績は、宝塚記念14着⇒府中牝馬S11着⇒エリザベス女王杯10着⇒クイーンS13着⇒阪神牝馬S14着。

ヴィルシーナは今年まだ5歳。
桜花賞もジェンティルドンナの2着の実績もあり、連動制の高いヴィクトリアマイルでの好走の可能性は高い。

また、血統面でも母母父にNureyevの血統が入っておりぴったり。
ちなみに、昨日行われた立川特別(1600万下、東京芝1600m)で優勝したリグベーダリグヴェーダは、ディープインパクト×母父Nureyevという血統。

輸送も問題ない。
不安は内田騎手が不調という点。
連下。

ウリウリは大外18番。
父ディープインパクト産駒で、母父フレンチデピュティ。
血統の組み合わせとしてはどうかわからないが、母父にDeputy Ministerの血統が入るのはアパパネと同じ。
父方にDeputy Ministerがある馬は、ホエールキャプチャ、クロフネサプライズ、ブラボーデイジー、ショウナンラノビアがいる。
京都牝馬S1着馬は、ドナウブルー、ヒカルアマランサスがいる。
 ドナウブルー:京都牝馬S1着⇒中山牝馬S11着⇒VM2着。
 ヒカルアマランサス:京都牝馬S1着⇒阪神牝馬S11着⇒VM2着。
 ウリウリ:京都牝馬S1着⇒阪神牝馬S2着⇒?
本命。


クロフネサプライズ
騎手が柴山騎手だったり、桜花賞4着と実績面では不安だが、「1枠+クロフネ産駒+逃げ」という組み合わせは、ショウナンラノビアに酷似している。
前走阪神牝馬S8着といえど、オークス以来となる約11カ月の休み明けをスマートレイアーから0.2秒離されただけの8着で、ヴィルシーナに先着。
桜花賞では、7枠13番だったので、内のサマリーズにハナを一旦許し、そこから先頭に立ったが、4着に粘れた点は評価できるか。
単穴。


◎ウリウリ
○ホエールキャプチャ
▲クロフネサプライズ
△ヴィルシーナ
×スマートレイアー、ケイアイエレガント




中央競馬 ブログランキングへ

ヴィクトリアマイル血統傾向

東京芝1600mの牝馬限定レースで、
2011年以降4月~6月に3着以内に入った馬の血統傾向。

====================
ディープインパクト(サンデーサイレンス)×Machiavellian(Mr. Prospector
ディープインパクト(サンデーサイレンス)×Unbridled's Song
ディープインパクト(サンデーサイレンス)×Bertolini(Danzig)
ディープインパクト(サンデーサイレンス)×Marju(ラストタイクーン)
ゼンノロブロイ(サンデーサイレンス)×フレンチデピュティ(Deputy Minister
ゼンノロブロイ(サンデーサイレンス)×アラジ(Blushing Groom)
ゼンノロブロイ(サンデーサイレンス)×Caerleon(Nijinsky
ネオユニヴァース(サンデーサイレンス)×フレンチデピュティ(Deputy Minister
ネオユニヴァース(サンデーサイレンス)×フレンチデピュティ(Deputy Minister
ネオユニヴァース(サンデーサイレンス)×Chichicastenango
ダイワメジャー(サンデーサイレンス)×Caerleon(Nijinsky)
ダイワメジャー(サンデーサイレンス)×A.P. Indy(Seattle Slew
ダイワメジャー(サンデーサイレンス)×Silver Deputy(Deputy Minister
マーベラスサンデー(サンデーサイレンス)×ミホシンザン
マーベラスサンデー(サンデーサイレンス)×ジェイドロバリー(Mr. Prospector×Nijinsky
ハーツクライ(サンデーサイレンス×トニービン)×ジェイドロバリー(Mr. Prospector×Nijinsky
ハーツクライ(サンデーサイレンス×トニービン)×ノーザンテースト(Northern Dancer)
フジキセキ(サンデーサイレンス)×ノーザンテースト(Northern Dancer)
アドマイヤマックス(サンデーサイレンス)×Lead On Time(Nureyev)
スペシャルウィーク(サンデーサイレンス)×Caerleon(Nijinsky

キングカメハメハ(Mr. Prospector)×サンデーサイレンス
キングカメハメハ(Mr. Prospector)×サンデーサイレンス
キングカメハメハ(Mr. Prospector)×サンデーサイレンス
キングカメハメハ(Mr. Prospector)×Riverman
キングカメハメハ(Mr. Prospector)×Tejano Run
キングカメハメハ(Mr. Prospector)×Salt Lake(Deputy Minister
アドマイヤドン(Mr. Prospector×トニービン)×マーベラスサンデー(サンデーサイレンス
マイネルラヴ(Mr. Prospector)×ダンスインザダーク(サンデーサイレンス×Nijinsky
サウスヴィグラス(Mr. Prospector)×ラムタラ(Nijinsky)

クロフネ(Deputy Minister)×サンデーサイレンス
クロフネ(Deputy Minister)×サンデーサイレンス

スクリーンヒーロー(Roberto)×タイキブリザード(Seattle Slew
シンボリクリスエス(Roberto×Seattle Slew)×タイキシャトル(Nijinsky
ファルブラヴ(Seattle Slew)×サンデーサイレンス
First Defence(Unbridled's Song×Seattle Slew)×Smart Strike(Mr. Prospector
タイキシャトル(Nijinsky)×コマンダーインチーフ(ダンシングブレーヴ)
ジャングルポケット(トニービン)×サンデーサイレンス
テレグノシス(トニービン)×サンデーサイレンス
====================


エクセラントカーヴ、ホエールキャプチャや、クロフネサプライズ、ケイアイエレガント、ウリウリあたりが◎か。

■スマートレイアー
ディープインパクト(サンデーサイレンス)×ホワイトマズル(ダンシングブレーヴ)
■ホエールキャプチャ
クロフネ(Deputy Minister)×サンデーサイレンス
■メイショウマンボ
スズカマンボ(サンデーサイレンス)×Mr. Prospector)×グラスワンダー(Roberto)
■ウリウリ
ディープインパクト(サンデーサイレンス)×フレンチデピュティ(Deputy Minister
■ラキシス
ディープインパクト(サンデーサイレンス)×Storm Cat
■エクセラントカーヴ
ダイワメジャー(サンデーサイレンス)×A.P. Indy(Seattle Slew
■クロフネサプライズ
クロフネ(Deputy Minister)×トニービン
■ケイアイエレガント
キングカメハメハ(Mr. Prospector)×A.P. Indy(Seattle Slew
■デニムアンドルビー
ディープインパクト(サンデーサイレンス)×キングカメハメハ(Mr. Prospector
■フーラプライド
ゴールドアリュール(サンデーサイレンス)×メジロマkックイーン

第9回ヴィクトリアマイル~自分のtwitterから評価する

第9回ヴィクトリアマイル。
ジェンティルドンナはいないし、かつてのウオッカやブエナビスタ、アパパネのような柱となる馬はいないが、 今年のメンバーは、一長一短あって、なかなか面白いメンバーとなった。


エクセラントカーヴ
怪我から復帰して2戦目。
初戦は中山牝馬S9着だったが、ケガ明けといことから、どこまで本気だったか、自走どこまで走れるかは未知数。
京成杯AH1着くらいの出来であれば。

エバーブロッサム
秋以降さっぱり。14着⇒12着⇒15着。
但し、関東圏では、[1-3-0-2]なので、単純に輸送が弱いだけという可能性もある。

 ウリウリ
 スマートレイアーに完敗したが、弱点は少ない。
東京コース適性は+要素。
初遠征は減点。

ラキシスは距離短縮が懸念。
が、牡馬混合も問題なく、斤量増加も最小限。
中日新聞杯からのローテーションということ以外、不安材料は少ない。

メイショウマンボ
何故かマイルのGⅠは桜花賞も阪神JFも両方10着。
大阪杯の結果は、調子の上がらないショウナンマイティ、8番人気のフラガラッハにも負けており、決して誉められたものではない。

デニムアンドルビー
JC2着だが、ドバイシーマクラシック10着。
海外帰りのこのレースではウオッカですら勝てなかった。
体調管理が難しいか。

ホエールキャプチャ
東京コースでは府中牝馬S⇒東京新聞杯1着。
第8回ヴィクトリアマイル2着。
さらに遡れば、第7回ヴィクトリアマイル覇者。
東京実績が光る。
間隔が空いてる分は割引。

アユサン
桜花賞馬だが、中山記念15着⇒ダービー卿CT11着と今年はさっぱり。
但し、牝馬限定戦では見限れないかも。

フーラプライドキャトルフィーユ
双方とも重賞で高い安定感を発揮しているが、斤量増加が未知数。
軽ハンデから定量がどう響くか。

スマートレイアー
出遅れのリスクがあっても、力は上位か。

ストレイトガール
初マイル。
距離延長と不良馬場の疲れが不安。
スピードは1番魅力。

ヴィルシーナ
ヴィクトリアM覇者だが、後がさっぱりで評価は厳しいか。

第8回ヴィクトリアマイル予想〜本命ドナウブルー

筆者の苦手な東京開催!

今日はヴィクトリアマイル


ジェンティルドンナ不在といえど、エリザベス女王杯を買ったレインボーダリア、2012年ヴィクトリアマイル覇者のホエールキャプチャ、同2着ドナウブルー
その他、2012年府中牝馬ステークスと2013年の中山牝馬ステークスを勝っているマイネイサベル、2013年の京都牝馬ステークスを勝ったハナズゴール、阪神牝馬ステークスを勝ったサウンドオブハート、フミノイマージンなどなど、今の一級線が勢揃い



その中で選ぶは、ドナウブルー
妹はご存知ジェンティルドンナ


今回は前に行く馬がさほどおらず、ペースが落ち着くのではないか、という見込み。
外枠のエーシンメンフィス、メーディアにハナを切らせて、その後ろについていってほしいです。
ただ、あまりにスローになりすぎるとキレ勝負で負けるかもしれないのが懸念どころだが、そこは、去年も騎乗したウィリアムズ騎手頼み

調子はよく、前走の負けの敗因も56キロを背負ってのもの、ハイペースだったもの、とわかっているため度外視。

東京新聞杯も前が塞がったものと、牡馬混合だったことを考えると度外視。


実力は、2012年のマイルチャンピオンシップ3着、関屋記念1着と折り紙付き

image



とはいえ、実力は、ヴィルシーナやサウンドオブハートのほうがありそうですし、ハナズゴールも怖いですが、期待も込めて「頭」で!

ヴィクトリアマイル優勝:ホエールキャプチャ

ホエールキャプチャ
ヴィクトリアマイルを制す


激走

これでG1ウィナー


やったね


馬券は外しましたが、なんかうれしいです。
クロフネ産駒でけがもせず走る牝馬が好きです。
昔は、オディールが好きだった。
スリープレスナイトも好きだった。


ホエールキャプチャは東京コース巧者なんですよね

ということは、
来月の安田記念も期待していいのかな

ヴィクトリアマイル(2012年)有力馬紹介

東京芝1600mで開かれる牝馬限定マイル戦。

秋に開かれる京都芝2200mより、牝馬特有の『キレ』を活かすには相応しい距離と場所。
スローの上がり勝負だけでも絵になります

ローテーションとしては、阪神牝馬ステークス、中山牝馬ステークス、福島牝馬ステークス、京都牝馬ステークスなどからのローテーションが一般的です
阪神牝馬ステークスが桜花賞同様に1600mであれば、わりと予想しやすいのになぁ。。。
1400mだもんなぁ


さて有力馬は、
まず、オールザットジャズ
中山牝馬、福島牝馬からのローテーションは、あまりヴィクトリアマイルとは直結していないため、かなり割引は必要・・・。
父は、東京芝1600mで抜群の成績を誇る『タニノギムレット産駒
前走も勝っていて、不安より期待が大きい


ヴィクトリアマイルの覇者『アパパネ』
昨年度秋から、重い斤量を背負わされることなどもあり、精彩を欠くことが多かったですが、ここにきて、仕上がったようです
このあたり、本番のための仕上げがピカ一の国枝厩舎

今回は体調面、コース実績などもあるため、怖いです
★筆者はアパパネの馬券を買う予定がありません。
 買うなら、ホエールキャプチャ

2012年の京都牝馬ステークスを制した『ドナウブルー』。
当時は52キロだつた斤量が、今回のヴィクトリアマイルでは55キロとなる点が疑問点。
たた、課題とされていた輸送による大幅な体重減は何とかなりそう。
期待したい一頭。


阪神牝馬ステークスを逃げ切り勝ちしたクイーンズバーン
前走の勝ちは、完全にフロック視されてます
が、
筆者は3着くらいに逃げねばれると予想
京都牝馬も着順的には悪くなく、決してまぐれじゃないと思ってます。

ヴィクトリアマイルは、東京のコースということもあり、また、柵が外に移設されたことで内枠の逃げ馬は絶対的に不利だと思いますが、
血統は、父スペシャルウィークということで、ブエナビスタやシーザリオのように、東京・阪神コースみたく直線が長ければ、マイルでも適正があると踏んでます!
ノーマークだと信じて3着に期待



【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ