中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

【GⅠ】桜花賞・優駿牝馬

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

第77回優駿牝馬(オークス)予想〜馬券公開

image

第77回優駿牝馬(オークス)予想〜本命シンハライト

第77回オークスの予想です。

本命は素直にシンハライト。
桜花賞2着。
チューリップ賞も1着であることから、
信頼度はやはり素直に高いと思う。
ディープインパクト産駒で、母父もSingspiel。
東京芝2400mも問題ないだろう。
池添騎手も大舞台に強く、
枠もここに収まれば、連は外さないだろう。


対抗はアットザシーサイド。
桜花賞3着馬。
目立った成績はないが、
阪神JF5着、フィリーズレビュー2着など堅実さが光る。
キングカメハメハ産駒☓母父アグネスタキオンだが、
内枠で福永騎手のコンビであれば最後は詰まっても馬券内に、来れるだろう。


単穴は、中穴狙いでデンコウアンジュ。
チューリップ賞でシンハライトの5着や、
アルテミス賞でメジャーエンブレムを負かすなど、
実力はそれなりにある。
メイショウサムソン産駒で東京向き。
距離もマイルよりは2000m超のほうが得意だろう。
川田騎手が下手に下げたり大外回したりしなければ。


連下はチェッキーノ。
フローラSからのローテーション。
前走はルメール騎手を背に、0.5秒差をつけて優勝。
今回は戸崎騎手に乗り代わり。
血統面や騎手が乗り代わるなどしたこともあり、
あまり強気にしないほうが良いか?


ペプチドサプル。
東京芝2400mが得意な四位騎手が騎乗する。
マンハッタンカフェ産駒で母父はサクラローレル。
距離は伸びた方が間違いなく良いだろう。
アネモネS3着や忘れな草賞2着と実績は少し物足りないが、
チェッキーノやロッテンマイヤーらと差はないうえに
舞台と距離を考えると逆転してもおかしくない。
中1週だが好調を維持できていれば。

第77回優駿牝馬(オークス)プレ予想〜本命シンハライト中穴狙いペプチドサプル

第77回優駿牝馬(オークス)の展望。

本命は、シンハライト。
例年通り桜花賞組が中心となるだろう。
G1ウィナーのメジャーエンブレムやジュエラーがおらず、押し出される形での人気馬というのは信頼性に疑問符を付けたくなる。
とはいえ、チューリップ賞も勝っており、
堅実さも実力はかなり高いのは間違いなく、
そこにどれだけ掛けられるか。

中穴狙い派としては
ロッテンマイヤー、レッドアヴァンセ、ペプチドサプルが気になる。
それぞれ長所短所あるが、
それがオークスでいい方向にでるか悪い方向にでるかは
後程、もう少し深堀して、予想してみるのがよさそう。

桜花賞予想~本命アンドリエッテ

本命はアンドリエッテ

桜花賞


第50回クイーンCでは-12kgの馬体重減が響き、4着。
続くチューリップ賞では、馬体重を回復させ(+10kg)、
重い馬場をものともせず、2着に食い込んだ。
その時の1着がココロノアイで、3着はレッツゴードンキなので、
阪神JFの上位組くらいの実力あはる。
問題は、重馬場のチューリップ賞を、
他の阪神JF組の馬が、どれだけを本気で走ったのか、ということ。
父はディープインパクト産駒。
桜花賞で4連勝中の父ということもあり、外せない1頭ではある。
騎手は川田騎手のまま。

対抗は、続きを読む

桜花賞データ分析





桜花賞~有力馬コメント2








桜花賞~有力馬コメント1





本命ハープスター~優駿牝馬予想+データアラカルト

ハープスターが前日単勝1.3倍で断然一番人気。

■オッズ
過去10年で1倍台のオッズだったのは、ダンスインザムード(1.4倍)、シーザリオ(1.5倍)、ブエナビスタ(1.4倍)の3頭のみ。
単勝1倍台のオッズ勝てなかったのは、ダンスインザムードのただ1頭のみ。

オークスでは1番人気が優勝したのは過去10年でわずか3頭。
その中の2頭が、シーザリオ、ブエナビスタの単勝1倍台の2頭と、アパパネ(3.8倍)のみ。

つまり、何らからの不安を抱えながら1番人気になったような馬や、押し出された形での1番人気は、オッズも3倍台や2倍台のように数字として表れ信用できないものと置き換えてほぼ問題ない。
例えば、
・アドマイヤキス。
 桜花賞2着のアドマイヤキスが桜花賞馬キストゥヘヴンを押さえ1番人気(3.0倍)で結果、4着。
・ベッラレイア
 ウオッカとダイワスカーレット世代だが、この2頭が出走しないことから押し出された1番人気(2.2倍)となったが、結果は2着。
・リトルアマポーラ
 クイーンC1着、桜花賞5着の実績しかなかったが、なぜか1番人気(3.9倍)となり、結果7着。
・ミッドサマーフェア
 桜花賞や阪神JF、桜花賞のトライアルなど実績がない中で1番人気となる。
 もちろん不安視する声も多く、それが3.3倍というオッズに現れ、結果も13着に終わった。
・デニムアンドルビー
 ミッドサマーフェア同様に、桜花賞や阪神JF、桜花賞のトライアルなど実績がない中で1番人気(3.3倍)となり、3着に終わった。

マルセリーナは桜花賞馬として1番人気だったが、ホエールキャプチャと人気を分け合い、単勝2.2倍だったが、4着に終わることもある、というケースもある。

上記の点を考慮すると、阪神JFこそレッドリヴェールの2着に終わったが、王道のチューリップ賞⇒桜花賞1着でオークスに駒を進めたハープスターは、実績をもとにしたオッズが表しているように、不安は少ない。

■枠
1枠[1-2-1-16] ・・・ベッラレジーナ、ディルガ
2枠[3-1-1-15] ・・・マイネオーラム、ペイシャフェリス
3枠[0-2-2-16] ・・・バウンスシャッセ、パシフィックギャル
4枠[1-1-0-18] ・・・シャイニーガール、サングレアル
5枠[1-1-3-15] ・・・ヌーヴォレコルト、ハープスター、
6枠[0-0-2-18] ・・・マーブルカテドラル、マイネグレヴィル
7枠[3-1-1-25] ・・・ニシノアカツキ、ブランネージュ、マジックタイム
8枠[1-2-0-27] ・・・クリスマス、フォーエバーモア、エリーザベスト

枠での減点組は、6枠のマーブルカテドラル、マイネグレヴィル、4枠のシャイニーガール、サングレアル、3枠のバウンスシャッセ、パシフィックギャル、8枠のクリスマス、フォーエバーモア、エリーザベストと考える。
ベストは、7枠の⑬ニシノアカツキ、⑭ブランネージュ、⑮マジックタイムと、2枠の③マイネオーラム、④ペイシャフェリス。


■騎手
・福永騎手[3-1-1-4]

■ローテーション:
過去10年さかのぼり、時代順にオークス1着~3着馬のローテーションを調べた。

・ダイワエルシーロ
 クイーンC1着⇒桜花賞7着⇒オークス1着
・スイープトウショウ
 チューリップ賞1着⇒桜花賞5着⇒オークス2着
・ヤマニナラバスタ
 フラワーC2着⇒桜花賞9着⇒オークス3着
・ディアドラノビア
 チューリップ賞7着⇒フィリーズレビュー4着⇒フローラS1着オークス3着
・エアメサイア
 フィリーズレビュー3着⇒桜花賞4着⇒オークス2着
・シーザリオ
 フラワーC1着⇒桜花賞2着⇒オークス1着
・カワカミプリンセス
 君子蘭賞1着⇒スイートピーS1着オークス1着
・フサイチパンドラ
 フラワーC2着⇒桜花賞14着⇒オークス2着
・アサヒライジング
 クイーンC2着⇒アネモネS1着⇒桜花賞4着⇒オークス3着
・ローブデコルテ
 紅梅S1着⇒チューリップ賞5着⇒桜花賞4着⇒オークス1着
・ベッラレイア
 フローラS1着オークス2着
・ラブカーナ
 忘れな草賞2着⇒スイートピーS2着オークス3着
・トールポピー
 阪神JF1着⇒チューリップ賞2着⇒桜花賞8着⇒オークス1着
・エフティマイア
 桜花賞2着⇒オークス2着
・レジネッタ
 エルフィンS2着⇒フィリーズレビュー2着⇒桜花賞1着オークス3着
・ブエナビスタ
 阪神JF1着⇒チューリップ賞1着⇒桜花賞1着オークス1着
・レッドデザイア
 エルフィンS1着⇒桜花賞2着オークス2着
・ジェルミナル
 フェアリーS1着⇒チューリップ賞5着⇒桜花賞3着オークス3着
・アパパネ
 阪神JF1着⇒チューリップ賞2着⇒桜花賞1着オークス1着
・サンテミリオン
 フラワーC3着⇒フローラS1着オークス1着
・アグネスワルツ
 フローラS2着オークス3着
・エリンコート
 忘れな草賞1着オークス1着
・ピュアプリーゼ
 フローラS3オークス2着
・ホエールキャプチャ
 阪神JF2着⇒クイーンC1着⇒桜花賞2着オークス3着
・ジェンティルドンナ
 シンザン記念1着⇒チューリップ賞4着⇒桜花賞1着オークス1着
・ヴィルシーナ
 フラワーC2着⇒桜花賞2着オークス2着
・アイスフォーリス
 フローラS2着オークス3着
・メイショウマンボ
 紅梅賞2着⇒こぶし賞1着⇒フィリーズレビュー1着⇒桜花賞10着オークス1着
・エバーブロッサム
 フラワーC2着⇒フローラS2着オークス2着
・デニムアンドルビー
 フローラS1着オークス3着

過去10年通して言えることは、トライアルの実績があればオークスでは巻き返しが可能となる。
逆に言うと、トライアルで成績を残していない馬はやはり苦しい。
近年のトレンドは、フローラSやフラワーC組が好成績を収めている点に注目したい。
逆に、クイーンCは同じ東京コースでも直結はしていない。
また、それもトールポピーの時代までは桜花賞惨敗組でも、巻き返しの傾向が頻繁に見られたが、それ以降で桜花賞から巻き返したのはメイショウマンボだけとなる。

今回の出走馬でいうと、減点組は、①ベッラレジーナ、②ディルガ、③マイネオーラム、④ペイシャフェリス、⑦シャイニーガール、⑪マーブルカテドラル、⑬ニシノアカツキ、⑮マジックタイム、⑯クリスマス、⑱エリーザベスト、と考える。


■血統
サンデーサイレンス直仔の産駒が多く活躍している。
特にディープインパクト産駒、ゼンノロブロイ産駒、マンハッタンカフェ、スズカマンボ、デュランダル、スペシャルウィークなど。
その他はDeputyMinisterやCaroも好走歴が多い。
・Nijinsky
 メイショウマンボ:9.38% 4 x 5
 ブエナビスタ:18.75% 4 x 3、母父の父
 レッドデザイア:母父の父
 ベッラレイア:母父の父
 ラブカーナ:母父の父
 アサヒライジング
 シーザリオ
・Nureyev
 デニムアンドルビー:15.63% 5 x 3
 ヴィルシーナ:母の母父
 ピュアプリーゼ:母父の父
 フサイチパンドラ:母父
 トールポピー:父の母父

大幅な減点は、⑦シャイニーガール、⑪マーブルカテドラル、⑫マイネレグウィル、⑭ブランネージュ、⑮マジックタイム、⑰フォーエバーモアの5頭。
また、①ベッラレジーナ、②ディルガ、③マイネオーラム、⑬ニシノアカツキ、⑯クリスマスも減点したいがNijinskyやDeputyMinisterの血統を持っている5頭は完全否定できない面がある。


■珍データ:
・馬体重
 432kg=[0-2-2-1]
 456kg=[2-0-1-3]
 460kg=[2-2-0-5]


■予想
◎ ⑩ハープスター
〇 ⑧サングレアル
▲ ⑤バウンスシャッセ
△ ⑥パシフィックギャル
× ⑭ブランネージュ、⑰フォーエバーモア




中央競馬 ブログランキングへ

勝つために与えられた(?)8枠ハープスター~桜花賞

本命はハープスター
王道のローテーションで、阪神JFで取りこぼした女王の座を奪還しにいく。 
前走の続きを読む

優駿牝馬:オークス有力馬紹介ジェンティルドンナ・ヴィルシーナなど

今週は優駿牝馬。
通称オークス。
東京で開かれる芝2400のレース

中長距離のレースは好きですが、牝馬に2400mは不要かと。。。

牡馬は2400mで世代No.1を決めればいいが、スピード、キレに長けている牝馬は1200mでNo.1を決めてほしいなぁ


さて、有力馬の紹介を行います。

桜花賞馬で、オークスに出馬するジェンティルドンナ
桜花賞馬だけに期待大!
姉ドナウブルーだけに本質はマイラーかもしれないが、桜花賞馬はオークスにも強い傾向があるため、期待は大


次点で一押しなのはヴィルシーナ
新馬戦での札幌1800mと、エリカ賞で阪神2000mを経験して距離の不安はない
むしろ両方勝っただけに距離延長は好材料
前走も勝馬より動いていける雰囲気がよかっただけに可能性は充分ある
ジェンティルドンナに勝てるとしたらこの馬だけ。

チューリップ賞の勝馬『ハナズゴール
その後、NHKマイルカップに駒を進めるも掲示板にも乗れず
ただ、脚色は良かっただけに、中2週も調子上向きで期待はできる
マイル戦で見てみたいが、ここでは。


エピセアローム
小倉2歳ステークス優勝、チューリップ賞2着の実績を持って挑んだ桜花賞。
結果2ケタ着順に終わったが、前半早くなったのと内枠が原因かな。

父がダイワメジャーは
皐月賞をはじめ、安田記念、秋の天皇賞、マイルチャンピオンシップというマイルから2000mによった成績であったため、東京2400mは距離不安説がささやかれている
が、
有馬記念も2回も3着になったし、宝塚記念も4着に来てたが、エピセアローム自身はどうみてもスプリント戦のほうが力が発揮できるタイプ。

【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ