中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

・平安S・みやこS

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

平安S予想〜本命ロワジャルダン中穴狙いショウナンアポロン

平安Sの予想です。

本命は、ロワジャルダン。
勝ちきれないところがあるが、
第16回チャンピオンズC4着や、
第33回フェブラリーS5着などがあり、
実力は上位。
デムーロ騎手に乗り代わりで心機一転。
先行できるのも強み。
ショウナンアポロンを見て攻められれば。

対抗は、アスカノロマン。
すっかり落ち着いて実力開花。
第33回フェブラリーSでも3着になり、
アンタレスSでも2着があり、
ここでは1枚抜けている。
58kgだが、大型馬なのでさほど気にしなくてもよいが、
外枠という点はマイナス。


単穴は、
中穴狙いショウナンアポロン。
内枠で、逃げともなれば怖い存在。
第23回マーチSでも逃げて優勝。
ソロルやクリノスターオーを抑えた。


アウォーディーの妹のアムールブリエや
重賞ウィナーのクリノスターオーも
要注意か。

平安S予想~本命ダノンバトゥーラ中穴狙い

本命ダノンバトゥーラ
第20回アンタレスS4着。
クリノスターオーから0.4秒差。
アンタレスSでは後方にいたクリノスターオーとナムラビクターに差された。
逃げていた2着アジアエクスプレスは、捉えられず、0.3秒差。
ただスタート後にペースが落ち着きやすい京都ダート1900mであれば前残りを期待する。
京都ダートコースでは3勝しているのも強み。
騎手は浜中騎手のままで、この馬に合っているからいいだろう。
キングカメハメハ産駒というのもコースにあっている。

対抗はインカンテーション
第32回フェブラリーSではコパノリッキーと0.2秒差の2着。
内田騎手と手があっていた。
京都コースも得意で第5回みやこSでの優勝や、第4回みやこSで2着の実績がある。
シニスターミニスター産駒もコース成績はかなり良く、手ごわい一頭。

単穴はアジアエクスプレス
本当はこちらを本命にしたいが、人気面を考慮して。
先行する馬が有利なコースだけに、コース経験がない馬でも大崩れしないだろう。
騎手も引き続き戸崎騎手。
前走の第20回アンタレスSでは逃げて2着。
差しが決まりやすい中で逃げ残ったのは、やはり力がある証拠。
7枠も問題ないだろう。

連下はクリノスターオー
京都でも阪神でも走るし、逆にさっぱり走らない時もある。
前走は第20回アンタレスSで6番人気ながら1着。
買い時が難しい。
ただ前走のメンバーと勝ち方をみると、力は上位。
第21回平安Sでも12番人気で勝っているだけに、気になるところだが、メンバーは今回のほうがかなりレベルアップしている。

あとはマイネルクロップ
京都ダート1800mと1900mでは[4-3-3-1]と相性のいいコース。
佐賀記念⇒第22回マーチSと重賞を連勝しており、調査の良さと、成長がうかがえる。
3着なら十分にありえるし、人気の盲点だろう。。
クロフネ産駒自体のコース適性はあまり良くないのが難点。

騎手で選ぶならドコフクカゼ騎乗の四位騎手。
京都ダート1900mが非常に得意。

みやこSプレ予想

JRAの重賞での優勝実績がポイント。
 7勝:ニホンピロアワーズ
 2勝:クリノスターオー
 1勝:インカンテーション、ナムラビクター、ブライトライン

4歳中心。
 ++4歳馬:インカンテーション、クリノスターオー、サトノプリンシパル、ソロル
  +3歳馬:アスカノロマン、ランウェイワルツ
  +5歳馬:イッシンドウタイ、ヴォーグトルネード、カシュカシュ、ナムラビクター、ブライトライン、マイネルバイカ、ラガートモヒーロ
  -6歳馬:グラッツィア
  -7歳馬:タガノジンガロ、ニホンピロアワーズ


 +:前走が重賞で、且つ、6着以内
 ⇒グラッツィア、クリノスターオー、サトノプリンシパル、ナムラビクター、ニホンピロアワーズ

 +:4コーナー3番手以内
 ⇒アスカノロマン、インカンテーション、クリノスターオー、サトノプリンシパル、ナムラビクター、マイネルバイカ


前走、地方の重賞とエルムSからのローテーションがいい。
オープン特別や条件戦からの参戦は厳しい。
 ++地方の重賞:
  ⇒グラッツィア、ニホンピロアワーズ
 ++エルムS:
  ⇒ブライトライン10着
  +シリウスS:
  ⇒クリノスターオー1着、ナムラビクター2着、サトノプリンシパル4着、ソロル10着、ラガートモヒーロ13着
  -オープン特別や条件戦:
  ⇒アスカノロマン、イッシンドウタイ、インカンテーション、ヴォーグトルネード、カシュカシュ、タガノジンガロ、マイネルバイカ、ランウェイワルツ


京都ダート1800mでの種牡馬別では、キングカメハメハ、シニスターミニスター、アドマイヤドンが群を抜いていい。
後は、アドマイヤボス、アグネスデジタル産駒も良い。
アフリートはダメ。
スズカマンボやゼンノロブロイも良くは、ない
ネオユニヴァース、シンボリクリスエス、ゴールドアリュールもまずます。
 ++シニスターミニスター産駒=インカンテーション
 ++アドマイヤドン産駒=ラガートモヒーロ
  +キングカメハメハ産駒=グラッツィア、タガノジンガロ
  +アグネスデジタル産駒=アスカノロマン
  +アドマイヤボス産駒=クリノスターオー
  -スズカマンボ産駒=イッシンドウタイ
  -ゼンノロブロイ産駒=ナムラビクター
 --アフリート産駒=カシュカシュ


切る馬は、イッシンドウタイ、ヴォーグトルネード、カシュカシュ、ソロル、タガノジンガロ、マイネルバイカ、ラガートモヒーロ、ランウェイワルツは確定。

インカンテーションクリノスターオーを中心に、グラッツィアアスカノロマンで中穴狙いをする。
実力的に、ニホンピロアワーズ、サトノプリンシパル、ナムラビクター、ブライトラインの取捨選択が肝。



平安S京都ダート1900mの枠の傾向

過去3年間、京都ダート1900mで行われた、1600万下、オープン、GⅢ、GⅡのレース結果から、枠の傾向を探った。


一番勝利数が多いのは、8枠の4勝。
次いで、7枠の3勝、5枠2勝、3枠2勝となる。
1枠2枠4枠6枠は1勝。

2着+3着数で最も多いのは3枠で7回ある。
以下、
1枠で5回、
8枠5枠の4回、
4枠6枠の3回、
2枠7枠の2回となる。

総じてイイのは、3枠8枠5枠



馬番は⑩が3着以内10回で群を抜いており、
⑥が5回、①②⑮が4回と続く、

みやこステークス3連単はこう獲る!

1着ローマンレジェンド
2着ニホンピロアワーズ
3着ハタノヴァンクール


逃げるニホンピロアワーズを、
ローマンレジェンドがきっちり捉える。
一方後方から老い込んだハタノヴァンクールは、届かず3着。


ただ、2着、3着にはホッコータルマエが残る可能性もあるため、それは外せない。
前走のレパードステークスも前目有利の新潟コースで勝ちきったのが、京都でも生かせる馬場であることが、強み!


みやこステークス:シリウスステークス組の下克上

みやこステークスに、シリウスステークス組が何頭かいます。


ちなみにですが、
シリウスステークスとは、阪神ダート2000mで開かれるハンデ戦。


まずは、
優勝したナイスミーチュー。ハンデは54kg。
あとは、3着のグレープブランデー。
タガノロックオン、グラッツァア、フサイチセブン、メダリアビートなど。

例年、シリウスステークスはメンバーが手薄なため、みやこステークスでも上位に食い込む可能性があるのは、3着までだろう!



グレープブランデーは、シリウスステークスはハンデ58kgを背負い3着だったか、ジャパンダートダービーを制した実力馬。
その実績から、前走58kgでも勝ってほしかった……


一方、ナイスミーチュー。
こちらは、4月に京都の上加茂ステークス(1600万下)で4着があるが、
その時の一着が、みやこステークスに出走する、ローマンレジェンド。
ということを考えると、
ナイスミーチューの逆転は厳しいか。


やはり今年もシリウスステークスは厳しいかな?

みやこステークスはローマンレジェンド!?

京都ダートの重賞みやこステークス!

基本的には
ジャパンカップダートの出走を目的とする馬で、JBCクラシックに出走しない馬が出ます。


その中の注目馬の一頭がローマンレジェンド!


亡くなったゴルトブリッツと同じでスペシャルウィーク産駒。
母は、ミラクルレジェンドと同じ!


前走エルムステークスは、59キロを背負ったGⅠ馬エスポワールシチーに、ちょっと勝った!!
斤量は3キロ軽かったが、ここでは敵なしか?!

【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ