中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

京都ダート1200m・1400m

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

栗東S予想~本命カフジテイク

栗東Sの予想です。

本命はカフジテイク。
前走は同じ京都ダート1400mで河原町Sで1着。
2走前の羅生門Sまでは、秋山騎手が騎乗し、
後方からの追い込み一辺倒でのレースだったが、
前走の河原町Sでは幸騎手が騎乗し、
積極的な先行策で勝利したことは評価できる。
引き続き、幸騎手が騎乗する点は心強い。

対抗は、キングズガード。
シニスターミニスター産駒で京都コースの適性は高いが、
騎手の乗り替わりで評価を下げた。
それでも実力ではあるので、対抗馬とした。
 
単穴は、ポメグラネイト。
ダイワメジャー産駒。
オープンに昇格後、ファイナルS11着⇒すばるS11着と足踏みしたが、
ポラリスSで2着になった後の成績は安定。
他に逃げたい馬がなければチャンスはある。
 

端午S予想〜中穴狙いで本命スリラーインマニラ

端午Sの予想です。

ここは、中穴狙いで、本命端午S予想〜中穴狙いで本命スリラーインマニラとします。

ダートも上手い蛯名騎手が騎乗。
440kg前後の小柄な馬。
昇竜S2着がある。

キンシャサノキセキ産で、母父End Sweep。
どちらもスピードがあり芝もこなせるが、
ダートでも問題ない血統。

栗東S予想~本命マルカフリートで中穴狙い

本命はマルカフリート
中穴狙い。
9歳馬。
ハンデ57kg。
前走ポラリスSでは11着と惨敗。
ニシケンモノノフが1枚抜けていたが、
斤量58kgを背負いながら2着エアウルフから0.8秒差だった。
2走前は別定戦の第29回根岸Sで7着。
3走前はハンデ戦のジャニュアリーSでハンデ58kgを背負い10着。
4走前の別定戦大和Sでは58kgを背負い、
キョウワダッフィーに勝っている。
京都ダート1400mでは[3-0-0-1]。



端午S予想~本命キタサンサジン

本命キタサンサジン
京都ダート1400mでは新馬戦2着、未勝利戦で1着ちがある。

8枠もこのコースではいい枠。
このコースになってから2年間とも7枠と8枠が3着以内に入っている。

前走は阪神ダート1200mだが、スマートアヴァロンに0.2秒差をつける完勝。
騎手は引き続き小牧騎手で、
ダート短距離ということで、心強い。
サウスヴィクラス産駒。

天王山S予想~本命サウンドガガ

本命はサウンドガガ
京都ダート1200mは[3-1-0-1]。
第7回カペラS4着以降、大和S7着、京葉S7着と奮わないが、
着差は0.2秒差と、得意条件ではないものの、大崩れなくしっかりまとめている。
今回は、得意の京都ダート1200mに戻る。
6歳牝馬といえど、要注意の一頭。
騎手は福永騎手に乗り替わる。初騎乗。
枠も6枠と、ちょうどいいあたり。
数少ないRoman Ruler産駒だが、マスクゾロ、ベストルーラーなど、
ダートのオープン馬を3頭も輩出している注目の血統。
斤量は、牝馬ながら56kgを背負う点は大きなマイナス評価。

すばるS予想~本命ナガラオリオン

本命はナガラオリオン
京都ダート1400mは[3-1-2-0]と相性のいいコース。
京都ダート1200mは[2-1-1-1]であり、京都コースそのものが相性がいい。
一方、阪神ダート1200m、1400mで[1-1-1-5]。
なので、前走の阪神コースで開かれた2014ファイナルS15着も気にしていなくていい。
騎手は不安。


対抗はフリートストリート
斤量は58kgで決して楽ではないが、前走大和Sでも同様に58kgで5着。
半年ぶりのレースであったにも関わらず、キクノストームから0.1秒差だったので上出来。
岩田騎手が引き続き騎乗し、心強い。
ピークはさすがに過ぎているが、内枠もロスなく進めれれば。

単穴はグレイスフルリープ。
4勝を挙げている相性のいい小牧騎手に戻る。
但し、京都ダート1400mは[0-0-1-2]で、阪神ダート1400mが[3-3-0-1]であることを踏まえると得意コースとはいいがたい。

あとはタイセイファントム、メイショウノーベルか。

大和S予想~本命ローブデソワ中穴狙いエアウルフ

昨年2014年の京都ダート1400mの血統を調べた。

1着、2着の傾向。
Mr.Prospector系では、Gone Westからケイムホーム、Mr.Greely、Elusive Qualityの3頭がいた。
Mr.Prospector系では、他に、Forty Niner、アフリートが多い、
Seatle Slew系では、A.P.IndyからMajestic Warrior、Bernardiniの2頭、ボストンハーバーがいた。
タイキシャトルと、その産駒のメイショウボーラー産駒。
Danzig系からアジュディケーティング、Green Desert、ロックオブジブラルタル。
Vice RegentからDeputy Ministerもいる。

3着の傾向、
[1]サンデーサイレンス系のディープインパクト、スペシャルウィーク、ゴールドヘイロー、ゴールドアリュール。
[2]Roberto系のブライアンズタイム、マヤノトップガン、Red Ransome。

大和Sの過去5年の成績を遡っても、やはり同様の傾向がある。


本命は、ローブデソワ
牝馬だが、母父がGone Westで期待できる。
ひと夏越えて、牝馬ながら500kgを超える馬体となり、力を蓄え、2連勝中で、オープン入り。
斤量も53kgと魅力。
平場だが京都ダート1400mで1着という実績もある。
牡馬混合の御影Sでは、羅生門S1着、2着のワンダーコロアールとタガノトネールを下している。

対抗は、エアウルフ。
2013年に同レース2着の実績がある。
京都ダート1400mとしては、2着2回、7着2回。
父フレンチデピュティ、母父アフリートともにこのコースでは適性のある血統。
懸念点は、福永騎手と、8枠。

単穴はジョヴァンニ。
霜月Sではハンデ54kgの軽量を生かし、1着。
距離短縮も表に出た。
京都ダート1400mの成績はあまり良くないが、6歳とまだ若く、前走より斤量が+3kgも、馬券に絡める可能性はある。


他は、キクノストーム、ちょっと距離が長いと思われるサウンドガガ、キズマ、シセイオウジまでか。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング 競馬・データ理論へ


人気ブログランキング 競馬・血統理論へ


オータムリーフS予想~本命ナリタスーパーワン

本命は、ナリタスーパーワン
京都ダート1400mは[3-2-1-1]。
4着以下となったレースも栗東Sでキョウワダッフィーで0.5秒差で負けたもの。
また、そのレースでは6枠だったところも敗因の一つ。
三浦騎手に乗り替わり。

対抗はナガラオリオン
大外枠の8枠。
京都ダート1400mでは[3-0-2-0]という数字を残している点は大きなアドバンテージ。
距離は違うが天王山Sでも8枠で勝っているため、気にしない方がいいか。

単穴はサトノプリンシバル。
初距離。
芝スタートでも問題ない。
コース形態上、逃げつらい点で評価を下げているが、オアシスSでベストウォーリアの2着になったように、粘り強さとスピードは一級品。
評価が難しい。

連下は、サクラレグナム。
第19回プロキオンSではベストウォーリアの5着。
中京の直線で2番手の位置で粘れる脚は魅力。
前走エルコンドルパサーMは休み明けだったため、度外視。



人気ブログランキング 競馬・データ理論へ


人気ブログランキング 競馬・血統理論へ

栗東S過去データから

栗東ステークス。
登録馬42頭。

2013年度は1200mだったが、今年は、2年ぶりの1400m戦。

2010年~2012年は1400mだったため、そこからデータを探ってみます。

■枠
勝つ馬は5枠より外。
3枠の馬が3回とも3着以内。
1枠と2枠は3着以内は、ゼロ。

■ローテーション
ポラリスS⇒コーラルS:ファリダットとセイクリムズン。
ポラリスS⇒東京スプリント競走:トーホウドルチェ。
着順はあまり関係なさそう。

■血統
フォーティナイナーが一押し。
その子のサウスヴィグラスやトワイニングも。
Mr.Prospectorが総じてよさそう。

他のレースを見てもMr.Prospector系が中心。
Seeking the Gold、アフリート、Smart Strike、キングカメハメハが中心。

Mr.Prospector系以外では、ネオユニヴァース、フレンチデピュティなど。




中央競馬 ブログランキングへ

天王山S~エーシンビートロン本命

2011年以来の開催となる天王山S(OP、京都ダート1200m)。

オープンでありながら、出走馬のレベルはさほど高くなく、軸選びに苦労した。
本命は、8歳馬だがエーシンビートロン。

コーラルSでは、エアハリファに0.4秒負けているが、3着であり、他のコーラルS組よりは信用できる部類の馬で、
2着のナガラオリオンは脚質的に京都では苦しいため、こちらの評価を上げている。
また、8歳だが、今年河原町S(1600万下、京都ダート1200m)を勝つなど、安定度は高い。
斤量も据え置き。

ちなみに、コーラルS組の結果。
ナガラオリオン:2着。
シゲルソウサイ:5着。
ネオザウィナー:8着。
エーシンレンジャー:11着。


対抗は、ハーロンベイ。
牝馬。
橿原Sを勝ち、オープン入り。
京都ダート1200mで3連勝中。
デビュー以来3着を外していない堅実な走りも好感度が高い。

単穴は、シゲルソウサイ。
京都オータムリーフプレミアムでは11着だったが、ノーザンリバーから0.5秒負けで悪くはない。
また、西陣Sや藤森Sなど京都ダートでの実績はある。


連下はナガラオリオン。
得意なのは、阪神より京都。
阪神コースだと崩れることがあるが、京都コースだとさほど崩れない。馬場質が肌に合っているのだろう。
京都ダート1200mとなると栗東Sでマルカバッケンに負けて以来だが、そのマルカバッケンは斤量58kgであるため、切る。

注意が必要なのは、サウンドガガ。
オルフェーヴルCを勝っており、時計も出ているが、牝馬×輸送の組み合わせが怖い。
また、斤量も、前走52kgだったが、今回は55kg。
見。


ウインラーニッドは休み明けだが、室町Sの時計がいいのと、オープンでも実力を持っているだけに注意は必要。

エーシンレンジャー。
オープンでの実力は未知数だが、4歳馬ということもあり、メキメキ力を付けているとなると、脅威にもなる。




中央競馬 ブログランキングへ
【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ