中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

京都ダート1800m・1900m

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

鳳雛S予想〜本命マインシャッツ

鳳雛Sの予想です。

本命はマインシャッツ。
母父はMineshaft。
前走は阪神ダート1800mで良い時計を出し、
3着以下に7馬身を付けて勝った。
クリノリトミシュルも破っている。
但し、2着のフォンターナリーリがスズカミラージュに負けたということもあり
力関係は甲乙付けがたい面もある。
幸騎手に乗り代わるのはプラスか。

平安S予想〜本命ロワジャルダン中穴狙いショウナンアポロン

平安Sの予想です。

本命は、ロワジャルダン。
勝ちきれないところがあるが、
第16回チャンピオンズC4着や、
第33回フェブラリーS5着などがあり、
実力は上位。
デムーロ騎手に乗り代わりで心機一転。
先行できるのも強み。
ショウナンアポロンを見て攻められれば。

対抗は、アスカノロマン。
すっかり落ち着いて実力開花。
第33回フェブラリーSでも3着になり、
アンタレスSでも2着があり、
ここでは1枚抜けている。
58kgだが、大型馬なのでさほど気にしなくてもよいが、
外枠という点はマイナス。


単穴は、
中穴狙いショウナンアポロン。
内枠で、逃げともなれば怖い存在。
第23回マーチSでも逃げて優勝。
ソロルやクリノスターオーを抑えた。


アウォーディーの妹のアムールブリエや
重賞ウィナーのクリノスターオーも
要注意か。

平安S予想~本命ダノンバトゥーラ中穴狙い

本命ダノンバトゥーラ
第20回アンタレスS4着。
クリノスターオーから0.4秒差。
アンタレスSでは後方にいたクリノスターオーとナムラビクターに差された。
逃げていた2着アジアエクスプレスは、捉えられず、0.3秒差。
ただスタート後にペースが落ち着きやすい京都ダート1900mであれば前残りを期待する。
京都ダートコースでは3勝しているのも強み。
騎手は浜中騎手のままで、この馬に合っているからいいだろう。
キングカメハメハ産駒というのもコースにあっている。

対抗はインカンテーション
第32回フェブラリーSではコパノリッキーと0.2秒差の2着。
内田騎手と手があっていた。
京都コースも得意で第5回みやこSでの優勝や、第4回みやこSで2着の実績がある。
シニスターミニスター産駒もコース成績はかなり良く、手ごわい一頭。

単穴はアジアエクスプレス
本当はこちらを本命にしたいが、人気面を考慮して。
先行する馬が有利なコースだけに、コース経験がない馬でも大崩れしないだろう。
騎手も引き続き戸崎騎手。
前走の第20回アンタレスSでは逃げて2着。
差しが決まりやすい中で逃げ残ったのは、やはり力がある証拠。
7枠も問題ないだろう。

連下はクリノスターオー
京都でも阪神でも走るし、逆にさっぱり走らない時もある。
前走は第20回アンタレスSで6番人気ながら1着。
買い時が難しい。
ただ前走のメンバーと勝ち方をみると、力は上位。
第21回平安Sでも12番人気で勝っているだけに、気になるところだが、メンバーは今回のほうがかなりレベルアップしている。

あとはマイネルクロップ
京都ダート1800mと1900mでは[4-3-3-1]と相性のいいコース。
佐賀記念⇒第22回マーチSと重賞を連勝しており、調査の良さと、成長がうかがえる。
3着なら十分にありえるし、人気の盲点だろう。。
クロフネ産駒自体のコース適性はあまり良くないのが難点。

騎手で選ぶならドコフクカゼ騎乗の四位騎手。
京都ダート1900mが非常に得意。

アルデバランS予想~本命アスカノロマン

本命はアスカノロマン
ムラがある成績だが、嵌ると強い。
観月橋Sではドコフクカゼを、濃尾特別ではキクノソルを下している。
第5回みやこSでは10着だったものの、
今回は1枠を確保できた。
スタートで後手を踏むことはないため、
すんなり先行できれば、勝機に持ち込める。

対抗はマルカプレジオ。
前走ベテルギウスS1着。
ハンデは56kg。
2014年アルデバランS2着馬。
その他雅Sでも1着があり、
京都ダート1900mでは強さを見せる。

単穴は、ランウェイワルツ。
第32回東海S8着馬。
第5回みやこS2着馬。
ポルックスS(2着)やベテルギウスS(3着)などの
オープンクラスでも安定して走っており、信頼度は高い。
正直もう少し内枠が良かった。

連下はマイネルバイカ。
第32回東海S2着馬。
直線の長いコースに強く、ブラジルC1着、第31回東海S3着が目を引く。
京都でも、桃山S1着や上賀茂S3着、初夢S1着など強さは垣間見える。
ランウェイワルツが人気になるようだと、
こちら中穴狙いとしてみてもいいかもしれない。

あとはメイショウイチオシ。
ベテルギウスS4着馬。
武器は先行力。

北山S予想~本命ワンダーアシャード

本命はワンダーアシャード。
人気するだろうが、安定感がある。
摩耶S、初夢Sと外枠が続いていたが、ようやく内枠に。
先行馬にとっては大きなプラス材料。
とくな京都ダート1800mはスタートから最初のコーナーまでの距離が長く、流れが落ち着くため、先行有利。
キクノソルとエクストラゴールドとのマッチレースで前が激しくなるだろう。
最後はデムーロ騎手と浜中騎手と福永騎手の騎手の差が出るだろう。

対抗は、アドマイヤランディ。
後ろからでも届く差しが魅力。
ステイゴールド産駒なので、パサパサの馬場だとどうかわからないが、重馬場だとスピードはこの中では見劣りしない。
外枠というのも案外いいだろう。


単穴は、エクストラゴールド。
アドマイヤランディと同じ4歳馬。
キクノソルよりは安定感がある。
成長中。
アドマイヤランディが愛宕特別で負かせたシュミットを、エクストラゴールドも舞鶴特別で負かせた。
タイム差も同じくらいなのでこの馬も侮れない。

初夢S的中速報

20150104京都10R初夢S

初夢S予想~本命ワンダーアシャード中穴レッドサクセサー

本命はワンダーアシャード。
前走休み明けで馬体重+12kgで、8枠だったにも関わらず、タガノゴールドとタイム差なしの摩耶S3着。
また8枠だが問題ない。

対抗は、レッドサクセサー。
摩耶S翌日に行われた同じ舞台同じ馬場で、1:50.3の好タイムで優勝。
バルジュー騎手に乗り替わるが、外国人ジョッキーであれば大丈夫だろう。

後は、舞鶴特別でワンダーアシャードといい勝負したスプリングシーズン。


みやこSプレ予想

JRAの重賞での優勝実績がポイント。
 7勝:ニホンピロアワーズ
 2勝:クリノスターオー
 1勝:インカンテーション、ナムラビクター、ブライトライン

4歳中心。
 ++4歳馬:インカンテーション、クリノスターオー、サトノプリンシパル、ソロル
  +3歳馬:アスカノロマン、ランウェイワルツ
  +5歳馬:イッシンドウタイ、ヴォーグトルネード、カシュカシュ、ナムラビクター、ブライトライン、マイネルバイカ、ラガートモヒーロ
  -6歳馬:グラッツィア
  -7歳馬:タガノジンガロ、ニホンピロアワーズ


 +:前走が重賞で、且つ、6着以内
 ⇒グラッツィア、クリノスターオー、サトノプリンシパル、ナムラビクター、ニホンピロアワーズ

 +:4コーナー3番手以内
 ⇒アスカノロマン、インカンテーション、クリノスターオー、サトノプリンシパル、ナムラビクター、マイネルバイカ


前走、地方の重賞とエルムSからのローテーションがいい。
オープン特別や条件戦からの参戦は厳しい。
 ++地方の重賞:
  ⇒グラッツィア、ニホンピロアワーズ
 ++エルムS:
  ⇒ブライトライン10着
  +シリウスS:
  ⇒クリノスターオー1着、ナムラビクター2着、サトノプリンシパル4着、ソロル10着、ラガートモヒーロ13着
  -オープン特別や条件戦:
  ⇒アスカノロマン、イッシンドウタイ、インカンテーション、ヴォーグトルネード、カシュカシュ、タガノジンガロ、マイネルバイカ、ランウェイワルツ


京都ダート1800mでの種牡馬別では、キングカメハメハ、シニスターミニスター、アドマイヤドンが群を抜いていい。
後は、アドマイヤボス、アグネスデジタル産駒も良い。
アフリートはダメ。
スズカマンボやゼンノロブロイも良くは、ない
ネオユニヴァース、シンボリクリスエス、ゴールドアリュールもまずます。
 ++シニスターミニスター産駒=インカンテーション
 ++アドマイヤドン産駒=ラガートモヒーロ
  +キングカメハメハ産駒=グラッツィア、タガノジンガロ
  +アグネスデジタル産駒=アスカノロマン
  +アドマイヤボス産駒=クリノスターオー
  -スズカマンボ産駒=イッシンドウタイ
  -ゼンノロブロイ産駒=ナムラビクター
 --アフリート産駒=カシュカシュ


切る馬は、イッシンドウタイ、ヴォーグトルネード、カシュカシュ、ソロル、タガノジンガロ、マイネルバイカ、ラガートモヒーロ、ランウェイワルツは確定。

インカンテーションクリノスターオーを中心に、グラッツィアアスカノロマンで中穴狙いをする。
実力的に、ニホンピロアワーズ、サトノプリンシパル、ナムラビクター、ブライトラインの取捨選択が肝。



平安S京都ダート1900mの枠の傾向

過去3年間、京都ダート1900mで行われた、1600万下、オープン、GⅢ、GⅡのレース結果から、枠の傾向を探った。


一番勝利数が多いのは、8枠の4勝。
次いで、7枠の3勝、5枠2勝、3枠2勝となる。
1枠2枠4枠6枠は1勝。

2着+3着数で最も多いのは3枠で7回ある。
以下、
1枠で5回、
8枠5枠の4回、
4枠6枠の3回、
2枠7枠の2回となる。

総じてイイのは、3枠8枠5枠



馬番は⑩が3着以内10回で群を抜いており、
⑥が5回、①②⑮が4回と続く、

京都ダート1800m・1900m不良馬場血統傾向

雪や雨などの悪天候で、馬場の状態が整わない、京都ダートコース。
おそらく、2月15日も重馬場、不良馬場の状態でのレースとなることが予想されるため、少し種牡馬の傾向を探ってみる。

対象は、2011年の京都ダート1800m・1900mコース。

【不良馬場で人気より走って3着以内に入った馬の父】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
キングカメハメハ
アグネスデジタル
ストラヴィンスキー
デヒア
ソングオブウインド
シルバーチャーム
Flachy Bull
シニスターミニスター
ワイルドラッシュ
サクラローレル
Tale of the Cat
キャプテンスティーブ
スターオブコジーン
タニノギムレット
シンボリクリスエス
カリズマティック
テイエムオペラオー
ダンシングカラー
サクラバクシンオー

====SS系の父====
アグネスタキオン(2)
ブラックタイド
ステイゴールド(2)
マンハッタンカフェ
スペシャルウィーク


集計してのイメージだが、
まとめとしては以下かな。

[1]やはり良馬場の時より、SS系の父、もしくは母父が圧倒的に少ない気がする。
  良馬場の時は、スペシャルウィークやフジキセキ、マンハッタンカフェなどがもっと来ている気がする。
  ※定量的に分析したい・・・・
[2]父父サンデーサイレンスの馬がいるが、母父がブライアンズタイムだったり、ダート系に強い血統が入っていた。
[3]ロベルト系は良馬場でも来ないが、不良馬場でも劇的に増えるというわけではない。
  例:ブライアンズタイム、シンボリクリスエス、タニノギムレット、マヤノトップガンなど
[4]キングカメハメハやクロフネといった人気ところの産駒も、大して来ない

【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ