中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

谷川岳S・朱鷺S・韋駄天S

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

韋駄天S予想〜本命ナンチンノンで中穴狙い

韋駄天Sの予想です。

本命はナンチンノン。
中穴狙い。
母父SilverDeputyで、ダート短距離馬。
ダートではオープンクラスで掲示板に載るくらいの実力はあるが、
芝は2度目の挑戦で、二桁着順がある。
先行力は高いので、それが武器。

対抗は、プリンセスムーン。
絶好の大外枠。
オープンクラスに昇級したばかりだが、
新潟芝1000mが1着2回、2着2回と得意で
このクラスでも通用するだろう。


他は
クロフネ産駒のセイコーライコウ、
母父Forty Ninerのフレイムヘイロー、
母父アフリートのオースミイージー、
あたりが血統的に合ってそう。




谷川岳S予想〜中穴狙いで本命はインパルスヒーロー

谷川岳Sの予想です。

中穴狙いで本命はインパルスヒーロー

2年連続谷川岳Sに出走します。
昨年の着順は4着。
枠も同じ1枠。
メンバーもほぼ同じメンバー。
上位に来た馬がアルバタックスしかいないので、
チャンスはあるかもしれませんね。


広いコースとはいえ、1枠は厳しいかもしれませんが、
早い時計で走れますし、直線が長くても大丈夫なので、
新潟コースは適応できるかと思います。

騎手は最もよく合っている田中勝春。


谷川岳S予想~本命サトノギャラント

本命はサトノギャラント
新潟芝1600mでは[0-1-1-1]。
Roberto系はこのコースに強く、
とりわけ新潟芝1600mに変わった過去3年間の谷川岳Sだけでも、
シルクアーネスト、スズジュピター、ヒットジャポット、オセアニアボス、マイネルスケルツィ
が、活躍している。
柴山騎手は初騎乗なので、やや不安はある。
前走は大阪城Sで4着。
東京新聞杯では11着だったが、0.6秒差は評価できる。

対抗は、オメガヴェンデッタ
母はビハインドザマスク。
母父はホワイトマズルでダンシングブレーヴで、
新潟の早い時計、長い直線に合っている。
また成長中で、前走は雲雀Sを1着となっている。
新潟は初コース。
勝浦騎手へ乗り替わる。


復活したインパルスヒーロー、ゼロス、アルバタックスも注意が必要。

朱鷺S予想~本命アミカブルナンバー

新潟芝1400mで行われる朱鷺S。

まず、同時期に行われる新潟芝1400m枠傾向からみると、
8枠が群を抜いてよく、以下、5枠2枠6枠4枠あたりの順で優位といえる傾向だが、8枠以外にそれらしい傾向はない。
あまり気にしすぎてもダメなのか。

騎手は、戸崎騎手がダントツいいイメージで、田辺騎手、柴田大知騎手、丸田騎手、藤岡祐介騎手、嘉藤騎手あたりが優位性ありか。


さっそく枠から拝見。

まず8枠を見てみたが、⑬ダノンプログラマーはさすがに厳しいか、
⑭プリムラブルガリスのほうを推したいが、本命と推すには心もとない。
なぜなら坂があってこそのフレンチデピュティ産駒の本馬だからである。

次の5枠
1400m戦にめっぽう強いインプレスウィナー。
ただここ3走は1秒以上離された負けを繰り返しており、本命とまでは推せない。
また、斤量も58kgとうまみはない。

2枠の②サクラクローバーは休み明け。
2013年6月以来のレースとなる。
見。

どうやら枠の傾向で当てはめるのは危険そう。


騎手で選ぶと、
⑫アミカブルナンバーに戸崎騎手が騎乗する、この馬を本命としよう。
実績もGⅡで阪神牝馬5着、京王杯SC5着の実力はある。
斤量も54kgと手ごろ。

嘉藤騎手の騎乗する⑪テイエムオオタカは中穴馬として押さえておきたい。
インプレスウィナーも1400m巧者だが、この馬も侮れない。
前走中京記念のマイル実績や、シルクロードSの1200m実績は気にしなくてもいい。
ただし、58kgであるため、3着までか?

2着もあるとすれば、③コウヨウアレス。3枠。
前走バーデンバーデンC11着は稍重馬場の1200m戦。度外視でいい。
基本的には1400mで直線が長いところのほうが好みの馬。
新潟芝1400mの実績は、JRA転出前の未勝利戦で2着がある。

⑨プレイズエターナルは現状1200mまでか。
1400mの実績に乏しい。
坂がない分1400mは持つかもしれないが、読めない。

⑩オリービンは急坂のあるコース向きの馬。
新潟では苦戦中。
準OPでは58kgでも上位入選を果たしていたが、OP入り後は55kg~57kgでも少し頭打ちの傾向がみられる。


⑫アミカブルナンバー
③コウヨウアレス




競馬・データ理論 ブログランキングへ

韋駄天S予想~本命はスイートジュエリー

新潟メインレースは芝1000mで行われるハンデ戦の韋駄天S。

フォーエバーマークは実力では一枚上手だが、牝馬でハンデが55.5kg。
キーンランドS1着や第13回アイビスSD2着があるが、スプリンターズS以来のレースということもあって評価を下げる。
単穴。

本命はスイートジュエリー。
新潟は初めてだが、ダート・芝問わず走れる。
少しレースの間隔が空いたが、スノードラゴンと0.2秒差の走りができる点を評価。

対抗はアンゲネーム。
同じコースで行われた駿風Sで優勝した実力と調子を評価。
重賞実績はないが、コース巧者で、ハンデも55kgで期待できる。

連下はデュアルスウォード。
ワンパンチ足りないが、ハンデ55kgで第13回アイビスSD5着を評価する。


◎ ⑨スイートジュエリー
○ ①アンゲネーム
▲ ⑩フォーエバーマーク
△ ②デュアルスウォード
× ③セイコーライコー、⑪サトノプレシャス

谷川岳S予想

新潟の芝1600mで行われる谷川岳S。

新潟開催の開幕週ということもあり、高速馬場でのスピード決着となりそう。

さすがに開幕週ならば、先行有利か。


そこで、本命は、メイケイペガスター。
前走すばるSではダート戦だったため度外視。
2走前の京都金杯は微妙で、エキストラエンドに2.3秒離された15着。
これは評価を極端に落とさざるを得ないが、京都金杯は内枠有利だったこともあり、見限るのはここの結果次第か。
3走前に遡ればキャピタルSでサトノギャラントの3着があり、直線の長いコースで、かつ、左回りコースでは得意なことを示せている。
ここ新潟マイルも左回り周り+長い直線ということで、復活の期待も込めて本命。


対抗は、オリービン。
前走心斎橋Sでは重馬場も味方し、ようやく条件戦を卒業し、晴れてオープン馬。
坂のない軽い馬場の適性は未知数だが、先行馬が少ないこのレースでは、楽に進められるため頭まであると見る。


単穴は、サトノギャラント。
追い込み馬だが、展開にあまり左右されない馬で、掲示板に乗る力はある。
追い込み馬だけに直線の長い新潟コースは歓迎だが、今回は騎手が柴山騎手に替わるため、やや評価を下げた。


その他は、早い時計を持っているレオアクティブや、実績のあるシルクアーネスト、サンレイレーザーが気になる。

朱鷺ステークス展望

イチオクノホシは、前走の新潟日報賞(1600万下、新潟芝1400m)で56kg(牡馬に換算すると58kg)だったため度外視
今回の朱鷺ステークスは53kgで3kg軽くなっている。
新潟の実績としては、2012年長岡ステークス3着があるくらいですが、斤量のことを考えると好走はできる要素はある。


モグモグパクパクは、3歳馬なので53kg。
中山芝1200mの黒松賞(500万下)とクリスマスローズステークス(オープン)を連勝した実力がある。

新潟では、1800mで8着、1400mで2着、1200mで1着と、距離が短くなるほど成績がいい


サクラゴスペルは、第63回安田記念5着、第43回高松宮記念4着の実力馬
中山実績から見ると、力のいる馬場や、坂のある馬場のほうが得意なのかもしれない。過去に新潟で勝った実績があったが、稍重だったので、力を要する馬場のほうが成績がいいかもしれない。
スピードの持続性という意味では一級品
今回は軽い新潟の馬場ですし、58kgという意味から見ても頭にはしずらい。


エーシンハーバーは、前走が約1年ぶりのレースだったので、度外視。

朱鷺S予想

【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ