中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

すばるS

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

栗東S予想~本命カフジテイク

栗東Sの予想です。

本命はカフジテイク。
前走は同じ京都ダート1400mで河原町Sで1着。
2走前の羅生門Sまでは、秋山騎手が騎乗し、
後方からの追い込み一辺倒でのレースだったが、
前走の河原町Sでは幸騎手が騎乗し、
積極的な先行策で勝利したことは評価できる。
引き続き、幸騎手が騎乗する点は心強い。

対抗は、キングズガード。
シニスターミニスター産駒で京都コースの適性は高いが、
騎手の乗り替わりで評価を下げた。
それでも実力ではあるので、対抗馬とした。
 
単穴は、ポメグラネイト。
ダイワメジャー産駒。
オープンに昇格後、ファイナルS11着⇒すばるS11着と足踏みしたが、
ポラリスSで2着になった後の成績は安定。
他に逃げたい馬がなければチャンスはある。
 

オアシスSプレ予想〜中穴狙いプロトコル

オアシスSのプレ予想です。

本命は、ニシケンモノノフ。
武蔵野S4着を評価。
これまで1400m中心に走っていたが、
1600mにも対応できた。
師走S1800mは距離の面やコースの面で合わなかったので度外視でよいが、
すばるSで1着、黒船賞で2着と得意の1400mで活躍した。


対抗はプロトコル。
中穴狙い。
オープンでの実績は薄いが、
1600万下では、東京ダート1600mで行われた秋嶺Sでモーニンの2着や、
錦秋Sで1着がある点を評価。
スクリーンヒーロー産駒なのでモーニンと同じ点も評価できる。

天王山S予想~本命サウンドガガ

本命はサウンドガガ
京都ダート1200mは[3-1-0-1]。
第7回カペラS4着以降、大和S7着、京葉S7着と奮わないが、
着差は0.2秒差と、得意条件ではないものの、大崩れなくしっかりまとめている。
今回は、得意の京都ダート1200mに戻る。
6歳牝馬といえど、要注意の一頭。
騎手は福永騎手に乗り替わる。初騎乗。
枠も6枠と、ちょうどいいあたり。
数少ないRoman Ruler産駒だが、マスクゾロ、ベストルーラーなど、
ダートのオープン馬を3頭も輩出している注目の血統。
斤量は、牝馬ながら56kgを背負う点は大きなマイナス評価。

コーラルS予想~本命ニシケンモノノフ

本命はニシケンモノノフ
2014ファイナルS2着⇒ポラリスS1着と
オープンクラスのレースとは言えど、安定感は高い。
ポラリスSではエアウルフを破っているのは大きなポイント。
過去2走は斤量55kgだったが、今回は57kgというのはマイナス。
騎手は変わらず西谷騎手。

対抗は、
続きを読む

千葉S予想~本命メイショウノーベルで中穴狙い

本命はメイショウノーベル
前走すばるSは9着だったものの、
ジャニュアリーSでは、同ハンデのレーザーバレットの
2着(タイム差0.1秒)、また第7回カペラSでは3着と、
中山ダート1200mでの安定感は[1-1-2-0]と抜群。
また、前走は幸騎手だったが、
ジャニュアリーSやカペラSで
結果を出している津村騎手に戻るのが◎。

対抗は、
続きを読む

大和S予想~本命ローブデソワ中穴狙いエアウルフ

昨年2014年の京都ダート1400mの血統を調べた。

1着、2着の傾向。
Mr.Prospector系では、Gone Westからケイムホーム、Mr.Greely、Elusive Qualityの3頭がいた。
Mr.Prospector系では、他に、Forty Niner、アフリートが多い、
Seatle Slew系では、A.P.IndyからMajestic Warrior、Bernardiniの2頭、ボストンハーバーがいた。
タイキシャトルと、その産駒のメイショウボーラー産駒。
Danzig系からアジュディケーティング、Green Desert、ロックオブジブラルタル。
Vice RegentからDeputy Ministerもいる。

3着の傾向、
[1]サンデーサイレンス系のディープインパクト、スペシャルウィーク、ゴールドヘイロー、ゴールドアリュール。
[2]Roberto系のブライアンズタイム、マヤノトップガン、Red Ransome。

大和Sの過去5年の成績を遡っても、やはり同様の傾向がある。


本命は、ローブデソワ
牝馬だが、母父がGone Westで期待できる。
ひと夏越えて、牝馬ながら500kgを超える馬体となり、力を蓄え、2連勝中で、オープン入り。
斤量も53kgと魅力。
平場だが京都ダート1400mで1着という実績もある。
牡馬混合の御影Sでは、羅生門S1着、2着のワンダーコロアールとタガノトネールを下している。

対抗は、エアウルフ。
2013年に同レース2着の実績がある。
京都ダート1400mとしては、2着2回、7着2回。
父フレンチデピュティ、母父アフリートともにこのコースでは適性のある血統。
懸念点は、福永騎手と、8枠。

単穴はジョヴァンニ。
霜月Sではハンデ54kgの軽量を生かし、1着。
距離短縮も表に出た。
京都ダート1400mの成績はあまり良くないが、6歳とまだ若く、前走より斤量が+3kgも、馬券に絡める可能性はある。


他は、キクノストーム、ちょっと距離が長いと思われるサウンドガガ、キズマ、シセイオウジまでか。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング 競馬・データ理論へ


人気ブログランキング 競馬・血統理論へ


マイルCS南部杯予想~本命ベストウォーリア

本命は、ベストウォーリア
第19回プロキオンSの勝ち馬で、その他、中央のオープンのレースであるすばるS、オアシスS勝ちなどの実績があるため、実績はNo.1。
だが不安な点もある。
ベストは1400mな点。
1600mは取りこぼしや力負けもある点が、1つ目の不安な点。
地方でのレースは、JDD以来なのだが、兵庫CS2着、JDD5着と、どちらかというとやや不安な実績しか残せていない点が2つ目の不安な点。

ナムラタイタンにも期待。
岩手競馬に移籍したものの、実力はまだまだ健在。
佐賀記念では、エーシンモアオバーに先着し3着などがあり、今回も侮れない。
差し詰め実績面では、GⅠ東京大賞典で4着、GⅡ東海S2着、GⅢ武蔵野S1着など数多くの勝利を手にして来たこの馬がNo.1.
マイルも本レースの中では1番適性が高い。
対抗。

単穴はキョウエイアシュラ
オーバルスプリントで優勝。(但し、斤量は54kg)
プロキオンSではベストウォーリアの10着に敗れたものの、0.4秒差で着順程の実力差はない。


アドマイヤロイヤルはMCS3度目の挑戦。
位置取りが後ろ過ぎて昨年度は5着。一昨年は3着。
ベストウォーリアとの対戦は、前走プロキオンSで1秒5差で負け、2走前はアハルテケSでは0.2秒差の負け、4走前はフェブラリーSでタイム差なしだが負け。
マイルのほうがタイム差は少ないが、それがどうでるか。



【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ