本命アンビシャス
騎手は横山典騎手。
乗り代わりになるのはマイナスだし、ある程度ポツンの覚悟も必要。
だがGⅠともなるとやはり信頼度は高い。
アンビシャスは、第67回毎日王冠でルージュバックの2着馬。
ルージュバックは斤量54kgだったが、アンビシャスは57kg。
今回は、ルージュバックは+2kgで56kgだったが、
アンビシャスは+1kgで57kgと、斤量差が縮まる。
確かにルージュバックは強いが、中山牝馬S、ヴィクトリアMの戦績と、
エプソムCのメンバーレベルを考えると、少々疑問符。
「4歳馬の成長力」は怖いが、それならアンビシャスのほうが上。
第90回中山記念でドゥラメンテとタイム差なしの2着、
第60回産経大阪杯ではキタサンブラックに勝利している。

対抗はモーリス
マイルでは圧巻のGⅠ4連勝。
その実績をひっさげ臨んだ第52回札幌記念で2着。 
1着がネオリアリズムだったが、小回り+洋芝+稍重で、
ブエナビスタもヤマニンンキングリーに負けたコースなので、
それを考えれば悲観しなくてよい。
東京コースのほうがパフォーマンスを上げてくることは間違いない。
また、スクリーンヒーロー自身も天皇賞2着、JC1着、アルゼンチン共和国杯1着があり、
東京 コースを得意としていることから、モーリスも期待がかかる。


単穴はラブリーデイ
リピーターが多い天皇賞秋。
今年はこのラブリーデイがリピーターの第一候補。
今年は臨戦過程と戦績で目立ったものは残せていなかったが、
前走の第51回京都大賞典では1着は1枠のキタサンブラックに対し、
ラブリーデイは8枠で、0.1秒差の3着だった。 
この差を考慮すれば 能力的にはまだ一発あると考える。
今回、枠も大外と運もないが、15頭立てと、コース適性を考えると馬券内は十分ある。