中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

フェブラリーS

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

平安S予想〜本命ロワジャルダン中穴狙いショウナンアポロン

平安Sの予想です。

本命は、ロワジャルダン。
勝ちきれないところがあるが、
第16回チャンピオンズC4着や、
第33回フェブラリーS5着などがあり、
実力は上位。
デムーロ騎手に乗り代わりで心機一転。
先行できるのも強み。
ショウナンアポロンを見て攻められれば。

対抗は、アスカノロマン。
すっかり落ち着いて実力開花。
第33回フェブラリーSでも3着になり、
アンタレスSでも2着があり、
ここでは1枚抜けている。
58kgだが、大型馬なのでさほど気にしなくてもよいが、
外枠という点はマイナス。


単穴は、
中穴狙いショウナンアポロン。
内枠で、逃げともなれば怖い存在。
第23回マーチSでも逃げて優勝。
ソロルやクリノスターオーを抑えた。


アウォーディーの妹のアムールブリエや
重賞ウィナーのクリノスターオーも
要注意か。

アンタレスS予想〜本命ロワジャルダン中穴狙い

本命は、ロワジャルダン
フェブラリーS5着だったが、マイルは距離が少し短った。
1800mのほうがよい。
中京実績もあり阪神コースも適正は高いはず。


image



対抗はアウォーディー
こちらは逆に1800mだと距離が短い感じを受ける。まぁオークランドレーシングクラブトロフィーを勝っているので、3着は固いか。


単穴は中穴狙いで、サンマルデューク。
人気薄で、師走S、ポルックスSを勝ち、驚かせたが、マーチSでは11着だった。
但し、蛯名騎手への乗り代わりや、イッシンドウタイと同ハンデだったことが響いた結果だが、タイム差は0.9秒差と、内容はさほど悪くない印象。
今回は手のあった武士沢騎手に戻るし、直線が長くなるぶん、期待値はアップする!

平安S予想~本命ダノンバトゥーラ中穴狙い

本命ダノンバトゥーラ
第20回アンタレスS4着。
クリノスターオーから0.4秒差。
アンタレスSでは後方にいたクリノスターオーとナムラビクターに差された。
逃げていた2着アジアエクスプレスは、捉えられず、0.3秒差。
ただスタート後にペースが落ち着きやすい京都ダート1900mであれば前残りを期待する。
京都ダートコースでは3勝しているのも強み。
騎手は浜中騎手のままで、この馬に合っているからいいだろう。
キングカメハメハ産駒というのもコースにあっている。

対抗はインカンテーション
第32回フェブラリーSではコパノリッキーと0.2秒差の2着。
内田騎手と手があっていた。
京都コースも得意で第5回みやこSでの優勝や、第4回みやこSで2着の実績がある。
シニスターミニスター産駒もコース成績はかなり良く、手ごわい一頭。

単穴はアジアエクスプレス
本当はこちらを本命にしたいが、人気面を考慮して。
先行する馬が有利なコースだけに、コース経験がない馬でも大崩れしないだろう。
騎手も引き続き戸崎騎手。
前走の第20回アンタレスSでは逃げて2着。
差しが決まりやすい中で逃げ残ったのは、やはり力がある証拠。
7枠も問題ないだろう。

連下はクリノスターオー
京都でも阪神でも走るし、逆にさっぱり走らない時もある。
前走は第20回アンタレスSで6番人気ながら1着。
買い時が難しい。
ただ前走のメンバーと勝ち方をみると、力は上位。
第21回平安Sでも12番人気で勝っているだけに、気になるところだが、メンバーは今回のほうがかなりレベルアップしている。

あとはマイネルクロップ
京都ダート1800mと1900mでは[4-3-3-1]と相性のいいコース。
佐賀記念⇒第22回マーチSと重賞を連勝しており、調査の良さと、成長がうかがえる。
3着なら十分にありえるし、人気の盲点だろう。。
クロフネ産駒自体のコース適性はあまり良くないのが難点。

騎手で選ぶならドコフクカゼ騎乗の四位騎手。
京都ダート1900mが非常に得意。

かしわ記念予想~本命サンビスタ

本命はサンビスタ
第4回レディスクラシック優勝馬。
他にも牝馬限定戦では、
第18回TCK女王盃1着
第19回マリーンC1着
などの実績があり、牝馬では敵なしといえる。

牡馬混合のGⅠでも、
チャンピオンズCでは0.4秒差の4着、
第32回フェブラリーSでは0.4秒差の7着、
など牡馬に引けを取らない実力を持っている。

ダート1600mは3度目だが、
マリーンCを見る限りマイル適性もかなり高い。

騎手は岩田騎手。

根岸S予想~本命エアハリファ対抗サトノタイガー

本命はエアハリファ
キズマと同じDiscreet Cat産駒で、東京コースのダート1400m~1600mがフィットするコース。
前走は、第19回武蔵野S2着で、ワイドバッハと差のない競馬ができる実力がある。
また、ベストウォーリアやナガラオリオンなど強敵とも戦ってきており、この馬の実績も信頼できる。
枠は、3枠で可も不可もなく、という感じだが、過去10年で4枠が4勝を挙げていることから、その隣もなかなかいい枠だと捉えたい。
隣のボアゾンブラックが逃げて押し上げて行っても、付いていかず待機していてほしい。

対抗は、サトノタイガー
地方馬(元々は中央なのだが)でありながら、第7回カペラS2着、JBCスプリントでも2着だった点を高く評価。
騎手も御神本騎手で乗り替わりなし。
枠はやや内枠だが、外過ぎるよりプラス。
ハイペースになれば勝機はある。
東京ダートコースの適性が不明だが、元々芝馬なだけにスピードの出るこのコースでは、それが生かされることとなるだろう。

他はグレープブランデー、人気のワイドバッハ、サトノプリンシパル、キクノストーム、キョウワダッフィー。

グレープブランデー
近年、サンデーサイレンスを父父に持つ血統で決まっているが、今回は選び難かった。
本命と対抗が非SS系の父なので、3番手あたりにグレープブランデーあたりを選んでおきたい。
ただ血統的には東京コースはぴったりで、後は距離。
中穴狙いとして入れておきたい。

ワイドバッハ:
ワイドバッハは、第19回武蔵野S1着⇒GⅠチャンピオンズCでも6着とめきめき力をつけている。
今回は人気するか。



マイルCS南部杯予想~本命ベストウォーリア

本命は、ベストウォーリア
第19回プロキオンSの勝ち馬で、その他、中央のオープンのレースであるすばるS、オアシスS勝ちなどの実績があるため、実績はNo.1。
だが不安な点もある。
ベストは1400mな点。
1600mは取りこぼしや力負けもある点が、1つ目の不安な点。
地方でのレースは、JDD以来なのだが、兵庫CS2着、JDD5着と、どちらかというとやや不安な実績しか残せていない点が2つ目の不安な点。

ナムラタイタンにも期待。
岩手競馬に移籍したものの、実力はまだまだ健在。
佐賀記念では、エーシンモアオバーに先着し3着などがあり、今回も侮れない。
差し詰め実績面では、GⅠ東京大賞典で4着、GⅡ東海S2着、GⅢ武蔵野S1着など数多くの勝利を手にして来たこの馬がNo.1.
マイルも本レースの中では1番適性が高い。
対抗。

単穴はキョウエイアシュラ
オーバルスプリントで優勝。(但し、斤量は54kg)
プロキオンSではベストウォーリアの10着に敗れたものの、0.4秒差で着順程の実力差はない。


アドマイヤロイヤルはMCS3度目の挑戦。
位置取りが後ろ過ぎて昨年度は5着。一昨年は3着。
ベストウォーリアとの対戦は、前走プロキオンSで1秒5差で負け、2走前はアハルテケSでは0.2秒差の負け、4走前はフェブラリーSでタイム差なしだが負け。
マイルのほうがタイム差は少ないが、それがどうでるか。



帝王賞予想~本命コパノリッキー中穴ワンダーアキュート

帝王賞予想。

JRA勢からは、フェブラリーSやかしわ記念を制したコパノリッキー。
実績No.1ニホンピロアワーズ。
古豪ワンダーアキュート。
その他はソリタリーキング、末脚強烈なシビルウォー。

地方からは、オオエライジンが参戦する。

ニホンピロアワーズはどうか。
アンタレスSは58kgを背負ったもののまさかの3着。
距離もコースもベストだったが、負けた点は評価を落としたい、
また、遠征はどちらかというと苦手な点が気になる。
対抗まで。


本命はコパノリッキー
GⅠ連勝中の若い4歳馬。
若いだけでこのメンバーだけではプラス評価。
マイル路線で活躍しているものの、兵庫CSでは1870mをこなし優勝しているし、伏竜Sでも1800mを勝利している。

ただ、距離不安はないわけではない。

過去データ的にも、ゴールドアリュール産駒のスマートファルコンが勝っているが、ゴールドアリュール産駒はどちらかというとマイル向き。
スマートファルコンやクリソライトは2000m以上の重賞を勝っているが、エスポワールシチー、オーロマイスター、シルクフォーチュンなどは2000m以上の重賞勝ちはない。たぶん。

とはいえ、本命でよいだろう。

ワンダーアキュート。
フェブラリーS6着⇒かしわ記念3着と連を外しているが、ここでは意地を見てみたい。
もともとマイルでは短いということもあり、そこまで、心配していない。
むしろ、今回距離が伸びて、地方で走ることがプラス評価になるのは、唯一この馬だけだ。
今年8歳だが、大きな衰えはなく、日本テレビ盃⇒JBCクラシック⇒JCD⇒東京大賞典くらいの成績は期待できる。
今回最も怖い馬。

ソリタリーキングが、連下。
佐賀記念2着⇒名古屋大賞典2着と惜敗しているが、佐賀記念では、58kgを背負い騎手の差で負け、名古屋大賞典でも58kgを背負い、4kg軽いダノンカモンに負けた。
JBCクラシックは3着なので、実力は十分にある。
ここでは、3番手。

次にムスカテール。
過去ブライアンズタイム産駒はフリオーソやバーディーバーディーが活躍している相性のいいレース。
ブライアンズタイムを父に持つマヤノトップガン産駒のムスカテールも一見相性は良さそうだが、父方ブライアンズタイム系の場合、母方はMr.Prospectorのほうが向いているようだ。
よってムスカテールは疑っている。


◎ ⑦コパノリッキー
○ ②ニホンピロアワーズ
▲ ⑩ワンダーアキュート
△ ④ソリタリーキング
× ⑥シビルウォー、⑨ムスカテール



フロック勝ちではないところを見てみたい~かしわ記念

上半期のダートマイル路線で行われる二度目のGⅠの『かしわ記念』。

ここは、たったの8頭立てとなってしまったが、フェブラリーS優勝のコパノリッキーが出走することとなり、何とか盛り上がれそうなレースとなりそうだ。

予想です。


本命はフェブラリーSを16番人気で優勝した『コパノリッキー』。

前回がまぐれだと言われないよう結果を残してほしい。
幸いにも、騎手は引き続き田邉騎手を確保し、その他の強い馬も少ない。
また、地方のダートコースでのレースとなるが、兵庫チャンピオンシップでも結果を出しているため不安は少ない。

また、データ的にも、過去10年のうち、
■JRAの馬が7勝。
■前走がフェブラリーSの馬が3勝
■4歳馬が3勝
と割と好材料はそろっている。

だが、
フェブラリーSの勝ち馬の、かしわ記念での成績は[1-0-1-2]と全幅の信頼とまではいかない点には注意したい。。
参考までにだが、フェブラリーSの2着馬は[2-2-0-1]と優勝馬を上回る成績を残しているが、今年は出走馬なし。。


対抗は、ワンダーアキュート。
フェブラリーSでは掲示板外の6着と結果が出なかったため、マイルに距離的な不安があるが、フェブラリーSでは3着が2度という実績はあるし、何よりメンバー的にも負けられない。

個人的には、フェブラリーSから帝王賞に直行してもらいたかったが……

セイクリムズンは、
第26回南部杯マイルCSで3着の実績はあるが、昨年のかしわ記念は5着。
やはり、適性は1400m以下か。
今回は、内枠でロスなく運べればマイルは持つだろうし、3着は確保できそう。

それよりはアドマイヤロイヤルに期待したいが、フェブラリーSの結果からは厳しいか。

また、ゴールスキーも、ハナっから、とてもここのレースを取りに来たとも思えず、メンバー構成を見て出てきたのではと思える点があり、フェブラリーS10着⇒アンタレスS10着の結果を見ても、ちゃんと調整できているのか不安が残る。


◎⑤コパノリッキー
○⑦ワンダーアキュート
▲②セイクリムズン
△④ゴールスキー
×①アドマイヤロイヤル





中央競馬 ブログランキングへ



【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ