中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

フラワーC

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

第77回優駿牝馬(オークス)予想〜本命シンハライト

第77回オークスの予想です。

本命は素直にシンハライト。
桜花賞2着。
チューリップ賞も1着であることから、
信頼度はやはり素直に高いと思う。
ディープインパクト産駒で、母父もSingspiel。
東京芝2400mも問題ないだろう。
池添騎手も大舞台に強く、
枠もここに収まれば、連は外さないだろう。


対抗はアットザシーサイド。
桜花賞3着馬。
目立った成績はないが、
阪神JF5着、フィリーズレビュー2着など堅実さが光る。
キングカメハメハ産駒☓母父アグネスタキオンだが、
内枠で福永騎手のコンビであれば最後は詰まっても馬券内に、来れるだろう。


単穴は、中穴狙いでデンコウアンジュ。
チューリップ賞でシンハライトの5着や、
アルテミス賞でメジャーエンブレムを負かすなど、
実力はそれなりにある。
メイショウサムソン産駒で東京向き。
距離もマイルよりは2000m超のほうが得意だろう。
川田騎手が下手に下げたり大外回したりしなければ。


連下はチェッキーノ。
フローラSからのローテーション。
前走はルメール騎手を背に、0.5秒差をつけて優勝。
今回は戸崎騎手に乗り代わり。
血統面や騎手が乗り代わるなどしたこともあり、
あまり強気にしないほうが良いか?


ペプチドサプル。
東京芝2400mが得意な四位騎手が騎乗する。
マンハッタンカフェ産駒で母父はサクラローレル。
距離は伸びた方が間違いなく良いだろう。
アネモネS3着や忘れな草賞2着と実績は少し物足りないが、
チェッキーノやロッテンマイヤーらと差はないうえに
舞台と距離を考えると逆転してもおかしくない。
中1週だが好調を維持できていれば。

第77回優駿牝馬(オークス)プレ予想〜本命シンハライト中穴狙いペプチドサプル

第77回優駿牝馬(オークス)の展望。

本命は、シンハライト。
例年通り桜花賞組が中心となるだろう。
G1ウィナーのメジャーエンブレムやジュエラーがおらず、押し出される形での人気馬というのは信頼性に疑問符を付けたくなる。
とはいえ、チューリップ賞も勝っており、
堅実さも実力はかなり高いのは間違いなく、
そこにどれだけ掛けられるか。

中穴狙い派としては
ロッテンマイヤー、レッドアヴァンセ、ペプチドサプルが気になる。
それぞれ長所短所あるが、
それがオークスでいい方向にでるか悪い方向にでるかは
後程、もう少し深堀して、予想してみるのがよさそう。

スイートピーS予想〜中穴狙いで本命ギモーヴ

スイートピーSの予想です。
中穴狙いで本命はギモーヴ

フラワーC4着馬。
ハービンジャー産駒で、東京芝1800mには十分対応可能。
母はヒカルアマランサスで、その父はアグネスタキオン。
底力と、スピードがあり、中山コースよりもパフォーマンスを上げられるだろう。
また2000mよりは1800mのほうが良いだろう。


騎手が乗り代わりで石川騎手となるが、不安。

フローラSプレ予想~本命クロコスミアで中穴狙い

フローラSのプレ予想。

本命はクロコスミア
東京芝2000mで好走するステイゴールド産駒。 
第50回札幌2歳Sで3着や、
第4回アルテミスSで3着がある。
中穴狙い。

対抗はフロンテアクイーン。
第51回クイーンCでメジャーエンブレムに5馬身差離された2着だったが、
他には菜の花賞2着などもある。
今回は、距離が2000mに伸びたが、その分プラス要素は大きい。

クィーンズベストも有力か。


マーメイドS予想~本命リラヴァティ

本命はリラヴァティ
4歳。
阪神芝2000mに適性のあるゼンノロブロイ産駒。
リラヴァティ自身も四国新聞杯で勝利している。
また、前走福島牝馬S(ハンデ53kg)でも2着と好調を維持している点が、好評価。
ハンデは前走と同じ53kgで据え置き。
騎手は、四国新聞杯で騎乗した松山弘平騎手に戻る点はプラス。

対抗はパワースポット
第50回京都牝馬S3着、第33回中山牝馬S3着と、7歳ながら力のあるところを見せた。
ここ2走は凡走しているが、能力は上位。
その割にハンデは53kgと魅力。
騎手は、手が合っている大野騎手に戻るのは大幅にプラス評価。
スズカマンボ産駒。
Kingmamboの子のキングカメハメハ産駒同様、スズカマンボ産駒もこのコースに強い。
また、Nijinskyの血統が入っているのもプラスの加点。

単穴はウインプリメーラ
阪神コースでは期待してしまうステイゴールド産駒。
以外にも2000mのレースは初。
大外8枠だが、阪神芝2000mならさほど気にするほどでもなさそう。
前走パールSは松山騎手が騎乗し、イリュミナンスに快勝した。
今回は和田騎手。
ハンデは54kgとやや見込まれたが、第20回チューリップ賞2着という実績もあり、仕方ないか。

後は、フィロパトールとメイショウスザンナ。

第20回NHKマイルC予想~本命クラリティスカイ

本命はクラリティスカイ
4枠。
父クロフネ×母父スペシャルウィーク。
フレンチデピュティの血統を持つ馬は、
本レースで活躍したインパルスヒーロー、
マイネルホウオウなど、東京マイルが大得意。
また、第75回皐月賞で5着というクラシックの成績も光る。
その皐月賞では、内枠の馬で上位を占める中、
8枠から逃げて5着だったというだけに、力はある。
皐月賞や弥生賞より上の着順は狙える。
また、他にも、第66回朝日杯FSでも3着だった。
但し、皐月賞からのローテーションだと過去10年で1着はなし。
騎手は引き続き横山騎手というのは心強い。

対抗はアルマワイオリ
5枠は〇。
第66回朝日杯FSでは14番人気ながら2着。
その後も、
第24回アーリントンC2着⇒第33回NZT3着と安定感はある。
マツリダゴッホ産駒で大舞台に強そうなのは〇。
ただ、東京芝1600mのコース適性は高くない。
騎手は引き続き勝浦騎手なのは〇。

単穴はアヴニールマルシェ
1枠。
内枠すぎるせいか、過去10年で1着がない枠だが、
第19回NHKマイルCではタガノブルグと、
キングズオブザサンの2頭が2着、3着だった。
その他、リアルインパクト、ダイワバーバリアンなどが
馬券になっているため、プラス評価とする。
第49回共同通信杯では5着に敗れたものの、
第19回東スポ杯2歳S2着や、第34回新潟2歳S2着がある。
北村騎手もまぁ信用してもいいかと思う。
ディープインパクト産駒も評価は高いが、
母父のフレンチデピュティがやはり個人的に高評価。

連下はヤマカツエース。
第33回NZT1着馬。
第29回ファルコンSは3着だが、タガノアガザルとタイム差はなし。
第24回アーリントンCでは6着と掲示板を外したものの、
1着のヤングマンパワーからは0.2秒差だった。
池添騎手。
キングカメハメハ産駒。


実績では、
ファルコンS1着のタガノアザガル、
シンザン記念1着のグァンチャーレ、
アーリントンC1着のヤングマンパワーにも注目。

他は、血統的に8枠のマテンロウハピネス、ニシノラッシュにも注意。

忘れな草賞予想~本命フローレスダンサー

本命はフローレスダンサー
エリカ賞4着以来だが、
コース経験ありというのが強み。
第3回アルテミスS4着、
第1回京都2歳S4着と、
相手なりに走っている。
C.ルメール騎手に乗り替わり。
ハービンジャー産駒で、パワーのいる阪神コースは向いているはず。

対抗は、ロカ
フローレスダンサーと同じくハービンジャー産駒。
コース経験はないが、マイルよりは2000mぐらいのほうがよさそう。
第50回クイーンC3着、
第22回チューリップ賞4着が主な実績。
M.デムーロ騎手が引き続き騎乗する。

桜花賞データ分析





桜花賞~有力馬コメント2








フラワーC予想~本命ローデット

本命はローデット
第31回フェアリーS2着でノットフォーマルと0.1秒差。
完全に8枠が響いた。
今回は、1枠2番でノットフォーマルより内側。 
きっちり決めてくれるはず。
中山芝1800mではいまいち信用できないディープインパクト産駒。
姉にオースミハルカと兄にオースミグラスワンがいる。
引き続き戸崎騎手が騎乗するのも心強い。

対抗は、続きを読む
【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ