中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

マーチS

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

平安S予想〜本命ロワジャルダン中穴狙いショウナンアポロン

平安Sの予想です。

本命は、ロワジャルダン。
勝ちきれないところがあるが、
第16回チャンピオンズC4着や、
第33回フェブラリーS5着などがあり、
実力は上位。
デムーロ騎手に乗り代わりで心機一転。
先行できるのも強み。
ショウナンアポロンを見て攻められれば。

対抗は、アスカノロマン。
すっかり落ち着いて実力開花。
第33回フェブラリーSでも3着になり、
アンタレスSでも2着があり、
ここでは1枚抜けている。
58kgだが、大型馬なのでさほど気にしなくてもよいが、
外枠という点はマイナス。


単穴は、
中穴狙いショウナンアポロン。
内枠で、逃げともなれば怖い存在。
第23回マーチSでも逃げて優勝。
ソロルやクリノスターオーを抑えた。


アウォーディーの妹のアムールブリエや
重賞ウィナーのクリノスターオーも
要注意か。

オアシスSプレ予想〜中穴狙いプロトコル

オアシスSのプレ予想です。

本命は、ニシケンモノノフ。
武蔵野S4着を評価。
これまで1400m中心に走っていたが、
1600mにも対応できた。
師走S1800mは距離の面やコースの面で合わなかったので度外視でよいが、
すばるSで1着、黒船賞で2着と得意の1400mで活躍した。


対抗はプロトコル。
中穴狙い。
オープンでの実績は薄いが、
1600万下では、東京ダート1600mで行われた秋嶺Sでモーニンの2着や、
錦秋Sで1着がある点を評価。
スクリーンヒーロー産駒なのでモーニンと同じ点も評価できる。

大沼S予想~本命ソロルで中穴狙い。カーティスバローズで中穴狙い。

本命はソロル
Roberto系のタニノギムレット産駒やブライアンズタイムらの仔がよく好走するレース。
同じくRoberto系に分類されるシンボリクリスエス産駒のソロルを軸にしたい。
実績面でも、第21回マーチS1着や第21回平安S2着などがあり、メンバー中、上位の実力を持っている。
近走も、GⅡの第32回東海S5着や、第22回マーチS8着がある。
東海Sでは、コパノリッキーが2着に4馬身差をつける快勝だったが、2着のグランドシチーから5着のソロルまでは、わずか0.2秒差だった。
マーチSでは、トップハンデ57.5kgを背負い、血統的にも向かないコースだったにも関わらず、0.2秒差と善戦した。
コース変わりはプラスとなるはず。
懸念面は騎手で、初騎乗の藤岡康太騎手に乗り替わることとなる。


対抗は、エアウルフ

単穴はカーティスバローズ
中穴狙い。
ここ5走はダート1400mを走っていた。
2走前には1600万下鎌倉Sで優勝し、晴れてオープン馬になった。
今回は約1年ぶりのダート1700mだが、2014年に札幌ダート1700mで2連勝しており、問題ない。
全体の成績としては、ダート1400mが[1-1-0-3]に対して、ダート1700mは[2-1-2-0]と、適性は明白。
ダート1800mでも[2-2-3-5]と、マイル以上の距離でも走れている。
騎手は三浦騎手に乗り替わり、初騎乗となるが、問題ないだろう。
父はマンハッタンカフェ産駒。
同じマンハッタンカフェ産駒にエーシンモアオバーがいるが、札幌と函館のダート1700mで6勝(全12勝の半分)を挙げているほど、相性がいい舞台。
適性の高さはきっとカーティスバローズにも言えることだろう。
金曜日の段階では7番人気だったが、土曜になると人気するかな?



人気ブログランキング 競馬・データ理論へ


人気ブログランキング 投資競馬へ


人気ブログランキング 競馬・血統理論へ

平安S予想~本命ダノンバトゥーラ中穴狙い

本命ダノンバトゥーラ
第20回アンタレスS4着。
クリノスターオーから0.4秒差。
アンタレスSでは後方にいたクリノスターオーとナムラビクターに差された。
逃げていた2着アジアエクスプレスは、捉えられず、0.3秒差。
ただスタート後にペースが落ち着きやすい京都ダート1900mであれば前残りを期待する。
京都ダートコースでは3勝しているのも強み。
騎手は浜中騎手のままで、この馬に合っているからいいだろう。
キングカメハメハ産駒というのもコースにあっている。

対抗はインカンテーション
第32回フェブラリーSではコパノリッキーと0.2秒差の2着。
内田騎手と手があっていた。
京都コースも得意で第5回みやこSでの優勝や、第4回みやこSで2着の実績がある。
シニスターミニスター産駒もコース成績はかなり良く、手ごわい一頭。

単穴はアジアエクスプレス
本当はこちらを本命にしたいが、人気面を考慮して。
先行する馬が有利なコースだけに、コース経験がない馬でも大崩れしないだろう。
騎手も引き続き戸崎騎手。
前走の第20回アンタレスSでは逃げて2着。
差しが決まりやすい中で逃げ残ったのは、やはり力がある証拠。
7枠も問題ないだろう。

連下はクリノスターオー
京都でも阪神でも走るし、逆にさっぱり走らない時もある。
前走は第20回アンタレスSで6番人気ながら1着。
買い時が難しい。
ただ前走のメンバーと勝ち方をみると、力は上位。
第21回平安Sでも12番人気で勝っているだけに、気になるところだが、メンバーは今回のほうがかなりレベルアップしている。

あとはマイネルクロップ
京都ダート1800mと1900mでは[4-3-3-1]と相性のいいコース。
佐賀記念⇒第22回マーチSと重賞を連勝しており、調査の良さと、成長がうかがえる。
3着なら十分にありえるし、人気の盲点だろう。。
クロフネ産駒自体のコース適性はあまり良くないのが難点。

騎手で選ぶならドコフクカゼ騎乗の四位騎手。
京都ダート1900mが非常に得意。

ブリリアントS予想~本命ドコフクカゼ

本命はドコフクカゼ
5歳馬でハンデは55kg。
前走は仁川S2着。
東京ダート2100mでは晩秋S1着がある。
馬体重には特に注意したい一頭
騎手は岩田騎手で、ベテルギウスS9着での
騎乗経験があるが、+24kgの馬体重での
出走だったため度外視でいい。

対抗は、カゼノコ
ハンデは58kgと重いが、地方ではJDD1着や
川崎記念2着などの輝かしい成績がある。
中央でも第32回フェブラリーS8着や、
第15回チャンピオンズC7着がある。
騎手は今回も浜中騎手。
直線が長いので末脚が嵌るかも。

単穴はヴォーグトルネード
みやこS16着⇒マーチS12着と
重賞の壁にぶちあたっているが、
オープンクラスではブラジルC3着、BSN賞3着がある。
東京ダート2100mは得意で、[3-2-2-0]
ハンデは57kg、重賞実績がない割に見込まれた感じがする。

連下は、メイショウイチオシ。
メイショウボーラー産駒。
仁川S5着やベテルギウスS4着の実績がある。
ハンデは54kg。
騎手は武幸四郎騎手のまま。

他は、ナリタポセイドン、サンマルデューク、キクノソル。

マーチS予想~本命マスクトヒーロー

本命はマスクトヒーロー
母はビハインドザマスクで、貴重な牡馬。
父はハーツクライ産駒。
父の産駒は中山ダート1800mでいい成績を残している。
騎手は横山騎手でプラス。
ハンデ57kgは想定内。
7歳馬だが、最近7歳馬の活躍も多く、期待できる一頭。

対抗は続きを読む
【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ