中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

メイS

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

メイS予想〜本命テイエムイナズマ中穴狙いはメドウラーク

メイS予想です。

本命はテイエムイナズマ。
第47回デイリー杯2歳Sを勝つなど、
若駒の時から実力があった。
一時期スランプがあったが、
ここに来て大阪城S1着、六甲S2着と、
ようやくオープンでも勝ち負けができるようになった。
騎手は古川騎手のまま。


対抗は
中穴狙いでメドウラーク。
第52回中日新聞杯7着。
父はタニ丿ギムレットで、母父は、クロフネ。
母の母はトゥザビクトリー。
なので、東京コースでも力を発揮できるだろう。


単穴はカムフィー。
中穴狙い。
距離短縮をして来た点は評価できる。
スピードに戸惑うかもしれないが、
東京芝1800mでのダンスインザダーク産駒は怖い。


ゼロスも注意したい。


エプソムC予想~本命サトノアラジン中穴狙いはユールシンギング

本命はサトノアラジン
前走、モンゴル大統領賞でハンデ55kgだったとはいえ、大外18番から追い込んで優勝。
力の違いを見せつけた。
これでC.ルメール騎手に乗り替わって2連勝。
今回も引き続きC.ルメール騎手なので期待できる。
血統は、ディープインパクト産駒×母父Storm Cat。
エプソムCが行われる東京芝1800mでもこの血統は強い。
さらに母系にNijinskyを含み、余計にこのコース適性を際立たせているのではないか。
コース実績としては、東スポ2歳S5着、第48回共同通信杯3着などがある。
今回の位置取りは、2枠だけに最後方ということはないが、エイシンヒカリがおり、速くなる展開を考えれば優位だろう。

対抗はディサイファ
第31回エプソムC優勝馬。
また、第51回中日新聞杯でも1着となっている。
その他、東京コースでは、第150回天皇賞秋で12着(0.6秒差)。
第65回毎日王冠で4着。(0.1秒差)。
内枠スタートで、直線の長い左回りコースに実績がある。
今回は8枠ということでやや評価を下げている。
騎手は引き続き四位騎手。

単穴は、ユールシンギング
母父スペシャルウィークはNijinskyの血統を含み、このコースでの相性はよい。
実際にこの馬も東京芝1800mの成績は、[1-2-1-0]。
一時期、絶不調だったが、吉田隼人騎手に乗り替わった前走、第37回新潟大賞典9着と、変わり身を見せた。
今回も吉田隼人騎手で期待はできる。
勝てるだけの実力と血統。

連下はヒラボクディープ
第20回青葉賞優勝馬。
エイシンヒカリやサトノアラジントと同じで、ディープインパクト産駒の母父Storm Cat。
さらにGrey Sovereignの血統も持っており、このコースでの適性は高いはず。
長い距離を走らされていて調子を落としていたが、白富士S以降復調気配を見せつつも、コース適性が合わなかった。
また、騎手も固定できなかったのが響いていたが、柴山騎手で2走続けて出走というのは、手が合ったのだろう。


後は、アーデントエイシンヒカリ


モンゴル大統領賞予想~本命エックスマーク中穴狙い

本命はエックスマーク。
蛯名騎手に乗り替わりでチャンスあり。
他の実力馬は外に行き、内枠で労せず先行できそう。
オープンクラスでは実力は高く、また、東京コースも強い。
白富士S2着、アンドロメダS3着などがある。
今回ハンデは56kgと妥当なところ。


他に中穴狙いであれば、ヒラボクディープやファントムライト、ヒュウマあたりか。




エプソムC~中穴狙いで本命ダノンヨーヨー

image
まず、切る馬は、59kgのパドトロワとダークシャドウ。

ゴールデンナンバーは牝馬なので評価を下げたいが、瞬発力勝負になった場合の牝馬の切れ味は怖い。
特に、ゴールデンナンバーはNijinskyの血も入っており、このレースでは脅威の末脚が嵌る可能性はある。
ただ牡馬混合の重賞ではやや厳しいか。

トーセンジャガーは、このレース相性のいいマンハッタンカフェ産駒だが東京実績が薄い。

マジェスティハーツは、ハーツクライ産駒。
第30回ジャスタウェイが2着になったように、このコースは向いている。
新潟大賞典2着の実績から言うと、ここでも上位。
斤量の1kg増加と、横山騎手の乗り替わりがどうか、というところが、実は心配。

シルクアーネストはグラスワンダー産駒で、このコース向きそうな気がするが、全盛期でも不振だったため、正直厳しいか。
その半弟マイネルラクリマも時計がかかる馬場ならおもしろそうだが・・・。

フェスティヴタローは東京コースとの相性はいい。
東京芝1800mで[2-1-0-1]。
3着を外した前走メイSは、逃げられない展開だったのも響いているかもしれない。
脚質的に逃げだが、このレースは力がいる馬場ということもあり、前残りの傾向もある。
血統的に判断はしづらいが、逃げられればこのメンバーでも怖くはない。


過去10年見てみると、枠は、3枠、7枠、6枠、1枠、4枠あたりが狙い目。
8枠でもジャスタウェイクラスなら届く。
但し、7枠が活躍していたのは8~10年前の話。
近年は、3枠、4枠などの内枠傾向にある。
マイネルラクリマ、レインスティック、ゴールデンナンバー、パドトロワ

新潟記念組とは相性のいいレースだけに、ダノンヨーヨー、タマモベストプレイ、マジェスティハーツ、カルドブレッサは要注意。


■予想
◎ ③ダノンヨーヨー
○ ⑬マジェスティハーツ
▲ ①ディサイファ
△ ⑰カルドブレッサ
× ⑦ゴールデンナンバー

【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ