中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

伏竜S

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

鳳雛S予想〜本命マインシャッツ

鳳雛Sの予想です。

本命はマインシャッツ。
母父はMineshaft。
前走は阪神ダート1800mで良い時計を出し、
3着以下に7馬身を付けて勝った。
クリノリトミシュルも破っている。
但し、2着のフォンターナリーリがスズカミラージュに負けたということもあり
力関係は甲乙付けがたい面もある。
幸騎手に乗り代わるのはプラスか。

青竜S予想〜本命ダノンフェイス対抗アルーアキャロル

青竜Sの予想です。


本命は、ダノンフェイス
今の岩田騎手は不安だが、昇竜S勝ちの実績がある。
キングカメハメハ産駒はそこそこだが、
母父アグネスタキオンだと東京ダートマイルは適性が高そうですね。


対抗は、アルーアキャロル。
実績面とタイムや着差からみると、過剰人気しそう。
但し、ゴールドアリュール産駒はやはり東京ダート1600mだと強く、評価できる。
大野騎手も信頼できる。

単穴はグレンツェント。

端午S予想〜中穴狙いで本命スリラーインマニラ

端午Sの予想です。

ここは、中穴狙いで、本命端午S予想〜中穴狙いで本命スリラーインマニラとします。

ダートも上手い蛯名騎手が騎乗。
440kg前後の小柄な馬。
昇竜S2着がある。

キンシャサノキセキ産で、母父End Sweep。
どちらもスピードがあり芝もこなせるが、
ダートでも問題ない血統。

ユニコーンS予想~本命アルタイルで中穴狙い

本命アルタイル
カネヒキリ産駒。
フジキセキ産駒やVice Regent系の馬がよく走る東京ダート1600m。
カネヒキリはどちらもそれらの血統を含み、自身も同コースでフェブラリーSやユニコーンSで優勝している。
アルタイルは、前走青竜Sで2着。
アキトクレッセントを捉えたところで、ノンコノユメに差された。
昇竜Sではアキトクレッセントに敗れたが、東京ダート1600mならこちらのほうが強いか。
青竜Sは蛯名騎手だったが、、松岡騎手に戻る。

対抗は、ゴールデンバローズ
前走は海外のUAEダービー3着。
立派だ。
帰国初戦は一流の馬でも力を出し切るのは厳しいため、評価を下げる。
騎手は戸崎騎手に戻る。
2走前のヒヤシンスSではイーデンホールに0.6秒勝ち。
タイム差以上に、力の差は大きいように見えた。
東京ダート1600mは3戦全勝中。

単穴はダイワインパルス
1枠で内枠過ぎたのは残念。
ヴァーミリアン産駒。
前走500万下で強い勝ち方をしたが、マイルは短そうにも見えた。


他はアキトクレッセントとノンコノユメ。



青竜S予想~本命イーデンホール

本命はイーデンホール
吉田豊騎手。
ゴールドアリュール産駒なので、
東京ダート1600mの適性が高い。
前走ヒヤシンスSでは、ゴールデンバローズから
0.6秒差離された2着に終わったが、
このレース3着のクロスクリーガーが、
この後、伏竜S1着⇒兵庫CS1着と2連勝したことからも、
このレースレベルは高かったといえる。

敵は伏竜Sの2頭か。

兵庫CS予想~本命リアファル

本命はリアファル
JDD優勝のクリソライトの半弟。
また、JCD優勝馬のアロンダイトが近親にいる。
ここ一番で強い馬の血統を持っているのが、大きな利点。

伏竜S2着。
クロスクリーガーに負けはしたが、
タイム差はなし。
枠の差はあったかもしれない。

今回は、クロスクリーガーが最も外で、
リアファルのほうが内にいる。(3枠)

端午S予想~本命キタサンサジン

本命キタサンサジン
京都ダート1400mでは新馬戦2着、未勝利戦で1着ちがある。

8枠もこのコースではいい枠。
このコースになってから2年間とも7枠と8枠が3着以内に入っている。

前走は阪神ダート1200mだが、スマートアヴァロンに0.2秒差をつける完勝。
騎手は引き続き小牧騎手で、
ダート短距離ということで、心強い。
サウスヴィクラス産駒。

ダービー卿CT、伏竜S回顧




伏竜S予想~本命アンヴァリッド中穴狙いでリアファル、ペプチドウォヘッド

本命はアンヴァリッド
デビューから中山ダート1800mで2連勝。
ハーツクライ産駒なのでコース適性もある。
今回は戸崎騎手が手綱を握るが好調をキープしており○。

対抗はブチコ
第22回チューリップ賞は14着だったが
芝レースは向いていないため、度外視。
ダートでは2連勝中。
キングカメハメハ産駒であり、
姉妹もダートで活躍した実績があることから
ここでも侮れない。

単穴はリアファル。
ゼンノロブロイ産駒。
7枠だが内枠過ぎるよりいいかもしれない。
関西からの遠征。
騎手は相性のいい北村友一騎手。

連下はペプチドウォヘッド。
キングカメハメハ産駒。
デビューから京都ダート1800mで2連勝。
その後の朝日杯FSに出走するも惨敗。
続く、ヒヤシンスSではゴールデンバローズから1.4秒も離され7着。
但し、2着馬からは0.8秒しか離されていない。

20140405_中山10R伏竜S


【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ