中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

六甲S

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

メイS予想〜本命テイエムイナズマ中穴狙いはメドウラーク

メイS予想です。

本命はテイエムイナズマ。
第47回デイリー杯2歳Sを勝つなど、
若駒の時から実力があった。
一時期スランプがあったが、
ここに来て大阪城S1着、六甲S2着と、
ようやくオープンでも勝ち負けができるようになった。
騎手は古川騎手のまま。


対抗は
中穴狙いでメドウラーク。
第52回中日新聞杯7着。
父はタニ丿ギムレットで、母父は、クロフネ。
母の母はトゥザビクトリー。
なので、東京コースでも力を発揮できるだろう。


単穴はカムフィー。
中穴狙い。
距離短縮をして来た点は評価できる。
スピードに戸惑うかもしれないが、
東京芝1800mでのダンスインザダーク産駒は怖い。


ゼロスも注意したい。


都大路S(2016年)予想~本命は中穴狙いでクランモンタナ

都大路Sの予想。

本命はクランモンタナ
中穴狙い。
今年に入り、第57回AJCC13着、
大阪城S12着、福島民報杯4着と奮わない。
但し、血統的に不向きな点もあったため、
今回はチャンスあり、

人気のラングレーが内枠に入り、且つ、
松田騎手への乗り替わりとなると
信頼度はやはり下がる。

また、他の人気馬もガリバルディは
初騎乗のデュプレシス騎手で不安な点があり、
マテンロウボスも福島民報杯5着と
クランモンタナよりも走れておらず、
人気差ほど実力差はないとみる。

そのため、枠と血統で、クランモンタナを推す。

 

谷川岳S予想〜中穴狙いで本命はインパルスヒーロー

谷川岳Sの予想です。

中穴狙いで本命はインパルスヒーロー

2年連続谷川岳Sに出走します。
昨年の着順は4着。
枠も同じ1枠。
メンバーもほぼ同じメンバー。
上位に来た馬がアルバタックスしかいないので、
チャンスはあるかもしれませんね。


広いコースとはいえ、1枠は厳しいかもしれませんが、
早い時計で走れますし、直線が長くても大丈夫なので、
新潟コースは適応できるかと思います。

騎手は最もよく合っている田中勝春。


読売マイラーズCプレ予想~本命エキストラエンド中穴狙いサンライズメジャー

読売マイラーズCのプレ予想です。

本命はエキストラエンド。
中々勝ちきれず2着が多いが、騎手や展開に左右されにくく、
安定した成績を誇る点が強み。
過去成績では、
第45回マイラーズC3着、第46回マイラーズC4着、
第52回京都金杯1着、第53回京都金杯2着と
京都マイラー巧者ぶりを発揮している。
近年成績は落としているものの、
リピーターが多いこのレースではまだ期待値は高い、

また、フィエロは海外遠征帰りで勝負気配とはいかず、
昨年活躍したレッドアリオンも、関屋記念以降スランプに入っている。

ダノンリバティ、ケントオー、アルバートドックあたりも
京都芝1600mの実績が乏しく、スピード勝負に耐えられるかが不安要素。

であれば、
昨年2着のサンライズメジャーを中穴狙いの1頭として推す。
 

米子S予想~本命サトノルパン

本命サトノルパン
ディープインパクト産駒で、母はエリモピクシー。
第60回京王杯SCでは6着も0.2秒差と力を見せた。
阪神I芝1600mは得意で、六甲S2着を含む[1-2-1-1]と安定している。
六甲Sではヒストリカルやマウントシャスタに先着している。
騎手は川島騎手。
斤量は56kg。
サンライズメジャー59kgや、牝馬のスマートレイアーが56kgであることを考えると有利。

安土城S予想~本命ランリョウオーで中穴狙い

本命はランリョウオー
中穴狙い。
8歳馬と高齢だが、まだ衰えていない。
前走谷川岳S7着だが、0.3秒差。
8枠16番が響いた形で、内枠なら結果はもっとよかったはず。
また、洛陽Sでも5着(0.5秒差)、ニューイヤーSでも7着0.4秒差とこのクラスなら安定感はあるほう。
京都は得意で[2-4-0-3]。
ハンデも54kgと魅力。
京都芝1400mは8枠も成績は良く、外枠はプラスと見る。


後は、リヴェレンテ、メイショウヤタロウ、ウリウリ、ニンジャ。

安土城S

谷川岳S予想~本命サトノギャラント

本命はサトノギャラント
新潟芝1600mでは[0-1-1-1]。
Roberto系はこのコースに強く、
とりわけ新潟芝1600mに変わった過去3年間の谷川岳Sだけでも、
シルクアーネスト、スズジュピター、ヒットジャポット、オセアニアボス、マイネルスケルツィ
が、活躍している。
柴山騎手は初騎乗なので、やや不安はある。
前走は大阪城Sで4着。
東京新聞杯では11着だったが、0.6秒差は評価できる。

対抗は、オメガヴェンデッタ
母はビハインドザマスク。
母父はホワイトマズルでダンシングブレーヴで、
新潟の早い時計、長い直線に合っている。
また成長中で、前走は雲雀Sを1着となっている。
新潟は初コース。
勝浦騎手へ乗り替わる。


復活したインパルスヒーロー、ゼロス、アルバタックスも注意が必要。
【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ