中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

安田記念

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

天皇賞秋予想~本命アンビシャス

本命アンビシャス
騎手は横山典騎手。
乗り代わりになるのはマイナスだし、ある程度ポツンの覚悟も必要。
だがGⅠともなるとやはり信頼度は高い。
アンビシャスは、第67回毎日王冠でルージュバックの2着馬。
ルージュバックは斤量54kgだったが、アンビシャスは57kg。
今回は、ルージュバックは+2kgで56kgだったが、
アンビシャスは+1kgで57kgと、斤量差が縮まる。
確かにルージュバックは強いが、中山牝馬S、ヴィクトリアMの戦績と、
エプソムCのメンバーレベルを考えると、少々疑問符。
「4歳馬の成長力」は怖いが、それならアンビシャスのほうが上。
第90回中山記念でドゥラメンテとタイム差なしの2着、
第60回産経大阪杯ではキタサンブラックに勝利している。

対抗はモーリス
マイルでは圧巻のGⅠ4連勝。
その実績をひっさげ臨んだ第52回札幌記念で2着。 
1着がネオリアリズムだったが、小回り+洋芝+稍重で、
ブエナビスタもヤマニンンキングリーに負けたコースなので、
それを考えれば悲観しなくてよい。
東京コースのほうがパフォーマンスを上げてくることは間違いない。
また、スクリーンヒーロー自身も天皇賞2着、JC1着、アルゼンチン共和国杯1着があり、
東京 コースを得意としていることから、モーリスも期待がかかる。


単穴はラブリーデイ
リピーターが多い天皇賞秋。
今年はこのラブリーデイがリピーターの第一候補。
今年は臨戦過程と戦績で目立ったものは残せていなかったが、
前走の第51回京都大賞典では1着は1枠のキタサンブラックに対し、
ラブリーデイは8枠で、0.1秒差の3着だった。 
この差を考慮すれば 能力的にはまだ一発あると考える。
今回、枠も大外と運もないが、15頭立てと、コース適性を考えると馬券内は十分ある。

読売マイラーズCプレ予想~本命エキストラエンド中穴狙いサンライズメジャー

読売マイラーズCのプレ予想です。

本命はエキストラエンド。
中々勝ちきれず2着が多いが、騎手や展開に左右されにくく、
安定した成績を誇る点が強み。
過去成績では、
第45回マイラーズC3着、第46回マイラーズC4着、
第52回京都金杯1着、第53回京都金杯2着と
京都マイラー巧者ぶりを発揮している。
近年成績は落としているものの、
リピーターが多いこのレースではまだ期待値は高い、

また、フィエロは海外遠征帰りで勝負気配とはいかず、
昨年活躍したレッドアリオンも、関屋記念以降スランプに入っている。

ダノンリバティ、ケントオー、アルバートドックあたりも
京都芝1600mの実績が乏しく、スピード勝負に耐えられるかが不安要素。

であれば、
昨年2着のサンライズメジャーを中穴狙いの1頭として推す。
 

米子S予想~本命サトノルパン

本命サトノルパン
ディープインパクト産駒で、母はエリモピクシー。
第60回京王杯SCでは6着も0.2秒差と力を見せた。
阪神I芝1600mは得意で、六甲S2着を含む[1-2-1-1]と安定している。
六甲Sではヒストリカルやマウントシャスタに先着している。
騎手は川島騎手。
斤量は56kg。
サンライズメジャー59kgや、牝馬のスマートレイアーが56kgであることを考えると有利。

第65回安田記念購入馬券

image

image

image

第65回安田記念予想~本命リアルインパクトで中穴狙い

本命はリアルインパクト
第61回安田記念優勝馬。
第62回安田記念は6着だったが、2枠->2枠->4枠->1枠->1枠という着順の中、7枠ながら奮闘した。
第64回安田記念は不良馬場が合わず、13着惨敗。
今回は5枠9番だけにチャンスは十分。
リピーターが多いレースだけに期待できる。
ローテーションは、第9回阪神C1着の後、オーストラリアへの遠征で、GⅠに出走。
ジョージライダーSで優勝した後、ドンカスターマイルで2着となる、ここへ駒を進める。
内田騎手というのも安田記念では心強いだろう。

対抗はダノンシャーク
岩田騎手で第31回マイルチャンピオンシップを制した。
ダノンシャークは、第63回安田記念3着、第64回安田記念4着とコース適性は高い。
1枠ということでやや内過ぎるという印象はあるものの、外枠よりはマシか。
前走は阪急杯で5着。
これは2014年のローテーションと同じだ。

単穴はミッキーアイル
第59回阪急杯2着⇒第45回高松宮記念3着と好調。
特に高松宮記念では、8枠だったにも関わらず、先行して粘った3着。
パワーのいる中京コースの稍重の馬場で残ったことは評価できる。
また、今では逃げずとも勝負できるようになったことが強み。
コース実績としては、第64回安田記念16着がある。
3歳馬としてチャレンジしたが、不良馬場の影響もあったのだろう。
但し、第19回NHKマイルC優勝という実績もあるため、侮る勿れ。

連下はサクラゴスペル
第63回安田記念で5着という隠れた健闘実績が光る。
2013年秋から低迷していたが、2015年に入り第10回オーシャンSを勝利し、復活。
高松宮記念8着をはさみ、前走の京王杯SCでは良血馬ヴァンセンヌを破り、優勝した。
好調。
騎手は横山典騎手。
4枠もまあまあ良い。

京王杯SC予想~本命ダイワマッジョーレ

本命はダイワマッジョーレ
1番人気か。
高松宮記念では上り3Fが最速だったものの、見せ場なしの6着だった。
スタートが良くないため、距離が1F伸びるのはプラス材料。
1400m戦では、[2-2-1-1]と好調。
また、今回7枠だが、ここ10年で最も多く勝っている枠。
騎手は引き続きM.デムーロ騎手が騎乗する。
斤量が56kgで出走できるのも、440kg台の小さな馬にとっては大きいこと。
ダイワメジャー産駒でコース相性も良く、しかも雨予報も苦にしない。

対抗は、ダンスアミーガ
中穴狙い。
サクラバクシンオー産駒で、このコースの適性は高い。
過去サンクスノート、レオプライムなどが穴を開けている血統。
さらに、祖母がダンスインザダークの全兄のダンスパートナーで、
東京1400mはやはり期待できそう。
コース適性を見ると、新馬戦が東京芝1400mという実績がある。
重賞ではワンパンチ足りず、阪神牝馬S8着、京都牝馬S7着、
Fレビュー6着と、壁に当たっていることがわかるが、、
新潟で2勝、中京や東京で馬券に絡んでいることから、
左回りの直線の長いコースであれば、
ワンランク評価を高めてもよさそう。

単穴はオメガヴェンデッタ
母ビハインドザマスクという良血。
雲雀S1着があるように、
父も母父も東京1400mでは走る1頭。
前走は初のOPで谷川岳S6着。
サトノギャラントと0.2秒差で、他の馬もそこそこ強く、
クラスでは通用していける目途は立っている。


実力的には、サトノルパン、エールブリーズ、サクラゴスペル、ヴァンセンヌ、クラリティシチー。
血統的には、インプレスウィナー、エールブリーズ、バクシンテイオー、ショウナンアチーヴ、クラリティシチー、ダンスディレクター、サクラプレジデント。
枠は、ヴァンセンヌ、ダンスディレクターか。

読売マイラーズC予想~本命エキストラエンド

本命はエキストラエンド
ディープインパクト産駒らしく
マイルCS5着、京都金杯2年連続2着など、
京都芝1600mでの実績が優れている。
東京新聞杯6、ダービー卿CT4着だが、
内容は悪くなく、安定感はある。
騎手は固定されておらず不問なのが強み。
今回は小牧騎手。
枠は内過ぎず、外過ぎずで好評価。

フルーキーは、
ディープインパクト産駒ではないので評価を下げる。

フィエロは、
香港マイルから国内に戻っての初戦で評価を下げた。
また、戸崎騎手という点も考慮し、マイナス評価。

クラレントは、
8枠なのでマイナス評価。

ダービー卿CT予想~本命コスモソーンパーク中穴狙いならカオスモス

本命はコスモソーンパーク
第49回小倉大賞典2着でカレンブラックヒルの2着(0.1秒差)。
リゲルS2着⇒ニューイヤーS1着⇒小倉大賞典2着と
ここ3走は安定感があり、大崩れの不安は少ない。
重い馬場が得意なイメージもあり、
開催当日雨であればアドバンテージがある。
ただ良馬場でも中山芝マイルは成績がよく、
若潮賞、木更津特別、東風S、ジュニアCなど
人気以上に好走するタイプ。
ただハンデ56kgは少々見込まれたか。
騎手は引き続き丹内騎手。

対抗は、
続きを読む

富士S予想~本命キングズオブザサン

混戦富士S。

本命は、1枠で先行力もあるキングズオブザサン
皐月賞(15着)までは、中山芝2000mに拘っていた。また、位置取りも後ろからというスタンスだった。
しかし、NHKマイルCで先行し、3着と結果を出し、路線を切り替えた。
休み明けの前走は京成杯AHでも4着と結果を出した。
蛯名騎手+内枠+マイル+先行+54kgと勝つ材料は揃った。


対抗は、ミトラ
東京マイル戦が得意のシンボリクリスエス産駒。
前走京成杯AHでは56kgのハンデで、3着と結果を出した。
位置取りも、先行できるだけに今の東京には合っている。


単穴は、ダノンシャーク
昨年のマイルCS3着馬。
安田記念でも4着。
前走関屋記念では58kgを背負ながらクラレントの2着(0.2秒差)。
今回は57kg。
7枠なので割引。

他に気になる馬としては、ブレイズアトレイルとステファノス。

ブレイズアトレイルはGⅢレベルであれば大崩れせず、勝ち馬との差も0.2秒以内が多い。
さすがに高速馬場だと厳しいかもしれないが、安定感はある。

ステファノスは、母父クロフネが◎評価。
東京マイルも期待できそう。
また、斤量54kgも魅力。
当日本命にする可能性あり。

ロサギガンティアは後ろから行く癖が治らないと厳しいか。
また、56kgも3歳馬なので、マイナス。
インパルスヒーローは骨折後、能力が発揮できてない。


毎日王冠予想~本命グランデッツァ中穴ダークシャドウ

本命は、グランデッツァ
5月の京都で行われた都大路Sで、1800mのレコードタイム1分43秒9というタイムをたたき出した。
このレースでは、ディサイファを0.9秒差をつけて勝っており、東京コースでも同じ走りができれば、勝ち負けだ。
不良馬場の安田記念や、洋芝で57.5kgを背負った函館記念は度外視でOK。
毎日王冠当日も今のところ雨の気配がなく、期待できる。

対抗するは、ダークシャドウ
7歳馬だが、第31回エプソムCで3着、第50回函館記念を2着と調子が戻ってきた。
エプソムCでは、ディサイファ56kg、マイネルラクリマ57kgに対し、59kgを背負っての3着。
エプソムCでのタイムも1分46秒4を記録しており、自身が第28回エプソムCで記録した1分47秒3を上回るタイムだった。
また、第62回毎日王冠で計時した1分46秒7や第64回毎日王冠で計時した1分47秒1をも上回るタイムで調子は上向きと捉えてよい。

3番手評価はディサイファ
堅実な走りが売りで、前走、第31回エプソムCでようやく重賞初制覇を果たした。
重賞をポンポン勝つようなタイプではなさそうだが、四位騎手が、乗りこなし方をマスターしているようで、開幕週+1枠という条件が優位であることは間違いない。
第31回エプソムCでは、第60回オールカマーを制したマイネルラクリマや、函館記念を2着だったダークシャドウを退けており、ある程度のレースレベルは保っていた重賞だと思われる。

4番手は、スピルバーグ
スピルバーグは、3連勝中。
トーセンラーの弟。
メイSは、ハンデ戦での勝利だったために評価をやや下げているが、東京コースに強みを持っていて、本格はした今なら。

後は、エアソミュール
エアソミュールも、第67回鳴尾記念を制したものの、GⅡとなるとやや不安があるが、今なら通用する。
ジャングルポケット産駒で、東京芝1800mであれば、鳴尾記念よりもコース適性は合うはず。
かなり怖い一頭。

ワールドエース
第45回マイラーズCでは、1分31秒4のレコードタイムで優勝。
続く第64回安田記念でも、5着と評価できる内容だったが、課題はコロコロ変わる騎手と外枠。

ロゴタイプは三浦騎手への乗り替わりはプラスで、スピードのある馬場もあっているが、外枠の分不安。

ダイワマッジョーレ。復活のきっかけさえつかめれば、というところか。

ロサギガンティアは、後方からいくスタイルであれば厳しいと踏んだ。3歳馬ということで斤量の恩恵はあるが、開幕週ではきついか。


【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ