中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

小倉大賞典

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

小倉記念プレ予想〜本命ダコール中穴狙いはエキストラエンド

小倉記念のプレ予想。

本命はハンデ58kgでも、ダコール。
対抗は、ペルーフ。
単穴は、エキストラエンド、
連下は、プランスペスカ。
テイエムイナズマは注意。

メイS予想〜本命テイエムイナズマ中穴狙いはメドウラーク

メイS予想です。

本命はテイエムイナズマ。
第47回デイリー杯2歳Sを勝つなど、
若駒の時から実力があった。
一時期スランプがあったが、
ここに来て大阪城S1着、六甲S2着と、
ようやくオープンでも勝ち負けができるようになった。
騎手は古川騎手のまま。


対抗は
中穴狙いでメドウラーク。
第52回中日新聞杯7着。
父はタニ丿ギムレットで、母父は、クロフネ。
母の母はトゥザビクトリー。
なので、東京コースでも力を発揮できるだろう。


単穴はカムフィー。
中穴狙い。
距離短縮をして来た点は評価できる。
スピードに戸惑うかもしれないが、
東京芝1800mでのダンスインザダーク産駒は怖い。


ゼロスも注意したい。


第38回新潟大賞典予想~本命マイネルミラノで中穴狙い

第38回新潟大賞典の予想です。

本命マイネルミラノ
中穴狙いです。
新潟の長い直線は、差しや追い込み馬が有利と思われがちですが、
力はあるので馬券内には逃げ粘れるはず。
実績も、第51回新潟記念でも(稍重でしたが)2着があり、
コース適性もあるところを見せています。
また、同じ左回りで直線の長い中京コースで行われた第51回中日新聞杯でも、
3着の実績があることから、やはり今回も期待度は落とせません。
父はステイゴールドですが、母方にRoberto系の血統があり、
この血統が、コース適性をアップさせているのかもしれません。
騎手は丹内騎手。
逃げられなくても、位置取りを気にせず、控えられれば。


対抗は、サトノラーゼン
第82回東京優駿2着馬。
その後は、第76回菊花賞5着はあるものの、
セントライト記念7着、AJCC10着と中山コースでは成績が残せていない。
今回は、コース替わりで左回りで直線の長い新潟競馬場。
芝も軽く、ここでは一発あるだろう。
石川騎手なので評価を大きく下げたが、出遅れず、
マイネルミラノを目標にしたレース運びができれば、
大きく崩れることはないのではないか。


単穴はパッションダンス。
8歳になり、何故かダート路線に進めていたが、芝路線で戦線復帰した。
直近の芝の成績では、
第51回新潟記念1着⇒第51回金鯱賞7着(タイム差0.4秒差)
という実績を残しているので、ココだけ見るとやはり怖い1頭。
新潟は得意で、第35回新潟大賞典1着の実績もある点は◎。


読売マイラーズCプレ予想~本命エキストラエンド中穴狙いサンライズメジャー

読売マイラーズCのプレ予想です。

本命はエキストラエンド。
中々勝ちきれず2着が多いが、騎手や展開に左右されにくく、
安定した成績を誇る点が強み。
過去成績では、
第45回マイラーズC3着、第46回マイラーズC4着、
第52回京都金杯1着、第53回京都金杯2着と
京都マイラー巧者ぶりを発揮している。
近年成績は落としているものの、
リピーターが多いこのレースではまだ期待値は高い、

また、フィエロは海外遠征帰りで勝負気配とはいかず、
昨年活躍したレッドアリオンも、関屋記念以降スランプに入っている。

ダノンリバティ、ケントオー、アルバートドックあたりも
京都芝1600mの実績が乏しく、スピード勝負に耐えられるかが不安要素。

であれば、
昨年2着のサンライズメジャーを中穴狙いの1頭として推す。
 

都大路S予想~本命マックスドリームで中穴狙い

迷ったときの複勝。
マックスドリーム
56kgというのと、メンバー的に厳しいかもしれないが、京都巧者ということで。
image

新潟大賞典予想~本命デウスウルト

本命はデウスウルト
前走は第59回産経大阪杯で6着。
別定戦のGⅡで、且つ、不良馬場、さらには大外の8枠も
響いた形で、勝ち馬のラキシスから1.3秒離された。
ただ、ラキシスとキズナを除けば、3着のエアソミュールから
0.5秒差だった点は評価してもいいかもしれない。
ハンデは55kg。
7歳馬。
これらの2つの材料はあまりデータ上は良くない。
ただ、7歳馬といえども戦績は少なく、6歳から
急激に力をつけた今がピークだと考えれば気にするデータでもない。
騎手は川田騎手が引き続き乗る。
キングカメハメハ産駒だが、コース相性は良くも悪くも、という感じか。
2枠はやや内側すぎたか。
本命にしたが不安はいっぱい。

対抗は、アルフレード
前走は第65回東京新聞杯で、ヴァンセンヌの2着。
上り3Fはエキストラエンドに次ぐ2番目。
2000m戦は初で、距離的に不安があるが、
血統的にシンボリクリスエス産駒が◎のため、
これに賭ける。
とはいえ、第63回朝日杯FS優勝馬や、
第17回NHKマイルC2着馬など実績も十分。
ハンデも56kg、枠も最良の3枠と勝機は十分。
6歳馬として見てもデータ上は問題なし。
津村騎手も新潟芝2000mは得意としている。

単穴は、アズマシャトル
中穴狙いの馬。
ゼンノロブロイ産駒で、コース適性は高いほう。
前走は、東京芝2000mの白富士Sで1着。
第65回チャレンジCでも4着があるが、ここで
2着のデウスウルトで0.2秒差の競馬がある。
騎手は鮫島騎手。
この点は素直にマイナス点と言わざるをえないか。
7枠という点は、まあまあ。
差しという脚質はプラス材料となる。

連下は、ダコールか。

福島民報杯予想~本命マイネルフロスト

本命はマイネルフロスト
第87回中山記念4着
第56回AJCC4着と
出走馬中で実績は上位。
内枠も確保し、不利は少ないと思われる。
マイネル軍団は3頭出し、という利点もある。
乗りなれた松岡騎手から丹内騎手への乗り替わりだけが不安要素。
ただ、マーチSで初重賞勝ちをおさめた調子でのれば。


image


福島民報杯~有力馬コメント



アロママカフェ大庭騎手に初勝利を~福島民報杯

本命は、レッドレイヴン

昇級後、勝ち切れないでいるが、
2走前のAJCC(GⅡ、中山芝2200m)は4着で、勝ち馬から0.2秒差負け。
中日新聞杯は6着だが、勝ち馬からわずか0.1秒差負け。
力があるところは見せている。
中日新聞杯では後ろからの競馬となったが、美浦Sのように前目で粘る競馬できれば、よさそう。
他の有力馬が乗り替わりが相次ぐ中、柴田騎手一本で来ているので、ここは勝ってほしい。
斤量は前走から+1kg。

有力馬の1頭アロマカフェ。
何と今年0勝の大庭騎手に乗り替わる
馬自身は第59回ラジオNIKKEI賞で勝ったことがあり、コース適性は高い。
何といってもマンハッタンカフェ産駒。
この馬もレッドレイヴン同様中日新聞杯で後方からとなったが、白富士Sのように好意に付けて勝負したい。
斤量は前走から+1kg。


ミエノワンダー。
三浦騎手に乗り替わり。
ラジオNIKKEI賞11着があり、強くは推さないが、調子は、オリエンタル賞2着以降は、チバテレ杯1着、初富士S3着、アメジストS1着と安定感はある。

ケイアイチョウサンは得意そうな条件に思えるが、近走が冴えず、騎手も乗り替わりだけに、過剰に人気するなら控えたい。

逆に、人気を落としているなら手を出したいのが、マンハッタンカフェ産駒のラブイズブーシェ。
第49回福島記念を3着(ハンデは54kg)、有馬記念4着馬。
日経新春杯8着、小倉大賞典6着だが、得意条件に戻り、古川騎手に乗り替わることはプラスになると思いたい。

サムソンズプライドも乗り替わり。
田辺騎手がいい。
枠ももう少し内がいい。

ペプチドアマゾン。
休み明けのアグネスタキオン産駒は買いたいが、約10か月ぶりとなるとどうか。
東京優駿4着の実力馬。

【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ