中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

新潟大賞典

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

小倉記念プレ予想〜本命ダコール中穴狙いはエキストラエンド

小倉記念のプレ予想。

本命はハンデ58kgでも、ダコール。
対抗は、ペルーフ。
単穴は、エキストラエンド、
連下は、プランスペスカ。
テイエムイナズマは注意。

第38回新潟大賞典予想〜馬券公開三連複6点

image

第38回新潟大賞典予想~本命マイネルミラノで中穴狙い

第38回新潟大賞典の予想です。

本命マイネルミラノ
中穴狙いです。
新潟の長い直線は、差しや追い込み馬が有利と思われがちですが、
力はあるので馬券内には逃げ粘れるはず。
実績も、第51回新潟記念でも(稍重でしたが)2着があり、
コース適性もあるところを見せています。
また、同じ左回りで直線の長い中京コースで行われた第51回中日新聞杯でも、
3着の実績があることから、やはり今回も期待度は落とせません。
父はステイゴールドですが、母方にRoberto系の血統があり、
この血統が、コース適性をアップさせているのかもしれません。
騎手は丹内騎手。
逃げられなくても、位置取りを気にせず、控えられれば。


対抗は、サトノラーゼン
第82回東京優駿2着馬。
その後は、第76回菊花賞5着はあるものの、
セントライト記念7着、AJCC10着と中山コースでは成績が残せていない。
今回は、コース替わりで左回りで直線の長い新潟競馬場。
芝も軽く、ここでは一発あるだろう。
石川騎手なので評価を大きく下げたが、出遅れず、
マイネルミラノを目標にしたレース運びができれば、
大きく崩れることはないのではないか。


単穴はパッションダンス。
8歳になり、何故かダート路線に進めていたが、芝路線で戦線復帰した。
直近の芝の成績では、
第51回新潟記念1着⇒第51回金鯱賞7着(タイム差0.4秒差)
という実績を残しているので、ココだけ見るとやはり怖い1頭。
新潟は得意で、第35回新潟大賞典1着の実績もある点は◎。


エプソムC予想~本命サトノアラジン中穴狙いはユールシンギング

本命はサトノアラジン
前走、モンゴル大統領賞でハンデ55kgだったとはいえ、大外18番から追い込んで優勝。
力の違いを見せつけた。
これでC.ルメール騎手に乗り替わって2連勝。
今回も引き続きC.ルメール騎手なので期待できる。
血統は、ディープインパクト産駒×母父Storm Cat。
エプソムCが行われる東京芝1800mでもこの血統は強い。
さらに母系にNijinskyを含み、余計にこのコース適性を際立たせているのではないか。
コース実績としては、東スポ2歳S5着、第48回共同通信杯3着などがある。
今回の位置取りは、2枠だけに最後方ということはないが、エイシンヒカリがおり、速くなる展開を考えれば優位だろう。

対抗はディサイファ
第31回エプソムC優勝馬。
また、第51回中日新聞杯でも1着となっている。
その他、東京コースでは、第150回天皇賞秋で12着(0.6秒差)。
第65回毎日王冠で4着。(0.1秒差)。
内枠スタートで、直線の長い左回りコースに実績がある。
今回は8枠ということでやや評価を下げている。
騎手は引き続き四位騎手。

単穴は、ユールシンギング
母父スペシャルウィークはNijinskyの血統を含み、このコースでの相性はよい。
実際にこの馬も東京芝1800mの成績は、[1-2-1-0]。
一時期、絶不調だったが、吉田隼人騎手に乗り替わった前走、第37回新潟大賞典9着と、変わり身を見せた。
今回も吉田隼人騎手で期待はできる。
勝てるだけの実力と血統。

連下はヒラボクディープ
第20回青葉賞優勝馬。
エイシンヒカリやサトノアラジントと同じで、ディープインパクト産駒の母父Storm Cat。
さらにGrey Sovereignの血統も持っており、このコースでの適性は高いはず。
長い距離を走らされていて調子を落としていたが、白富士S以降復調気配を見せつつも、コース適性が合わなかった。
また、騎手も固定できなかったのが響いていたが、柴山騎手で2走続けて出走というのは、手が合ったのだろう。


後は、アーデントエイシンヒカリ


鳴尾記念予想~本命グランデッツァで中穴狙い

本命はグランデッツァ
前走都大路Sでは稍重の馬場の中、エイシンヒカリの2着。
金曜、雨が降ったが、パンパンの良馬場でなくても大丈夫そう。
京都ではその他、第31回マイルチャンピオンシップ3着などもあり、コースの相性もよかったか。
阪神での実績はというと、第28回ラジオNIKKEI2歳Sで3着がある。
この時の2着がゴールドシップということを考えれば、コース適性はなくもない。
第72回皐月賞では5着があるが、距離は2,000mあたりが限界か。
枠は1枠で、先行できれば、開幕週の馬場を生かせることができる。
川田騎手との相性もよさそう。
鬼門は坂か。

対抗はエアソミュール
GⅡ3戦連続3着。
第50回金鯱賞3着⇒第56回AJCC3着⇒第59回産経大阪杯3着。
内枠となることが多く、今回も3枠でチャンスは大きい。
M.デムーロ騎手とも3度目のコンビで勝機はある。
ジャングルポケット産駒のこのコースでの勝率は、アグネスタキオン産駒と並び優秀。

新潟大賞典予想~本命デウスウルト

本命はデウスウルト
前走は第59回産経大阪杯で6着。
別定戦のGⅡで、且つ、不良馬場、さらには大外の8枠も
響いた形で、勝ち馬のラキシスから1.3秒離された。
ただ、ラキシスとキズナを除けば、3着のエアソミュールから
0.5秒差だった点は評価してもいいかもしれない。
ハンデは55kg。
7歳馬。
これらの2つの材料はあまりデータ上は良くない。
ただ、7歳馬といえども戦績は少なく、6歳から
急激に力をつけた今がピークだと考えれば気にするデータでもない。
騎手は川田騎手が引き続き乗る。
キングカメハメハ産駒だが、コース相性は良くも悪くも、という感じか。
2枠はやや内側すぎたか。
本命にしたが不安はいっぱい。

対抗は、アルフレード
前走は第65回東京新聞杯で、ヴァンセンヌの2着。
上り3Fはエキストラエンドに次ぐ2番目。
2000m戦は初で、距離的に不安があるが、
血統的にシンボリクリスエス産駒が◎のため、
これに賭ける。
とはいえ、第63回朝日杯FS優勝馬や、
第17回NHKマイルC2着馬など実績も十分。
ハンデも56kg、枠も最良の3枠と勝機は十分。
6歳馬として見てもデータ上は問題なし。
津村騎手も新潟芝2000mは得意としている。

単穴は、アズマシャトル
中穴狙いの馬。
ゼンノロブロイ産駒で、コース適性は高いほう。
前走は、東京芝2000mの白富士Sで1着。
第65回チャレンジCでも4着があるが、ここで
2着のデウスウルトで0.2秒差の競馬がある。
騎手は鮫島騎手。
この点は素直にマイナス点と言わざるをえないか。
7枠という点は、まあまあ。
差しという脚質はプラス材料となる。

連下は、ダコールか。

新潟大賞典データ分析

新潟大賞典のデータ分析。

騎手なら、
福永騎手のラングレー、
吉田隼人騎手のユールシンギング、
川田騎手のデウスウルト、
丸山元気騎手のパッションダンス、
丸田騎手のクランモンタナ、
津村騎手のアルフレード、
川須騎手のメイショウカンパク、
石橋騎手のアーデント

枠なら、
3枠のアルフレード、ダコール
5枠のアーデント、ダノンヨーヨー
4枠のマテンロウボス、ユールシンギング、
7枠のアズマシャトル、マイネルディーン、
2枠のデウスウルト、ナカヤマナイト

血統なら、
シンボリクリスエス産駒のユールシンギング、アルフレード
タニノギムレット産駒のハギノハイブリッド、
ディープインパクト産駒のラングレー、クランモンタナ、ダコール、パッションダンス、アーデント
キングカメハメハ産駒のデウスウルト、マテンロウボス、ヒットザターゲット
ゼンノロブロイ産駒のアズマシャトル。

ハンデなら
56kgのデウスウルト、アルフレード、アーデント、パッションダンス、アズマシャトル、ハギノハイブリッド
55kgのラングレー、クランモンタナ、マテンロウボス、ダノンヨーヨー、メイショウカンパク、

前走からのローテーションでは、
2000mからの参戦は、
クランモンタナ、デウスウルト、ダコール、ユールシンギング、ダノンヨーヨー、パッションダンス、アズマシャトル、マイネルディーン、ヒットザターゲット、
1600mからの参戦は、
アルフレード、アーデント。

白富士S予想~本命スーパームーン

本命はスーパームーン
東京は金曜、雪、雨が降り、馬場が湿り具合。
少々力がいる馬場になっている可能性はある。
そこはブライアンズタイム産駒。
広く直線の長いコースで、力がいる馬場ならこの馬に利があるだろう。
東京芝2000mではアイルランドSでエイシンヒカリの3着で敗れたレースがある。
ただ前走はGⅡアルゼンチン共和国杯で3着と好走。


対抗は、エックスマーク。
アイルランドTではスーパームーンに先着し2着。
アンドロメダSでも2着があり、芝2000mでは安定感が光る。
ディープインパクト産駒で少々重い馬場も気にしない。
新潟記念や鳴尾記念でも堅実に走り、安定感は高い。

単穴はクランモンタナ。
母エアトゥーレの子供で長い直線はお手のもの。
父もディープインパクト産駒でコース適性は非常に高い。
同じ左回り芝2000mで行われる新潟記念で2着がある。
突き抜ける可能性も。

エプソムC~中穴狙いで本命ダノンヨーヨー

image
まず、切る馬は、59kgのパドトロワとダークシャドウ。

ゴールデンナンバーは牝馬なので評価を下げたいが、瞬発力勝負になった場合の牝馬の切れ味は怖い。
特に、ゴールデンナンバーはNijinskyの血も入っており、このレースでは脅威の末脚が嵌る可能性はある。
ただ牡馬混合の重賞ではやや厳しいか。

トーセンジャガーは、このレース相性のいいマンハッタンカフェ産駒だが東京実績が薄い。

マジェスティハーツは、ハーツクライ産駒。
第30回ジャスタウェイが2着になったように、このコースは向いている。
新潟大賞典2着の実績から言うと、ここでも上位。
斤量の1kg増加と、横山騎手の乗り替わりがどうか、というところが、実は心配。

シルクアーネストはグラスワンダー産駒で、このコース向きそうな気がするが、全盛期でも不振だったため、正直厳しいか。
その半弟マイネルラクリマも時計がかかる馬場ならおもしろそうだが・・・。

フェスティヴタローは東京コースとの相性はいい。
東京芝1800mで[2-1-0-1]。
3着を外した前走メイSは、逃げられない展開だったのも響いているかもしれない。
脚質的に逃げだが、このレースは力がいる馬場ということもあり、前残りの傾向もある。
血統的に判断はしづらいが、逃げられればこのメンバーでも怖くはない。


過去10年見てみると、枠は、3枠、7枠、6枠、1枠、4枠あたりが狙い目。
8枠でもジャスタウェイクラスなら届く。
但し、7枠が活躍していたのは8~10年前の話。
近年は、3枠、4枠などの内枠傾向にある。
マイネルラクリマ、レインスティック、ゴールデンナンバー、パドトロワ

新潟記念組とは相性のいいレースだけに、ダノンヨーヨー、タマモベストプレイ、マジェスティハーツ、カルドブレッサは要注意。


■予想
◎ ③ダノンヨーヨー
○ ⑬マジェスティハーツ
▲ ①ディサイファ
△ ⑰カルドブレッサ
× ⑦ゴールデンナンバー

【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ