中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

東京優駿

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

ダービープレ予想

本命は、ディーマジェスティ。
対抗は、リオンディーズ。
単穴はサトノダイヤモンド
連下はマカヒキ。

連対率が非常に高い1枠は、ディーマジェスティ。
これは◎。

割って入るのは、エアスピネルと、
青葉賞組の2頭。
ヴァンキッシュランとレッドエルディスト。



穴馬派にはちっとも楽しめそうにない今年のメンツ。

でも、どんなに強い馬でも一長一短ある。
騎手の腕も差があるし、
枠も良し悪しがある。

大きく荒れることはないかもしれないけど、
小波乱くらいあれば!

第76回皐月賞予想〜本命リオンディーズ中穴狙いはマウントロブソン

本命はリオンディーズ
弥生賞こそ2着だったが、休み明けの前哨戦という位置づけであれば、仕方ないようのない掛かり具合であったが、悲観する内容ではない。
展開が嵌ったマカヒキに救われただけ、という見方もできる。
8枠は痛い。
ただ、中山開催が進み、雨も心配されることを考慮したり、
トゥザワールドやウインフルブルームなどを見ると気にする程でもなかったりするのかもしれない。
注意が必要なのは、隣のエアスピネルの仕掛けに合わせると、長い脚を使わされることで、消耗度がましてしまうことか?
ただ、枠を考慮すれば信頼度はさほと高くない。


対抗は、マウントロブソン
金子オーナーのマカヒキとも迷ったが、全てを見せてしまったマカヒキよりは、未知数のマウントロブソンのほうが面白い。
騎手もベリー騎手を起用し、豪快に押し切りを狙う。
ディープインパクト産駒だが、芦毛なので母方の血が濃く出てそうなのも良さそう。距離はやや長いか…。
ちなみに祖母のブルーアヴェニューはクロフネの母。
仮にもスプリングS優勝馬で、枠も良いので3着は狙える。


他は共同通信杯勝ちのディーマジェスティや、アドマイヤダイオウ、プロフェットを狙いたい。

第76回皐月賞プレ予想


第76回皐月賞の枠順が発表されましたね!

プレ予想したいと思います。


本命はマウントロブソン

対抗はマカヒキ

金子真人のワンツーなんて見てみたいですよね。

単穴は、リオンディーズ。

連下は、ロードクエスト。


まぁ本命は変更すると思います。
ディープインパクト産駒のワンツーなんてのも、あまりなさそうですし。

3連単数点で仕留めたいレースですね。

東京優駿(日本ダービー)購入馬券

東京優駿(日本ダービー)

東京優駿(日本ダービー)予想~本命ミュゼエイリアンで中穴狙い

本命はミュゼエイリアン
思い切って中穴狙い
第62回毎日杯勝ち。
毎日杯勝ちからはダービー馬がたまに輩出されており、キングカメハメハ、キズナ、ディープスカイなどがおり、実は人気の盲点となりやすいローテーション。
第49回共同通信杯では、皐月賞馬ドゥラメンテと0.4秒差の4着がある。
第75回皐月賞では7着。
5枠は過去10年でディープブリランテの勝利がある。
ジャパンカップを制したスクリーンヒーロー産駒で、おそらく東京コースのほうが得意だろう。
騎手は昨年のダービージョッキーの横山典騎手に乗り替わりで、大きく評価を上げられる。

対抗は、サトノラーゼン
第63回京都新聞杯1着馬。
過去10年で6勝している1枠という枠が何よりの強み。
ディープインパクト産駒でコース適性も高い。
騎手は岩田騎手への乗り替わりで鞍上強化。
2月の500万下のレースでキタサンブラックに0.5秒差で敗れている。

単穴はリアルスティール
第49回共同通信杯1着⇒第64回スプリングS2着馬⇒第75回皐月賞2着。
安定感はある。
ダービーはまだ未勝利の福永騎手が騎乗。
キズナと同じディープインパクトと母父Storm Catの配合というのも心強い。
共同通信杯勝ちの馬でダービーを制した馬は最近ではほとんどいないはずなので、評価をやや下げた。
また内枠有利のダービーでは、厳しい7枠
過去10年で1着もなく、[0-1-4-25]とよろしくはない

東京優駿(日本ダービー)対戦成績や着順比較

tiokyoyuusyun2015compare

京都新聞杯予想~本命ポルトドートウィユ

本命はポルトドートウィユ

祖母がエアグルーヴという良血馬。
エアグルーヴの産駒は秋以降に強くなる。
 アドマイヤグルーヴは9月のローズSで初の重賞勝ち、
 ルーラーシップは鳴尾記念(12月開催)で初の重賞勝ち、
 グルヴェイグも4歳夏のマーメイドSが初の重賞勝ち。
もしかするとまだ期待するのは早いかもと思いつつ、
期待せずにはいられない血統。
ただ、京都芝2200mの適性としてみた場合、
トニービンの血統が入っているのははやはり強み。
前走若葉Sでの敗戦で人気が落ちてくれれば。
元々ディープインパクト産駒は阪神芝2000mでは
さほど強くないので、度外視してもよさそう。
騎手は引き続き武豊騎手。


他は、サトノラーゼン、レントラー、シュバルグラン、アルバートドック、トーセンバジル、あたりが有力。
少額投資を目標としているのでもう少し絞り込みたい。


枠で選ぶなら、
2枠のサトノラーゼンとトーセンバジル。
6枠のレントラー、シュバルグラン。

血統で選ぶなら、
ディープインパクト産駒のサトノラーゼン、アルバートドック。
ハーツクライ産駒のレントラー、シュバルグラン。
ハービンジャー産駒も成績が良く、トーセンバジルが気になる。
キングカメハメハ産駒もそこそこなので、ダノンリバティも。

実績で選ぶなら、
皐月賞組のダノンリバティ、スピリッツミノル。
毎日杯上位組のダノンリバティ、アルバートドック。

騎手で選ぶなら、
トーセンバジル、シュバルグラン、ダノンリバティ。


上記より、今のところ、
対抗は、サトノラーゼン。
単穴は、シュバルグラン。
連下は、レントラー。

プリンシパルS予想~本命オメガゴールドレイ

本命はオメガゴールドレイ
2014年、2013年と2連勝中の6枠。
2走前のすみれSでは見せ場なく5着。
前走はなみずき賞では、サトノラーゼンに
2馬身差で負けたが2着。
そのサトノラーゼンは、皐月賞3着のキタサンブラックや
青葉賞勝ちのレーヴミストラル、その他には、
アルバートドックなどといい勝負をしており、
はなみずき賞のレベルは決して低くはなかったと思う。
騎手は、M.デムーロ騎手から横山典騎手に乗り替わる。

対抗は、アンビシャス
本レースでは過去10年ほど馬券になっていない8枠。
ただ、実力は本レースNo.1で、
第49回共同通信杯3着、第62回毎日杯3着、
という実績が光る。
ディープインパクト産駒で、コースとの相性も割と良い。
騎手は、C.ルメール。
外枠と距離延長がどう影響するか。

他は、オールマリンバーと、フォワードカフェ、ダッシングブレイズらを絡めて馬券を組み立てる。

青葉賞予想~本命タンタアレグリア

本命はタンタアレグリア
第31回ホープフルSでは7着だったが、
ゆりかもめ賞2着を経て挑んだ大寒桜賞で1着となった。
今回は蛯名騎手なので〇。
枠も2枠なので〇。
ゼンノロブロイ産駒で、青葉賞との相性は良く、
過去にペルーサが1着や、ステラウインドとハートビートソングの3着がある。
勝率や複勝率でもディープインパクトに肩を並べるほど。

対抗は
続きを読む

毎日杯予想~本命ロードフェリーチェ

本命はロードフェリーチェ
第49回シンザン記念2着馬でナヴィオンに先着している。
ナヴィオン程ではないが早い上がりが使え、
差しの決まるこのレースでは優位。
ちなみにナヴィオンとは2走続けて隣の枠。
阪神実績は千両賞があるが5着に終わっている。
騎手は引き続き四位騎手。
ハービンジャー産駒はまだ数が少ないが、
阪神芝1800mでも優秀な成績。

対抗は続きを読む
【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ