中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

東京新聞杯

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

第11回ヴィクトリアマイル予想~本命ショウナンパンドラ中穴狙いでシュンドルボン、トーセンビクトリー

第11回ヴィクトリアマイルの予想です。

本命はショウナンパンドラ
第35回ジャパンカップ優勝馬。
今回はその時と同じ7枠⑮番
第60回産経大阪杯3着を経て、ここへ挑む。
2015年の第10回ヴィクトリアマイルでは、
見せ場なく8着だったが、大外8枠17番で
極端な先行有利の馬場でもあったことから、度外視でいい。
血統的にフレンチデピュティを含むため、
東京マイルの適性はかなり高いはず。

対抗は、ストレイトガール
第10回ヴィクトリアマイル優勝馬。
7歳牝馬だが、衰えはあるかどうかは不明。
第59回阪神牝馬S9着からのローテだが、
昨年も第45回高松宮記念13着から
ヴィクトリアM1着となったように
前走実績はあてにならない。


単穴は、中穴狙いでトーセンビクトリー。
東京マイルが得意な内田騎手。
第8回ヴィクトリアマイル、
第9回ヴィクトリアマイルと
2回連続でヴィルシーナを優勝に導いた。
シングウィズジョイの除外で繰り上がり出走権を手にした。
第33回ローズSや第20回秋華賞のタイム差を見ると
差ほど上位との差はないはず。
幸運を生かして。
母はトゥザビクトリーという良血。
4歳という点はプラス。

連下は、シュンドルボン。
第34回中山牝馬Sではルージュバックを破り、1着。
第40回エリザベス女王杯では0.2秒差の7着があり、
実力は遜色ないはず。


ミッキークイーンやレッツゴードンキも4歳牝馬で、
GⅠ勝ち組なので侮れないのは確か。
 
東京新聞杯と阪神牝馬Sを連勝したスマートレイアーも驚異。



予想が揺らいでいますが、
絞れたら馬券公開予定です。

 

第61回京王杯SC予想~本命オメガヴェンデッタ中穴狙いブラヴィッシモ

第61回京王杯SCの予想です。

本命はオメガヴェンデッタ
武豊騎手。
第60回京王杯SC3着馬。。
第60回阪急杯2着や第58回スワンS3着など、
1400m戦に非常に強いのが印象。

対抗は、
中穴狙いでブラヴィッシモ
第46回高松宮記念でこそ14着だったが
本レースはここからのローテーションが
最も相性が良いと思われる。
第60回阪急杯3着や、京王杯SCと
同じコースで行われる奥多摩S1着などがある。
父Fastnet Rockは馴染みの薄い馬だが、
DanzigとNijinskyとの血統を持ち、コース適性は高い。


大穴はクラリティスカイ、ダイワリベラル。

読売マイラーズCプレ予想~本命エキストラエンド中穴狙いサンライズメジャー

読売マイラーズCのプレ予想です。

本命はエキストラエンド。
中々勝ちきれず2着が多いが、騎手や展開に左右されにくく、
安定した成績を誇る点が強み。
過去成績では、
第45回マイラーズC3着、第46回マイラーズC4着、
第52回京都金杯1着、第53回京都金杯2着と
京都マイラー巧者ぶりを発揮している。
近年成績は落としているものの、
リピーターが多いこのレースではまだ期待値は高い、

また、フィエロは海外遠征帰りで勝負気配とはいかず、
昨年活躍したレッドアリオンも、関屋記念以降スランプに入っている。

ダノンリバティ、ケントオー、アルバートドックあたりも
京都芝1600mの実績が乏しく、スピード勝負に耐えられるかが不安要素。

であれば、
昨年2着のサンライズメジャーを中穴狙いの1頭として推す。
 

エプソムC予想~本命サトノアラジン中穴狙いはユールシンギング

本命はサトノアラジン
前走、モンゴル大統領賞でハンデ55kgだったとはいえ、大外18番から追い込んで優勝。
力の違いを見せつけた。
これでC.ルメール騎手に乗り替わって2連勝。
今回も引き続きC.ルメール騎手なので期待できる。
血統は、ディープインパクト産駒×母父Storm Cat。
エプソムCが行われる東京芝1800mでもこの血統は強い。
さらに母系にNijinskyを含み、余計にこのコース適性を際立たせているのではないか。
コース実績としては、東スポ2歳S5着、第48回共同通信杯3着などがある。
今回の位置取りは、2枠だけに最後方ということはないが、エイシンヒカリがおり、速くなる展開を考えれば優位だろう。

対抗はディサイファ
第31回エプソムC優勝馬。
また、第51回中日新聞杯でも1着となっている。
その他、東京コースでは、第150回天皇賞秋で12着(0.6秒差)。
第65回毎日王冠で4着。(0.1秒差)。
内枠スタートで、直線の長い左回りコースに実績がある。
今回は8枠ということでやや評価を下げている。
騎手は引き続き四位騎手。

単穴は、ユールシンギング
母父スペシャルウィークはNijinskyの血統を含み、このコースでの相性はよい。
実際にこの馬も東京芝1800mの成績は、[1-2-1-0]。
一時期、絶不調だったが、吉田隼人騎手に乗り替わった前走、第37回新潟大賞典9着と、変わり身を見せた。
今回も吉田隼人騎手で期待はできる。
勝てるだけの実力と血統。

連下はヒラボクディープ
第20回青葉賞優勝馬。
エイシンヒカリやサトノアラジントと同じで、ディープインパクト産駒の母父Storm Cat。
さらにGrey Sovereignの血統も持っており、このコースでの適性は高いはず。
長い距離を走らされていて調子を落としていたが、白富士S以降復調気配を見せつつも、コース適性が合わなかった。
また、騎手も固定できなかったのが響いていたが、柴山騎手で2走続けて出走というのは、手が合ったのだろう。


後は、アーデントエイシンヒカリ


第65回安田記念予想~本命リアルインパクトで中穴狙い

本命はリアルインパクト
第61回安田記念優勝馬。
第62回安田記念は6着だったが、2枠->2枠->4枠->1枠->1枠という着順の中、7枠ながら奮闘した。
第64回安田記念は不良馬場が合わず、13着惨敗。
今回は5枠9番だけにチャンスは十分。
リピーターが多いレースだけに期待できる。
ローテーションは、第9回阪神C1着の後、オーストラリアへの遠征で、GⅠに出走。
ジョージライダーSで優勝した後、ドンカスターマイルで2着となる、ここへ駒を進める。
内田騎手というのも安田記念では心強いだろう。

対抗はダノンシャーク
岩田騎手で第31回マイルチャンピオンシップを制した。
ダノンシャークは、第63回安田記念3着、第64回安田記念4着とコース適性は高い。
1枠ということでやや内過ぎるという印象はあるものの、外枠よりはマシか。
前走は阪急杯で5着。
これは2014年のローテーションと同じだ。

単穴はミッキーアイル
第59回阪急杯2着⇒第45回高松宮記念3着と好調。
特に高松宮記念では、8枠だったにも関わらず、先行して粘った3着。
パワーのいる中京コースの稍重の馬場で残ったことは評価できる。
また、今では逃げずとも勝負できるようになったことが強み。
コース実績としては、第64回安田記念16着がある。
3歳馬としてチャレンジしたが、不良馬場の影響もあったのだろう。
但し、第19回NHKマイルC優勝という実績もあるため、侮る勿れ。

連下はサクラゴスペル
第63回安田記念で5着という隠れた健闘実績が光る。
2013年秋から低迷していたが、2015年に入り第10回オーシャンSを勝利し、復活。
高松宮記念8着をはさみ、前走の京王杯SCでは良血馬ヴァンセンヌを破り、優勝した。
好調。
騎手は横山典騎手。
4枠もまあまあ良い。

京王杯SC予想~本命ダイワマッジョーレ

本命はダイワマッジョーレ
1番人気か。
高松宮記念では上り3Fが最速だったものの、見せ場なしの6着だった。
スタートが良くないため、距離が1F伸びるのはプラス材料。
1400m戦では、[2-2-1-1]と好調。
また、今回7枠だが、ここ10年で最も多く勝っている枠。
騎手は引き続きM.デムーロ騎手が騎乗する。
斤量が56kgで出走できるのも、440kg台の小さな馬にとっては大きいこと。
ダイワメジャー産駒でコース相性も良く、しかも雨予報も苦にしない。

対抗は、ダンスアミーガ
中穴狙い。
サクラバクシンオー産駒で、このコースの適性は高い。
過去サンクスノート、レオプライムなどが穴を開けている血統。
さらに、祖母がダンスインザダークの全兄のダンスパートナーで、
東京1400mはやはり期待できそう。
コース適性を見ると、新馬戦が東京芝1400mという実績がある。
重賞ではワンパンチ足りず、阪神牝馬S8着、京都牝馬S7着、
Fレビュー6着と、壁に当たっていることがわかるが、、
新潟で2勝、中京や東京で馬券に絡んでいることから、
左回りの直線の長いコースであれば、
ワンランク評価を高めてもよさそう。

単穴はオメガヴェンデッタ
母ビハインドザマスクという良血。
雲雀S1着があるように、
父も母父も東京1400mでは走る1頭。
前走は初のOPで谷川岳S6着。
サトノギャラントと0.2秒差で、他の馬もそこそこ強く、
クラスでは通用していける目途は立っている。


実力的には、サトノルパン、エールブリーズ、サクラゴスペル、ヴァンセンヌ、クラリティシチー。
血統的には、インプレスウィナー、エールブリーズ、バクシンテイオー、ショウナンアチーヴ、クラリティシチー、ダンスディレクター、サクラプレジデント。
枠は、ヴァンセンヌ、ダンスディレクターか。

新潟大賞典予想~本命デウスウルト

本命はデウスウルト
前走は第59回産経大阪杯で6着。
別定戦のGⅡで、且つ、不良馬場、さらには大外の8枠も
響いた形で、勝ち馬のラキシスから1.3秒離された。
ただ、ラキシスとキズナを除けば、3着のエアソミュールから
0.5秒差だった点は評価してもいいかもしれない。
ハンデは55kg。
7歳馬。
これらの2つの材料はあまりデータ上は良くない。
ただ、7歳馬といえども戦績は少なく、6歳から
急激に力をつけた今がピークだと考えれば気にするデータでもない。
騎手は川田騎手が引き続き乗る。
キングカメハメハ産駒だが、コース相性は良くも悪くも、という感じか。
2枠はやや内側すぎたか。
本命にしたが不安はいっぱい。

対抗は、アルフレード
前走は第65回東京新聞杯で、ヴァンセンヌの2着。
上り3Fはエキストラエンドに次ぐ2番目。
2000m戦は初で、距離的に不安があるが、
血統的にシンボリクリスエス産駒が◎のため、
これに賭ける。
とはいえ、第63回朝日杯FS優勝馬や、
第17回NHKマイルC2着馬など実績も十分。
ハンデも56kg、枠も最良の3枠と勝機は十分。
6歳馬として見てもデータ上は問題なし。
津村騎手も新潟芝2000mは得意としている。

単穴は、アズマシャトル
中穴狙いの馬。
ゼンノロブロイ産駒で、コース適性は高いほう。
前走は、東京芝2000mの白富士Sで1着。
第65回チャレンジCでも4着があるが、ここで
2着のデウスウルトで0.2秒差の競馬がある。
騎手は鮫島騎手。
この点は素直にマイナス点と言わざるをえないか。
7枠という点は、まあまあ。
差しという脚質はプラス材料となる。

連下は、ダコールか。

谷川岳S予想~本命サトノギャラント

本命はサトノギャラント
新潟芝1600mでは[0-1-1-1]。
Roberto系はこのコースに強く、
とりわけ新潟芝1600mに変わった過去3年間の谷川岳Sだけでも、
シルクアーネスト、スズジュピター、ヒットジャポット、オセアニアボス、マイネルスケルツィ
が、活躍している。
柴山騎手は初騎乗なので、やや不安はある。
前走は大阪城Sで4着。
東京新聞杯では11着だったが、0.6秒差は評価できる。

対抗は、オメガヴェンデッタ
母はビハインドザマスク。
母父はホワイトマズルでダンシングブレーヴで、
新潟の早い時計、長い直線に合っている。
また成長中で、前走は雲雀Sを1着となっている。
新潟は初コース。
勝浦騎手へ乗り替わる。


復活したインパルスヒーロー、ゼロス、アルバタックスも注意が必要。

読売マイラーズC予想~本命エキストラエンド

本命はエキストラエンド
ディープインパクト産駒らしく
マイルCS5着、京都金杯2年連続2着など、
京都芝1600mでの実績が優れている。
東京新聞杯6、ダービー卿CT4着だが、
内容は悪くなく、安定感はある。
騎手は固定されておらず不問なのが強み。
今回は小牧騎手。
枠は内過ぎず、外過ぎずで好評価。

フルーキーは、
ディープインパクト産駒ではないので評価を下げる。

フィエロは、
香港マイルから国内に戻っての初戦で評価を下げた。
また、戸崎騎手という点も考慮し、マイナス評価。

クラレントは、
8枠なのでマイナス評価。

ダービー卿CT予想~本命コスモソーンパーク中穴狙いならカオスモス

本命はコスモソーンパーク
第49回小倉大賞典2着でカレンブラックヒルの2着(0.1秒差)。
リゲルS2着⇒ニューイヤーS1着⇒小倉大賞典2着と
ここ3走は安定感があり、大崩れの不安は少ない。
重い馬場が得意なイメージもあり、
開催当日雨であればアドバンテージがある。
ただ良馬場でも中山芝マイルは成績がよく、
若潮賞、木更津特別、東風S、ジュニアCなど
人気以上に好走するタイプ。
ただハンデ56kgは少々見込まれたか。
騎手は引き続き丹内騎手。

対抗は、
続きを読む
【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ