中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

東海S

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

平安S予想〜本命ロワジャルダン中穴狙いショウナンアポロン

平安Sの予想です。

本命は、ロワジャルダン。
勝ちきれないところがあるが、
第16回チャンピオンズC4着や、
第33回フェブラリーS5着などがあり、
実力は上位。
デムーロ騎手に乗り代わりで心機一転。
先行できるのも強み。
ショウナンアポロンを見て攻められれば。

対抗は、アスカノロマン。
すっかり落ち着いて実力開花。
第33回フェブラリーSでも3着になり、
アンタレスSでも2着があり、
ここでは1枚抜けている。
58kgだが、大型馬なのでさほど気にしなくてもよいが、
外枠という点はマイナス。


単穴は、
中穴狙いショウナンアポロン。
内枠で、逃げともなれば怖い存在。
第23回マーチSでも逃げて優勝。
ソロルやクリノスターオーを抑えた。


アウォーディーの妹のアムールブリエや
重賞ウィナーのクリノスターオーも
要注意か。

アンタレスS予想〜本命ロワジャルダン中穴狙い

本命は、ロワジャルダン
フェブラリーS5着だったが、マイルは距離が少し短った。
1800mのほうがよい。
中京実績もあり阪神コースも適正は高いはず。


image



対抗はアウォーディー
こちらは逆に1800mだと距離が短い感じを受ける。まぁオークランドレーシングクラブトロフィーを勝っているので、3着は固いか。


単穴は中穴狙いで、サンマルデューク。
人気薄で、師走S、ポルックスSを勝ち、驚かせたが、マーチSでは11着だった。
但し、蛯名騎手への乗り代わりや、イッシンドウタイと同ハンデだったことが響いた結果だが、タイム差は0.9秒差と、内容はさほど悪くない印象。
今回は手のあった武士沢騎手に戻るし、直線が長くなるぶん、期待値はアップする!

大沼S予想~本命ソロルで中穴狙い。カーティスバローズで中穴狙い。

本命はソロル
Roberto系のタニノギムレット産駒やブライアンズタイムらの仔がよく好走するレース。
同じくRoberto系に分類されるシンボリクリスエス産駒のソロルを軸にしたい。
実績面でも、第21回マーチS1着や第21回平安S2着などがあり、メンバー中、上位の実力を持っている。
近走も、GⅡの第32回東海S5着や、第22回マーチS8着がある。
東海Sでは、コパノリッキーが2着に4馬身差をつける快勝だったが、2着のグランドシチーから5着のソロルまでは、わずか0.2秒差だった。
マーチSでは、トップハンデ57.5kgを背負い、血統的にも向かないコースだったにも関わらず、0.2秒差と善戦した。
コース変わりはプラスとなるはず。
懸念面は騎手で、初騎乗の藤岡康太騎手に乗り替わることとなる。


対抗は、エアウルフ

単穴はカーティスバローズ
中穴狙い。
ここ5走はダート1400mを走っていた。
2走前には1600万下鎌倉Sで優勝し、晴れてオープン馬になった。
今回は約1年ぶりのダート1700mだが、2014年に札幌ダート1700mで2連勝しており、問題ない。
全体の成績としては、ダート1400mが[1-1-0-3]に対して、ダート1700mは[2-1-2-0]と、適性は明白。
ダート1800mでも[2-2-3-5]と、マイル以上の距離でも走れている。
騎手は三浦騎手に乗り替わり、初騎乗となるが、問題ないだろう。
父はマンハッタンカフェ産駒。
同じマンハッタンカフェ産駒にエーシンモアオバーがいるが、札幌と函館のダート1700mで6勝(全12勝の半分)を挙げているほど、相性がいい舞台。
適性の高さはきっとカーティスバローズにも言えることだろう。
金曜日の段階では7番人気だったが、土曜になると人気するかな?



人気ブログランキング 競馬・データ理論へ


人気ブログランキング 投資競馬へ


人気ブログランキング 競馬・血統理論へ

平安S予想~本命ダノンバトゥーラ中穴狙い

本命ダノンバトゥーラ
第20回アンタレスS4着。
クリノスターオーから0.4秒差。
アンタレスSでは後方にいたクリノスターオーとナムラビクターに差された。
逃げていた2着アジアエクスプレスは、捉えられず、0.3秒差。
ただスタート後にペースが落ち着きやすい京都ダート1900mであれば前残りを期待する。
京都ダートコースでは3勝しているのも強み。
騎手は浜中騎手のままで、この馬に合っているからいいだろう。
キングカメハメハ産駒というのもコースにあっている。

対抗はインカンテーション
第32回フェブラリーSではコパノリッキーと0.2秒差の2着。
内田騎手と手があっていた。
京都コースも得意で第5回みやこSでの優勝や、第4回みやこSで2着の実績がある。
シニスターミニスター産駒もコース成績はかなり良く、手ごわい一頭。

単穴はアジアエクスプレス
本当はこちらを本命にしたいが、人気面を考慮して。
先行する馬が有利なコースだけに、コース経験がない馬でも大崩れしないだろう。
騎手も引き続き戸崎騎手。
前走の第20回アンタレスSでは逃げて2着。
差しが決まりやすい中で逃げ残ったのは、やはり力がある証拠。
7枠も問題ないだろう。

連下はクリノスターオー
京都でも阪神でも走るし、逆にさっぱり走らない時もある。
前走は第20回アンタレスSで6番人気ながら1着。
買い時が難しい。
ただ前走のメンバーと勝ち方をみると、力は上位。
第21回平安Sでも12番人気で勝っているだけに、気になるところだが、メンバーは今回のほうがかなりレベルアップしている。

あとはマイネルクロップ
京都ダート1800mと1900mでは[4-3-3-1]と相性のいいコース。
佐賀記念⇒第22回マーチSと重賞を連勝しており、調査の良さと、成長がうかがえる。
3着なら十分にありえるし、人気の盲点だろう。。
クロフネ産駒自体のコース適性はあまり良くないのが難点。

騎手で選ぶならドコフクカゼ騎乗の四位騎手。
京都ダート1900mが非常に得意。

マーチS予想~本命マスクトヒーロー

本命はマスクトヒーロー
母はビハインドザマスクで、貴重な牡馬。
父はハーツクライ産駒。
父の産駒は中山ダート1800mでいい成績を残している。
騎手は横山騎手でプラス。
ハンデ57kgは想定内。
7歳馬だが、最近7歳馬の活躍も多く、期待できる一頭。

対抗は続きを読む

フェブラリーS予想~本命コパノリッキー対抗カゼノコで中穴狙い

本命はコパノリッキー
1枠のコーリンベリーが逃げても、
東海Sのように番手から競馬することもできる。
第15回チャンピオンズCこそ外枠発走となり出遅れ惨敗したが、
今回は2枠。
また、東海Sより1kg軽くなるのもプラス。
コース適性は、実績面でも血統面でももちろん十分。

対抗は
続きを読む

アルデバランS予想~本命アスカノロマン

本命はアスカノロマン
ムラがある成績だが、嵌ると強い。
観月橋Sではドコフクカゼを、濃尾特別ではキクノソルを下している。
第5回みやこSでは10着だったものの、
今回は1枠を確保できた。
スタートで後手を踏むことはないため、
すんなり先行できれば、勝機に持ち込める。

対抗はマルカプレジオ。
前走ベテルギウスS1着。
ハンデは56kg。
2014年アルデバランS2着馬。
その他雅Sでも1着があり、
京都ダート1900mでは強さを見せる。

単穴は、ランウェイワルツ。
第32回東海S8着馬。
第5回みやこS2着馬。
ポルックスS(2着)やベテルギウスS(3着)などの
オープンクラスでも安定して走っており、信頼度は高い。
正直もう少し内枠が良かった。

連下はマイネルバイカ。
第32回東海S2着馬。
直線の長いコースに強く、ブラジルC1着、第31回東海S3着が目を引く。
京都でも、桃山S1着や上賀茂S3着、初夢S1着など強さは垣間見える。
ランウェイワルツが人気になるようだと、
こちら中穴狙いとしてみてもいいかもしれない。

あとはメイショウイチオシ。
ベテルギウスS4着馬。
武器は先行力。

東海S予想~本命ナムラビクター対抗グランドシチーで中穴狙い

本命ナムラビクター
第15回チャンピオンズCでは、ホッコータルマエの2着(0.1秒差)。
コパノリッキーが逃げるような状況にならなければ、優位。
みやこSやシリウスSなどでも安定していることから、軸の本命にはもってこい。
位置取りも、先行できるタイプで確実性も高い。
母父エンドスウィープで長い直線も苦にならないため、このコースが合っている。

対抗はグランドシチー
第31回東海S2着馬。
前走オープンクラスの師走Sでは58kgを背負い4着。
第18回シリウスSではハンデ58kgで6着だが、タイム差は0.5秒差なので勝負はできるはず。
ハーツクライ産駒ほどではないが、キングカメハメハ産駒はこのコースの好走歴は高い。

単穴はインカンテーション。
コース相性のいいシニスターミニスター産駒ということで3番手評価。
第15回チャンピオンズCでは12着では10着に敗れ、仕切り直しの一戦。
とはいえ、タイム差は0.8秒だったので、悲観するほどでもない。
枠と道中の位置取りの差だと思われる。

連下はコパノリッキー。
第15回チャンピオンズCでは逃げられず12着。惨敗。
今回は、58kg。
東京大賞典やJBCクラシック、帝王賞では強い姿を見せるも、不安材料は少しある。



他は、紐でソロル、トウシンイーグル、ランウェイワルツ。
ソロル、トウシンイーグルは、血統的に、シンボリクリスエス産駒とハーツクライ産駒で、その信頼度は高い。
ラインウェイワルツは重賞やオープンクラスのレースでの実績を考慮して。


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング 競馬・データ理論へ


人気ブログランキング 競馬・血統理論へ

ベルシャザール:◎○△×評価による馬選定~フェブラリーS

ベルシャザールか、ホッコータルマエか、ゴールスキーか、ニホンピロアワーズか、はたまた。。。。。

悩むフェブラリーS。
凡走することの多かった芝馬がおらず、引き締まったレースとなりそう!
ただ、ダートも走れる元芝馬がいた。しかも強いやつが何頭も。

今回は、◎○△×で評価してます

筆者の個人的な定性的評価を◎○△×で評価しました。
これを後は、みなさん各自で数字で重みづけして、評価すれば、おのずと本命と穴馬が見えてくるはず。


ゴールスキー
○根岸S完勝
○ゴールドアリュールの近親
△JCD王者ベルシャザールから0.3秒差負け
△過去10年優勝ゼロの7歳馬
×1枠

ベストウォーリア
○武蔵野Sで根岸S勝ちのゴールスキーに先着
○浜中騎手(グレープブランデーでフェブラリーS制覇)
△4歳(馬体未完成?)
△前走OP勝ち
×G1実績なし

ソロル
△4歳(馬体未完成?)
△前走OP勝ち
△1600mは短い
×G1実績なし(G3勝ちもなし)

ワンダーアキュート
○実績◎
 フェブラリーS3着2回、JCD2着3回。
○第29回と同じローテーション
 JCD⇒東京大賞典⇒フェブラリーS
○騎手が武豊
○5番人気でオッズつく
△8歳
△1600mはやや短い

エーシントップ
△4歳(馬体未完成?)
△騎手乗り替わり
△1600mの距離が初
△サンデー系でもKngmambo系でもない
×前走負けすぎ
×中央ダートのスピードに苦戦

ノーザンリバー
○芝マイル重賞勝ち有、ダート重賞勝ちあり
○芝スタートのカペラS勝ち有
○成長度UP
 ベルセウスSでゴールスキーの0.6秒差だったが、根岸Sで0.1秒差まで詰め寄った
○6歳
△ダート1600mの距離が初
×G1実績なし
×厩舎で唯一のダート重賞優勝馬
  
ニホンピロアワーズ
◎GⅠ実績あり
○前走GⅡ東海S勝
△JCDでベルシャザールに0.8秒負け
△東京大賞典でホッコータルマエに0.8秒負け
△過去10年優勝ゼロの7歳馬
△1600mはやや短い(初)
△東京で不利な先行タイプ

グランドシチー
○リスポリ騎手への乗り替わり
△過去10年優勝ゼロの7歳馬
△長い直線、差せる脚
×マーチS優勝以外、目立った重賞実績なし

アドマイヤロイヤル
△巻き返しの可能性が薄い前走4着以下の馬
 (前走根岸S5着)
△ベルシャザールに0.1秒差の2着あり
△過去10年優勝ゼロの7歳馬
×シリウスS優勝以外、目立った重賞実績なし

ドリームバレンチノ
△巻き返しの可能性が薄い前走4着以下の馬
 (前走根岸S8着)
△1600mの距離がやや長い(初)
△過去10年優勝ゼロの7歳馬

ベルシャザール
◎JCD優勝場
◎重賞3連勝中
○ダート1600m重賞勝ちもあり、スピード十分
○6歳
△Cデムーロへの乗り替わり

ブライトライン
◎充実の5歳
△巻き返しの可能性が薄い前走4着以下の馬
 (前走根岸S4着)
×みやこS以外、目立った重賞実績なし

コパノリッキー
◎ゴールドアリュール産駒
×兵庫CS以外、目立った重賞実績なし
×中央のダートオープンでも負け続き(1秒以上)

ダノンカモン
△過去10年優勝ゼロの8歳馬
△巻き返しの可能性が薄い前走4着以下の馬
 (前走根岸S9着)
△全盛期でもフェブラリーSは4着まで。(4着2回)

ホッコータルマエ
◎GⅠ2連勝中
◎充実の5歳
○外枠
△1600mはやや短い(スピードに不安あり)

シルクフォーチュン
◎追い込みに徹することができる大外枠
△2011年フェブラリー2着。2012年は5着で降下中
△過去10年優勝ゼロの8歳馬
×2013年は重賞勝ちなし


◎を5点
○を2点
△を1点
×を-1
とすると、こうなった!

ベルシャザール:14点
ホッコータルマエ:13点
ニホンピロアワーズ:12点
ワンダーアキュート:10点


ノーザンリバー:7点
シルクフォーチュン:6点
ゴールスキー:5点
ベストウォーリア:5点
ブライトライン:5点
コパノリッキー:3点
ダノンカモン:3点
グランドシチー:3点
ドリームバレンチノ:3点
ソロル:2点
エーシントップ:2点
アドマイヤロイヤル:2点




中央競馬 ブログランキングへ


【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ