中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

東風S

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

メイS予想〜本命テイエムイナズマ中穴狙いはメドウラーク

メイS予想です。

本命はテイエムイナズマ。
第47回デイリー杯2歳Sを勝つなど、
若駒の時から実力があった。
一時期スランプがあったが、
ここに来て大阪城S1着、六甲S2着と、
ようやくオープンでも勝ち負けができるようになった。
騎手は古川騎手のまま。


対抗は
中穴狙いでメドウラーク。
第52回中日新聞杯7着。
父はタニ丿ギムレットで、母父は、クロフネ。
母の母はトゥザビクトリー。
なので、東京コースでも力を発揮できるだろう。


単穴はカムフィー。
中穴狙い。
距離短縮をして来た点は評価できる。
スピードに戸惑うかもしれないが、
東京芝1800mでのダンスインザダーク産駒は怖い。


ゼロスも注意したい。


谷川岳S予想〜中穴狙いで本命はインパルスヒーロー

谷川岳Sの予想です。

中穴狙いで本命はインパルスヒーロー

2年連続谷川岳Sに出走します。
昨年の着順は4着。
枠も同じ1枠。
メンバーもほぼ同じメンバー。
上位に来た馬がアルバタックスしかいないので、
チャンスはあるかもしれませんね。


広いコースとはいえ、1枠は厳しいかもしれませんが、
早い時計で走れますし、直線が長くても大丈夫なので、
新潟コースは適応できるかと思います。

騎手は最もよく合っている田中勝春。


谷川岳S予想~本命サトノギャラント

本命はサトノギャラント
新潟芝1600mでは[0-1-1-1]。
Roberto系はこのコースに強く、
とりわけ新潟芝1600mに変わった過去3年間の谷川岳Sだけでも、
シルクアーネスト、スズジュピター、ヒットジャポット、オセアニアボス、マイネルスケルツィ
が、活躍している。
柴山騎手は初騎乗なので、やや不安はある。
前走は大阪城Sで4着。
東京新聞杯では11着だったが、0.6秒差は評価できる。

対抗は、オメガヴェンデッタ
母はビハインドザマスク。
母父はホワイトマズルでダンシングブレーヴで、
新潟の早い時計、長い直線に合っている。
また成長中で、前走は雲雀Sを1着となっている。
新潟は初コース。
勝浦騎手へ乗り替わる。


復活したインパルスヒーロー、ゼロス、アルバタックスも注意が必要。

福島民報杯~有力馬コメント



ダービー卿CT予想~本命コスモソーンパーク中穴狙いならカオスモス

本命はコスモソーンパーク
第49回小倉大賞典2着でカレンブラックヒルの2着(0.1秒差)。
リゲルS2着⇒ニューイヤーS1着⇒小倉大賞典2着と
ここ3走は安定感があり、大崩れの不安は少ない。
重い馬場が得意なイメージもあり、
開催当日雨であればアドバンテージがある。
ただ良馬場でも中山芝マイルは成績がよく、
若潮賞、木更津特別、東風S、ジュニアCなど
人気以上に好走するタイプ。
ただハンデ56kgは少々見込まれたか。
騎手は引き続き丹内騎手。

対抗は、
続きを読む

東風S予想~本命シャイニープリンス

本命はシャイニープリンス
東京芝1600mが得意だと思われがちだが、実は中山も得意。
昨年の東風Sを勝っている。
7枠でなければもう少し評価を上げただろう。
横山騎手の手綱に期待。
第65回東京新聞杯では稍重の中で4着とパワーのあるところを見せた。
斤量は57kgで、リルダヴァルより1kg軽い点はアドバンテージ。

対抗は、続きを読む

ニューイヤーS予想~本命ペイシャフェリス中穴狙い

過去5年で、1枠は[2-2-1-5]、4枠も[2-0-1-7]と好成績、

血統の傾向は、アグネスタキオンが強い。
シンボリクリスエスやブライアンズタイム、リアルシャダイのようなRoberto系、ディープインパクト、キングカメハメハ、マンハッタンカフェ、フジキセキ、ゼンノロブロイ、トニービン、StormCat、タイキシャトル、ダンシングブレーヴ、オペラハウスなど多彩。

父型の血統はサンデーサイレンス系でなくてもいいが、Hail to Reasonの血は持っておきたいところ。
トーセンクラウンや、エーシンフォワード、ルナなどが、そのパターン。

年齢別では、過去5年で5歳馬が2勝、4歳馬が3勝している。
3着以内に視野を広げると、5歳馬が優勢で、6歳、7歳と年齢を挙げていくにつれて厳しくなってくるが、馬券には絡める場合もある。

騎手別には、過去5年で横山典騎手が2勝、蛯名騎手2勝、ベリーが1勝(2着も1回)、後藤騎手3着3回となっている。


本命は、ペイシャフェリス
1枠のアドバンテージあり。
また、先行できるのも強み。
中山芝1600mは[3-0-1-0]と期待できる実績。
斤量も前走より1kg軽い53kgでの参戦となる。
4歳馬。

対抗は、サトノギャラント
騎手は蛯名騎手、シンボリクリスエス産駒という2点はプラス評価とした。
中山実績は[1-1-0-2]で、中山芝1600mに特化すれば、2着1回のみ。
休み明けの初戦から走れるタイプなので、ねらい目は休み明けの今回。
但し、6歳ということと、後方から行くと届かない可能性が大いにあるので少しだけ評価を下げた。

他は、ウインマーレライ。
先行力はあり、成長期の4歳馬。
第63回ラジオNIKKEI杯1着馬だが、斤量は55kg。

アルフレードやルナ、ナイキディアベルあたりがねらい目か。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング 競馬・データ理論へ


人気ブログランキング 競馬・血統理論へ

中山芝1600m枠とポジションの傾向


ターコイズS[OP]
4⑥1-1-1
3④9-9-8
2②4-7-5

第32回NZT[GⅡ]
7⑫12-11-8
5⑨10-7-7
8⑮2-3-3

東風S[OP]
1②14-14-13
6⑫6-5-4
8⑯11-12-12

アネモネS[OP]
1①1-1-1
4⑧7-5-2
3⑤13-13-11

ニューイヤーS[OP]
6⑫6-7-7
1①3-4-3
7⑭1-1-1

第30回フェアリーS[GⅢ]
4⑦9-8-8
8⑮9-12-8
2③1-2-2

ジュニアC[OP]
6⑨2-2-2
5⑦1-1-1
4⑤2-2-4

市川S[1600万下]
1①2-1-1
4④4-4-4
6⑥6-6-7

春風S[1600万下]
8⑫2-1-1
4④6-7-6
1①2-3-3

韓国馬事会杯[1600万下]
3⑤12-9-9
2③9-5-5
1②2-2-2

OPや1600万下だと、内枠・先行組で決着がつくことが多い。
重賞クラスになると、外枠・差しが決まる傾向か。
【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ