中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

産経大阪杯

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

都大路S(2016年)予想~本命は中穴狙いでクランモンタナ

都大路Sの予想。

本命はクランモンタナ
中穴狙い。
今年に入り、第57回AJCC13着、
大阪城S12着、福島民報杯4着と奮わない。
但し、血統的に不向きな点もあったため、
今回はチャンスあり、

人気のラングレーが内枠に入り、且つ、
松田騎手への乗り替わりとなると
信頼度はやはり下がる。

また、他の人気馬もガリバルディは
初騎乗のデュプレシス騎手で不安な点があり、
マテンロウボスも福島民報杯5着と
クランモンタナよりも走れておらず、
人気差ほど実力差はないとみる。

そのため、枠と血統で、クランモンタナを推す。

 

第153回天皇賞春予想〜本命キタサンブラック中穴狙いトゥインクル

天皇賞春の予想です。

本命は1枠をゲットしたキタサンブラック
1枠は過去データからも相性の良い枠。
騎手も長距離の上手い武豊。
産経大阪杯で騎乗経験がここで生きれば。
馬は先行が得意で出遅れの少ないので、操縦しやすいだろう。

2点不安な点がある。

1つは脚質。
先行は得意だが、特に内枠ともなると逃げる形となり、
強豪ゴールドアクターなどの的になりやすい点。
武豊の刻む正確なラップは、GⅠではリスクが高い。

もう1つは血統。
菊花賞をクリアしたからとはいえ、
春天はスタミナの消耗度が違うはず。
消耗度の激しい戦いになった時に必要な血は、
キタサンブラックのそれではない、という点だ。


中穴狙いはトゥインクル。
血統面が飛び抜けて良いということは確実。
実績と騎手はいまいち。

宝塚記念予想~本命ゴールドシップ対抗はデニムアンドルビーで中穴狙い。

本命はゴールドシップ
馬券的魅力はもはやないが、宝塚記念3連覇がかかっており、是非これを達成してほしい。
ステイゴールド産駒は阪神芝2200mでの成績に優れており、それに代表されるレースである宝塚記念で2年連続でゴールドシップが優勝している。
阪神芝コース全体では、このコースだけで6勝しており、2着は1回。3着以下はナシという驚異的な成績を残している。
枠は3年連続8枠。
騎手は第151回天皇賞春を制した時と同じ横山典騎手というのも心強い。
素直に本命でいいだろう。
馬券外にぶっ飛んでもキャラで許せる。

対抗はデニムアンドルビー
中穴狙い。
牝馬ながら第63回阪神大賞典で2着や、第33回ジャパンカップ2着がある実績馬。
第55回宝塚記念では5着だったものの、2枠で内枠過ぎたことが敗因の一つ。
もう一つの敗因が、ドバイシーマクラシック後に馬体重が戻らなかったこと。
440kg台半ばまで場体重が戻れば、勝機はある。
また、ディープインパクト産駒としてのコース適性が高いのも強みだが、母方の血統的にも阪神コースなどの消耗するレースは得意そう。
自身も上記の阪神大賞典に加え、ローズSを勝っていたり、トゥザビクトリーや、その産駒のトゥザグローリーやトゥザワールドなどを見ても阪神コースは強いことがわかる。


単穴はカレンミロティック
7歳馬。
過去10年間で7歳馬の勝利はないが、せん馬らしくピークは長い。
(そう考えるとゴールドシップは、やはりすごい)
おそらく、逃げる格好となるだろうが、3枠なので思いっきり行ってほしい。
第55回宝塚記念2着や、第151回天皇賞春3着の実績はあるものの、いずれもゴールドシップの前に屈している。
ハーツクライ産駒はこのコースの勝率こそ良くないが、複勝率は高く、大崩れはないだろう。
カレンミロティック自身の阪神芝コースでは[3-2-2-3]と優秀。
実は内回りコースより、外回りコースのほうが若干成績がよさそうな。


連下はラキシス
第59回産経大阪杯で不良馬場の中、キズナを2馬身負かした牝馬。
阪神コースではすみれSこそ敗れたものの、3勝を挙げていて、得意中の得意のコース。
中山での有馬記念や中京での中日新聞杯で上位に来るなど力のいる馬場も強い。
騎手は引き続きC.ルメールが騎乗する。
懸念点は、久しぶりに外枠(7枠)という点のみで、このあたりがどう出るかが盲点で、評価を落としている。



人気ブログランキング 競馬・データ理論へ


人気ブログランキング 競馬・血統理論へ


人気ブログランキング 投資競馬へ


鳴尾記念予想~本命グランデッツァで中穴狙い

本命はグランデッツァ
前走都大路Sでは稍重の馬場の中、エイシンヒカリの2着。
金曜、雨が降ったが、パンパンの良馬場でなくても大丈夫そう。
京都ではその他、第31回マイルチャンピオンシップ3着などもあり、コースの相性もよかったか。
阪神での実績はというと、第28回ラジオNIKKEI2歳Sで3着がある。
この時の2着がゴールドシップということを考えれば、コース適性はなくもない。
第72回皐月賞では5着があるが、距離は2,000mあたりが限界か。
枠は1枠で、先行できれば、開幕週の馬場を生かせることができる。
川田騎手との相性もよさそう。
鬼門は坂か。

対抗はエアソミュール
GⅡ3戦連続3着。
第50回金鯱賞3着⇒第56回AJCC3着⇒第59回産経大阪杯3着。
内枠となることが多く、今回も3枠でチャンスは大きい。
M.デムーロ騎手とも3度目のコンビで勝機はある。
ジャングルポケット産駒のこのコースでの勝率は、アグネスタキオン産駒と並び優秀。

新潟大賞典予想~本命デウスウルト

本命はデウスウルト
前走は第59回産経大阪杯で6着。
別定戦のGⅡで、且つ、不良馬場、さらには大外の8枠も
響いた形で、勝ち馬のラキシスから1.3秒離された。
ただ、ラキシスとキズナを除けば、3着のエアソミュールから
0.5秒差だった点は評価してもいいかもしれない。
ハンデは55kg。
7歳馬。
これらの2つの材料はあまりデータ上は良くない。
ただ、7歳馬といえども戦績は少なく、6歳から
急激に力をつけた今がピークだと考えれば気にするデータでもない。
騎手は川田騎手が引き続き乗る。
キングカメハメハ産駒だが、コース相性は良くも悪くも、という感じか。
2枠はやや内側すぎたか。
本命にしたが不安はいっぱい。

対抗は、アルフレード
前走は第65回東京新聞杯で、ヴァンセンヌの2着。
上り3Fはエキストラエンドに次ぐ2番目。
2000m戦は初で、距離的に不安があるが、
血統的にシンボリクリスエス産駒が◎のため、
これに賭ける。
とはいえ、第63回朝日杯FS優勝馬や、
第17回NHKマイルC2着馬など実績も十分。
ハンデも56kg、枠も最良の3枠と勝機は十分。
6歳馬として見てもデータ上は問題なし。
津村騎手も新潟芝2000mは得意としている。

単穴は、アズマシャトル
中穴狙いの馬。
ゼンノロブロイ産駒で、コース適性は高いほう。
前走は、東京芝2000mの白富士Sで1着。
第65回チャレンジCでも4着があるが、ここで
2着のデウスウルトで0.2秒差の競馬がある。
騎手は鮫島騎手。
この点は素直にマイナス点と言わざるをえないか。
7枠という点は、まあまあ。
差しという脚質はプラス材料となる。

連下は、ダコールか。

第152回天皇賞春予想~本命ゴールドシップ

本命はゴールドシップ

第63回阪神大賞典の1着馬。
過去10年で3勝を挙げている阪神大賞典組の勝ち馬。
近年は日経賞組に押され気味という印象すらあるが、
やはり、阪神大賞典組の1着馬は、見切れない。
この長距離戦で強い勝ち方をしたことはやはり脅威だ。

また、第59回有馬記念でも、メンバー中最先着の3着。
伝統の長距離戦に相応しい馬は、やはりゴールドシップだ。
ただ、ローテーションは予定通りではなかった。

意味の分からないAJCCへの参戦、
春天回避予定からの急遽参戦など、
ローテーションの不可解さが逆に不気味。

前走の着順から見ると、
前走1着馬が過去10年では、[5-6-2-32]で
勝率11%強、3着内率29%弱と安定感はある。
この春天では、前走1着馬は3頭しかおらず、
8枠17番に追いやられたアドマイヤゼウス、
ダイヤモンドS勝ちのフェイムゲームと、
阪神大賞典を勝利した、このゴールドシップの3頭のみ。
この中での可能性を考えると、枠も実績もゴールドシップが最上位。

ちなみにJRAのCMでマンハッタンカフェが登場していた。
菊花賞と有馬記念両方勝った馬なのだが、
それに該当する馬は今回はこのゴールドシップだけ。
サイン要素も含んで評価している。

本命。



対抗は
続きを読む

第152回天皇賞春展望
























産経大阪杯、鳴門Sなど回顧




【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ