中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

阪神牝馬S

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

第11回ヴィクトリアマイル予想~本命ショウナンパンドラ中穴狙いでシュンドルボン、トーセンビクトリー

第11回ヴィクトリアマイルの予想です。

本命はショウナンパンドラ
第35回ジャパンカップ優勝馬。
今回はその時と同じ7枠⑮番
第60回産経大阪杯3着を経て、ここへ挑む。
2015年の第10回ヴィクトリアマイルでは、
見せ場なく8着だったが、大外8枠17番で
極端な先行有利の馬場でもあったことから、度外視でいい。
血統的にフレンチデピュティを含むため、
東京マイルの適性はかなり高いはず。

対抗は、ストレイトガール
第10回ヴィクトリアマイル優勝馬。
7歳牝馬だが、衰えはあるかどうかは不明。
第59回阪神牝馬S9着からのローテだが、
昨年も第45回高松宮記念13着から
ヴィクトリアM1着となったように
前走実績はあてにならない。


単穴は、中穴狙いでトーセンビクトリー。
東京マイルが得意な内田騎手。
第8回ヴィクトリアマイル、
第9回ヴィクトリアマイルと
2回連続でヴィルシーナを優勝に導いた。
シングウィズジョイの除外で繰り上がり出走権を手にした。
第33回ローズSや第20回秋華賞のタイム差を見ると
差ほど上位との差はないはず。
幸運を生かして。
母はトゥザビクトリーという良血。
4歳という点はプラス。

連下は、シュンドルボン。
第34回中山牝馬Sではルージュバックを破り、1着。
第40回エリザベス女王杯では0.2秒差の7着があり、
実力は遜色ないはず。


ミッキークイーンやレッツゴードンキも4歳牝馬で、
GⅠ勝ち組なので侮れないのは確か。
 
東京新聞杯と阪神牝馬Sを連勝したスマートレイアーも驚異。



予想が揺らいでいますが、
絞れたら馬券公開予定です。

 

都大路S(2016年)予想~本命は中穴狙いでクランモンタナ

都大路Sの予想。

本命はクランモンタナ
中穴狙い。
今年に入り、第57回AJCC13着、
大阪城S12着、福島民報杯4着と奮わない。
但し、血統的に不向きな点もあったため、
今回はチャンスあり、

人気のラングレーが内枠に入り、且つ、
松田騎手への乗り替わりとなると
信頼度はやはり下がる。

また、他の人気馬もガリバルディは
初騎乗のデュプレシス騎手で不安な点があり、
マテンロウボスも福島民報杯5着と
クランモンタナよりも走れておらず、
人気差ほど実力差はないとみる。

そのため、枠と血統で、クランモンタナを推す。

 

第10回ヴィクトリアマイル予想~本命ヌーヴォレコルト。中穴狙いはスイートサルサ、ヴィルシーナ

本命はヌーヴォレコルト
第89回中山記念で1着。
皐月賞馬ロゴタイプ・イスラボニータを下した。
昨年秋は第32回ローズS1着後、
秋華賞2着⇒エリザベス女王杯2着と
優勝にわずかに手が届かなかったが、
牝馬の中ではトップクラスの実力を持つ。
東京コースでは、優駿牝馬1着以外に、未勝利戦で勝っている。
ハーツクライ産駒なので、東京マイルはやや距離が短いか。

対抗は、スイートサルサ
中穴狙い。
東京芝1600mでの適性はかなり高いデュランダル産駒。
母父もDanzigなのでこのコースであればGⅠでも期待できる。
前走も決して得意でない福島コースでの福島牝馬Sで1着。
得意の東京コースでは、府中牝馬Sで3着と6着、
クイーンCでも2着という実績があり、血統に見合った成績を残している。
その他、第52回愛知杯でもディアドレマドレから0.3秒差の3着。
現役の牝馬の中でもトップクラスにいるといえるだろう。

単穴は、カフェブリリアント
過去8回馬券に絡んでいる1枠
ブライアンズタイム産駒だけに東京実績はさほど良くないが、
それでもRoberto系としては、タニノギムレット産駒のウオッカや
ニシノブルームーンがこのレースで活躍している。
前走は阪神牝馬Sで1着で3連勝を果たした。
その調子を持続していたいところだが、
マイナス体重で出走していたことから、
余力があるかどうかは気になるところ。

連下はショウナンパンドラ
第19回秋華賞1着馬。
第39回エリザベス女王杯は6着。
母父がフレンチデピュティでコース適性はある。
後方一気というタイプでもないので、
早い段階で中断に取り付きたい。
今年初戦となった前走はGⅡ産経大阪杯を選択し、9着。
不良馬場やプラス体重から見て度外視でいいだろう。
8枠でも3着以内なら十分可能性あり。

メイショウマンボ。
第74回優駿牝馬1着、第9回ヴィクトリアマイル2着馬。
リピーターの多いヴィクトリアマイルだけに、今年もデータ的は可能性あり。
ただ、近走は不振。
着順以上にタイム差も開いており、
牝馬限定レースでも、
第39回エリザベス女王杯12着(1.0秒差)、
第58回阪神牝馬S13着(1.0秒差)、
と巻き返しは厳しいように思われる。


となると、
他は実力が1枚抜けているディアデラマドレ、
1枠で秋華賞3着、ローズS2着のタガノエトワール、
復活しつつあるGⅠ馬レッドリヴェール。
ここまで。

阪神牝馬S~有力馬コメント










阪神牝馬S予想~本命ウリウリ

本命はウリウリ。 京都牝馬Sでは8着だったが、阪神Cでは4着。 ホエールキャプチャに先着している。 今回は府中牝馬S8着以来の浜中騎手に乗り変わるが、 おそらく問題ないだろう。 阪神芝1400mは内回りコースで、 特にディープインパクト産駒に向いているわけではないが、 母父フレンチデピュティで問題ないだろう。 対抗は 続きを読む
【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ