中穴狙い。少額投資馬券を探究する

馬券は少数点少額で勝負。 大きくガツンと大きいのは狙わず、中穴・大穴狙いでコツコツ増やす。 少ない金額で投資し、勝ちを狙うローリスク・ローリターン予想です。 大体5~7番人気の馬への投資を中心に、単勝・馬単・3連単で勝負します。

高松宮記念

穴党。大穴より中穴を狙う。少ない点数、少ない金額で無駄のない馬券で勝負する。
ローカルの新潟競馬、小倉競馬、福島競馬、札幌競馬、函館競馬も予想しますし、南関東や交流重賞などの地方競馬も予想します。
血統理論や過去データからのデータ理論・データ分析での予想が中心です。

第11回ヴィクトリアマイル予想~本命ショウナンパンドラ中穴狙いでシュンドルボン、トーセンビクトリー

第11回ヴィクトリアマイルの予想です。

本命はショウナンパンドラ
第35回ジャパンカップ優勝馬。
今回はその時と同じ7枠⑮番
第60回産経大阪杯3着を経て、ここへ挑む。
2015年の第10回ヴィクトリアマイルでは、
見せ場なく8着だったが、大外8枠17番で
極端な先行有利の馬場でもあったことから、度外視でいい。
血統的にフレンチデピュティを含むため、
東京マイルの適性はかなり高いはず。

対抗は、ストレイトガール
第10回ヴィクトリアマイル優勝馬。
7歳牝馬だが、衰えはあるかどうかは不明。
第59回阪神牝馬S9着からのローテだが、
昨年も第45回高松宮記念13着から
ヴィクトリアM1着となったように
前走実績はあてにならない。


単穴は、中穴狙いでトーセンビクトリー。
東京マイルが得意な内田騎手。
第8回ヴィクトリアマイル、
第9回ヴィクトリアマイルと
2回連続でヴィルシーナを優勝に導いた。
シングウィズジョイの除外で繰り上がり出走権を手にした。
第33回ローズSや第20回秋華賞のタイム差を見ると
差ほど上位との差はないはず。
幸運を生かして。
母はトゥザビクトリーという良血。
4歳という点はプラス。

連下は、シュンドルボン。
第34回中山牝馬Sではルージュバックを破り、1着。
第40回エリザベス女王杯では0.2秒差の7着があり、
実力は遜色ないはず。


ミッキークイーンやレッツゴードンキも4歳牝馬で、
GⅠ勝ち組なので侮れないのは確か。
 
東京新聞杯と阪神牝馬Sを連勝したスマートレイアーも驚異。



予想が揺らいでいますが、
絞れたら馬券公開予定です。

 

第61回京王杯SC予想~本命オメガヴェンデッタ中穴狙いブラヴィッシモ

第61回京王杯SCの予想です。

本命はオメガヴェンデッタ
武豊騎手。
第60回京王杯SC3着馬。。
第60回阪急杯2着や第58回スワンS3着など、
1400m戦に非常に強いのが印象。

対抗は、
中穴狙いでブラヴィッシモ
第46回高松宮記念でこそ14着だったが
本レースはここからのローテーションが
最も相性が良いと思われる。
第60回阪急杯3着や、京王杯SCと
同じコースで行われる奥多摩S1着などがある。
父Fastnet Rockは馴染みの薄い馬だが、
DanzigとNijinskyとの血統を持ち、コース適性は高い。


大穴はクラリティスカイ、ダイワリベラル。

函館スプリントS予想~本命レンイングランドで中穴狙い

本命はレンイングランド
中穴狙い。
近走は2秒くらい離されたレースもあり、見せ場なし。
ただ、4走前に遡ると、第49回シンザン記念5着がある。
また、1200mのレースでは、2勝しているため、スプリント能力は意外と侮れない。
札幌芝1200mでは[1-0-1-0]であり、洋芝も問題ない。
中山でのクリスマスローズSやダートの寒椿賞でも勝っており、パワーや小回りなども問題ない。
菱田騎手に乗り替わり心機一転できるか。
3歳牡馬なので斤量52kgで、軽いのが魅力。

他は、アンバルブライベンコパノリチャードタガノアザガルの3頭。



第65回安田記念予想~本命リアルインパクトで中穴狙い

本命はリアルインパクト
第61回安田記念優勝馬。
第62回安田記念は6着だったが、2枠->2枠->4枠->1枠->1枠という着順の中、7枠ながら奮闘した。
第64回安田記念は不良馬場が合わず、13着惨敗。
今回は5枠9番だけにチャンスは十分。
リピーターが多いレースだけに期待できる。
ローテーションは、第9回阪神C1着の後、オーストラリアへの遠征で、GⅠに出走。
ジョージライダーSで優勝した後、ドンカスターマイルで2着となる、ここへ駒を進める。
内田騎手というのも安田記念では心強いだろう。

対抗はダノンシャーク
岩田騎手で第31回マイルチャンピオンシップを制した。
ダノンシャークは、第63回安田記念3着、第64回安田記念4着とコース適性は高い。
1枠ということでやや内過ぎるという印象はあるものの、外枠よりはマシか。
前走は阪急杯で5着。
これは2014年のローテーションと同じだ。

単穴はミッキーアイル
第59回阪急杯2着⇒第45回高松宮記念3着と好調。
特に高松宮記念では、8枠だったにも関わらず、先行して粘った3着。
パワーのいる中京コースの稍重の馬場で残ったことは評価できる。
また、今では逃げずとも勝負できるようになったことが強み。
コース実績としては、第64回安田記念16着がある。
3歳馬としてチャレンジしたが、不良馬場の影響もあったのだろう。
但し、第19回NHKマイルC優勝という実績もあるため、侮る勿れ。

連下はサクラゴスペル
第63回安田記念で5着という隠れた健闘実績が光る。
2013年秋から低迷していたが、2015年に入り第10回オーシャンSを勝利し、復活。
高松宮記念8着をはさみ、前走の京王杯SCでは良血馬ヴァンセンヌを破り、優勝した。
好調。
騎手は横山典騎手。
4枠もまあまあ良い。

京王杯SC予想~本命ダイワマッジョーレ

本命はダイワマッジョーレ
1番人気か。
高松宮記念では上り3Fが最速だったものの、見せ場なしの6着だった。
スタートが良くないため、距離が1F伸びるのはプラス材料。
1400m戦では、[2-2-1-1]と好調。
また、今回7枠だが、ここ10年で最も多く勝っている枠。
騎手は引き続きM.デムーロ騎手が騎乗する。
斤量が56kgで出走できるのも、440kg台の小さな馬にとっては大きいこと。
ダイワメジャー産駒でコース相性も良く、しかも雨予報も苦にしない。

対抗は、ダンスアミーガ
中穴狙い。
サクラバクシンオー産駒で、このコースの適性は高い。
過去サンクスノート、レオプライムなどが穴を開けている血統。
さらに、祖母がダンスインザダークの全兄のダンスパートナーで、
東京1400mはやはり期待できそう。
コース適性を見ると、新馬戦が東京芝1400mという実績がある。
重賞ではワンパンチ足りず、阪神牝馬S8着、京都牝馬S7着、
Fレビュー6着と、壁に当たっていることがわかるが、、
新潟で2勝、中京や東京で馬券に絡んでいることから、
左回りの直線の長いコースであれば、
ワンランク評価を高めてもよさそう。

単穴はオメガヴェンデッタ
母ビハインドザマスクという良血。
雲雀S1着があるように、
父も母父も東京1400mでは走る1頭。
前走は初のOPで谷川岳S6着。
サトノギャラントと0.2秒差で、他の馬もそこそこ強く、
クラスでは通用していける目途は立っている。


実力的には、サトノルパン、エールブリーズ、サクラゴスペル、ヴァンセンヌ、クラリティシチー。
血統的には、インプレスウィナー、エールブリーズ、バクシンテイオー、ショウナンアチーヴ、クラリティシチー、ダンスディレクター、サクラプレジデント。
枠は、ヴァンセンヌ、ダンスディレクターか。

春雷S~有力馬コメント



高松宮記念予想~本命コパノリチャード

本命はコパノリチャード
第44回高松宮記念優勝馬。
昨年度の同じ、阪神C⇒阪急杯⇒高松宮記念のローテーションで本番に臨む。
[2014年のローテーション]
 第8回阪神C10着⇒第58回阪急杯1着⇒第44回高松宮記念1着
[2015年のローテーション]
 第9回阪神C2着⇒第59回阪急杯6着⇒第45回高松宮記念?着
第59回阪急杯では不良馬場ということも影響したのか、
6着に終わったが、0.6秒差。逆転は可能だ。
昨年はM.デムーロ騎手だったが、今年は武豊騎手。
今年も中京は雨予報なので、馬場が味方するか?

対抗は、
続きを読む

オーシャンS予想~本命アフォード

本命は、アフォード
サクラバクシンオー産駒。
ラピスラズリSでは58kgの影響もあり、4着。 ただ、タイム差はなく、斤量と外枠が響いた感じか。
 3枠はよい。
 中山芝1200mでは、過去にラピスラズリSと春雷Sを勝っており相性がよい。
不安は騎手。
引退した中舘騎手や蛯名騎手が合っていた。
中山コースは今日は雨で時計がかかりそうで、 その点はプラス評価。

対抗は、
続きを読む

阪急杯予想~本命コパノリチャード

本命コパノリチャード
第44回高松宮記念優勝馬。
また、第58回阪急杯の優勝馬でもある。
高松宮記念は不良馬場のなか、2着に3馬身差を付ける勝利。
第48回スプリンターズSでは出遅れが大きく響き、12着。
タイム差は0.4秒差なので悲観することはない。
前走は、本レースと同じコースの阪神芝1400mで行われた第9回阪神C。
止まらない馬場と8枠が響いたが、2着と復調。
ダイワメジャー産駒ということもあり阪神芝1400mは向いている。

対抗は、
続きを読む

シルクロードS予想~本命サドンストーム

本命はサドンストーム
土曜日の京都は時計のかかる馬場だった。
そのため1400mくらい走れる馬をチョイスした。
サドンストームは第57回スワンSで4着。
逆に、スピード一辺倒の競馬は苦手で、ヘニーハウンドが1:06.7を記録したオパールSでは10着に敗れている。
第59回京阪杯2着⇒淀短距離S5着のローテーション。
6歳だが、一時期の不調は完全に脱しており、GⅢハンデ戦までなら勝ち負け。

対抗は、アンバルブライベン
第59回京阪杯1着⇒淀短距離S2着のローテーション。
前走は牝馬ながらハンデ57kgで2着に逃げ粘った。
最後にエイシンブルズアイに1馬身差つけられたものの、仕方がない。
今回はハンデが55.5kgに減ったことが大きなアドバンテージ。
また、有力馬で乗り替わりがないのはこの馬だけ、というのもアドバンテージ。
ルールオブロー産駒は、京都芝1200mでよく走る、という見本だ。

単穴は、ルナフォンターナ。
中穴狙い。
フリオーソの半妹。
岩田騎手が〇。
差しが使える脚も〇。
6枠は、過去10年で3勝を挙げているいい枠。
京洛Sではエイシンブルズアイに0.1秒差の競馬をしている。(結果は5着)
ハンデはやや見込まれた感がある。

後は、ニザエモン、エイシンブルズアイ、ヘニーハウンドあたりか。

ニザエモンは、55kgを下回るとよく走るイメージ。
今回ハンデは54kgでチャンス。
京都芝1200mでの勝ちもあり、京阪杯18着は度外視。

エイシンブルズアイは、秋山騎手に乗り替わりでマイナス評価。
また、56kgと、前走より斤量が増えることも減点材料。


【カテゴリ】
最新トラックバック
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
ブログ競馬新聞Trot「第154回天皇賞(秋)」号 (Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞)
天皇賞秋予想~本命アンビシャス
検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
府中競馬天気
  • ライブドアブログ